SAPの新しいデジタルバンキングソリューション、ITを簡素化し未来の銀行に向けた共同イノベーションを促進

2017年2月9 日 by SAP News 1

WALLDORF-(本リリースは、1月26日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE: SAP)は本日、デジタルバンキングソリューション、SAP® Omnichannel Bankingの最新リリースを発表しました。

このソリューションで、個人や中小企業、法人顧客向けモバイル/オンラインアプリケーションの管理を、オープンスタンダードの単一プラットフォーム上で簡素化できます。500以上あるマイクロサービスにより、新しいデジタルバンキングソリューションは、銀行が応答性に優れ、独自性の高いデジタルカスタマーエクスペリエンスを作り出せるモバイル、タブレット、デスクトップのアプリケーション作成を支援することができます。 

SAP Omnichannel BankingはSAP Hybris®ポートフォリオのカスタマーエンゲージメント&コマース向けソリューションを補完するものであり、これにより、1つの包括的なソリューションで銀行と顧客間のやり取りのすべての側面を管理できるようになりました。コンポーネント間でのアプリケーションプログラミングインターフェース(API)の統合も計画されており、どのタッチポイントでもシームレスなエクスペリエンスを提供します。SAP Omnichannel BankingとSAP Hybrisソリューションポートフォリオを組み合わせれば、インテリジェントなデジタルセールスおよびサービスプロセスの導入により、すべてのチャネルで顧客とのやり取りをパーソナライズし、あらゆる角度から顧客の情報を把握することが可能になります。

SAP Omnichannel Bankingではモジュール式アーキテクチャーを採用しているため、既存の機能を残したまま、新しい商品やサービスへの移行を段階的にスムーズに行えます。このソリューションはオンプレミスとクラウドの両方で運用でき、頻繁なアップデートや開発期間の短縮といったニーズにも対応します。また、カスタマイゼーションが容易になる広範なライブラリーを備え、単一のシステムコールで200を超える設定サービスを呼び出せるので、銀行独自の拡張機能の開発工数が大幅に削減されます。さらに、SAP Omnichannel Bankingは、マイクロサービス開発のために統合開発環境(IDE)として広く利用されているEclipseプラグイン形式の最先端ツールを提供しています。これによって開発の生産性が劇的に向上し、既存のパートナーやフィンテック企業とのエコシステムを成長させ、SAPソリューションをさらに強化します。

SAP銀行事業部のグローバル責任者を務めるファルク・リーカー(Falk Rieker)は次のように述べています。「複数のプラットフォームの維持管理をしようとすると複数の業務が求められ、メンテナンススケジュールが別々になり、アップデートするのにスローで複雑なアプローチが必要になります。SAP Omnichannel BankingとSAP Hybris solutionを利用すれば、あらゆる業務におけるモバイル、オンラインのデジタルカスタマーエンゲージメントを包括的に管理できます。これは業界を一変させるソリューションであり、各銀行が独自性を出して、顧客にきめ細かいデジタルエクスペリエンスを提供するための基盤となります」

SAP Omnichannel Bankingの最新リリースの機能は以下のとおりです。

  • 個人および法人向けバンキングとしてすぐに使えるアプリケーションを作成できる包括的なビジネスロジックと堅牢なセルフサービス機能
  • セキュリティー、権限付与、承認、アラート、チャネル管理、スケジュール、分散キャッシュ、通知、検証、顧客インサイトの集積、デジタルプロセスフレームワーク、ユーザー管理、チャネルおよびデバイス管理のための枠組みを提供し、クリティカルでオペレーショナルなタスクを一元化するコンポーネント群
  • コラボレーティブシナリオを開発し、イノベーションを加速するために、サードパーティーのビジネスサービスとパートナーの統合をサポートするオープンアーキテクチャー
  • UI開発用のテクノロジーを制約なく利用できる十分なレスポンシブデザイン機能を備えるSAPUI5
  • SAPのコアバンキングソリューションとの統合(オプション)

SAPが委託した最近のIDC調査によれば、銀行はフィンテックスタートアップとのコラボレーションを望んでいますが、銀行内部のITアーキテクチャーが複雑なためコラボレーションが進んでいません。SAP Omnichannel Bankingに内蔵されたAPIフレームワークによりこのプロセスが効率化されます。これにより銀行はエコシステム内で積極的な役割を担い、フィンテック関連企業とパートナー関係を築き、既存のパートナーや業界のリーダー企業とも協働していくことができます。

以上

SAPについて
SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国およそ345,000社の顧客企業に利用されています。
また、フランクフルト証券取引所やニューヨーク証券取引所を含むいくつかの取引所で「SAP」の銘柄で取引されています。詳細はhttp://www.sap.com(英語)をご参照ください。

Copyright © 2017 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Tags: