SAPジャパンの検証センター「COIL Tokyo」にCTCの基幹系特化型クラウドサービス「CUVICmc2」を提供

2017年6月12 日 by SAP News 0


システム移行やDRなど実際の使用を想定した検証が可能

TOKYO – 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、SAPジャパン株式会社(代表取締役社長:福田 譲、本社:東京都千代田区)の協同開発検証センター「CO-Innovation Lab(略称:COIL) Tokyo」で基幹系特化型クラウドサービス「CUVICmc2」を用いた検証サービスを本日から開始します。

COILはSAPがお客様やパートナーと協同で開発や検証を行うためのグローバルな組織・施設です。2015年には、日本におけるIoTの活用やインダストリー4.0の実現を支援することを目的に「SAP Industry 4.0 Co-Innovation Center powered by COIL Tokyo」を開設しており、COIL Tokyoは日本企業のお客様のデジタル・ビジネス・トランスフォーメーション推進の一翼を担っています。

COIL TokyoではSAPの最新技術や製品と、他社の製品やソリューションとの組み合わせについての検証を行うことができます。近年、基幹システムでのクラウド利用の検討や、既存のオンプレミス環境とクラウド環境との連携を検討するお客様が増えており、COIL TokyoのデータセンターとCUVICmc2のシームレスな連携の検証を開始しました。

CTCが提供する「CUVICmc2」は、SAPソリューションをはじめとする基幹系システムに特化したIaaSで、米Virtustream社の独自技術を活用してパフォーマンスに対する保証、高セキュリティ、実使用量の従量課金を実現しています。インメモリーデータベースSAP HANA®を仮想化した環境でのパフォーマンス測定、クラウドでSAPソリューションを使用した予測分析やお客様の既存システムからIaaS環境への移行についての検証などが可能となります。

CTCとSAPジャパンは、COIL Tokyoで下記の検証をパートナー企業と協同で進めています。

1.  COIL Tokyoを活用しSAP HANA、SAP S/4HANA®、SAP® Business Suite powered by SAP HANA®などのインフラにフォーカスした最新技術の協同検証を実施
例:SAP S/4HANAへのマイグレーション等のシステム移行やDR(ディザスタリカバリ)など実際の使用を想定した検証

2.  COIL TokyoとCUVICmc2を連携させたIoTデモシステムの構築
例:SAP® BusinessObjects™ Predictive Analytics、マシーンラーニング・ディープラーニング等との連携

3.  COIL Tokyoを通して、グローバルでのクラウドソリューションの開発
例:SAP HANA、SAP Business Suite powered by SAP HANA、グローバライゼーション、IoTプラットフォーム、IoTアプリケーション・サービスなど、ドイツ本社や各国の開発部署と協業し、付加価値の高いクラウドソリューションの開発

CTCとSAPジャパンはCUVICmc2やCOIL Tokyoでの協業を拡充し、今後も基幹系でのクラウド利用を推進していきます。

今回の発表に際し、各社から以下のコメントを頂いています。

この度、SAPジャパン(SAP)ならびにCTCが提供を開始するSAPジャパン検証センター「COIL Tokyo」での「CUVICmc2」を用いた検証サービスを歓迎致します。オンプレ、クラウド各々のSAPインフラとして導入実績の高いシスコのサーバー、ネットワーク技術は、長年の「COIL Tokyo」でのお客様プロジェクトやSAP HANA®最新機能の検証を通じてより最適化されたSAP環境の要素技術として蓄積されています。CTCの高い信頼性と高度なセキュリティを提供する基幹系システムが連携することで、お客様のクラウド移行における課題を解決し、デジタルトランスフォーメーションを推進していくことを期待しています。

シスコシステムズ合同会社
専務執行役員 パートナー事業統括
高橋 慎介

CTCの「CUVICmc2」は、Dell EMCのインフラ技術ならびにデルテクノロジーズグループのVirtustreamのEnterprise Cloud の優れた技術を基に日本でいち早く商用サービスを開始されました。以降、基幹系特化型クラウドサービスとして日本の企業様にその実力を証明されてこられました。

この度、SAP COILでの検証環境により、SAP様と共にお客様のデジタルトランスフォーメーションの実現を加速されることを歓迎致します。

Dell EMC
EMCジャパン株式会社 執行役員
サービスプロバイダ営業統括本部本部長 笠原直也

※記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

以上

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭で、さらにデスクトップ環境からモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国350,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。
www.sap.com/japan


Copyright © 2017 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Tags: