SAPソリューション・アーキテクト、SAPビジネス・ソリューションの評価・導入および改善方法を一新

2001年4月25 日 by SAP News 0

新しいポータルでは簡易性とスピードが向上し、リスクが軽減
企業はmySAP.comソリューションから最高の価値を獲得

Tokyoポルトガル、リスボン発 – 2001年4月23日
SAP AG(NYSE:SAP)は本日、ユーザー向け国際eビジネスイベントにおいてmySAP.com e-ビジネス・ソリューションの価値を高め、その拡大を促進することを目的としたツールや方法論およびコンテンツの可用性について発表しました。SAPソリューション・アーキテクトと呼ばれる1つのカスタマ・ポータルを通して、これらのリソースにより簡単で迅速、かつ低コストで安全な方法で、e-ビジネス・ソリューションをそのライフサイクル全体において評価、導入、および継続的に改善することが可能です。また、このポータルはパートナーのコンテンツやツールに対して開かれた環境で運用できます。

SAPのソリューション・アーキテクトには、Eビジネス・ケースビルダ、コラボレーティブ・ビジネス・マップ(C-ビジネス・マップ)、ソリューション・マップ、およびソリューション・コンポーザが含まれています。これらの要素は、その信頼性が実証されたASAP(Accelerated SAP:SAP製品の推奨導入方法)およびmySAP.comのベストプラクティスを補足するものです。
プロジェクトを始める際に、Eビジネス・ケースビルダのツールを使用して、mySAP.comソリューションの投資回収率(ROI)を計算することができます。このツールは、150以上のC-ビジネスのシナリオをグラフィカルに描写するC-ビジネス・マップと統合されています。これらのシナリオには、広範囲な顧客経験に基づく説明および潜在的な利益などが含まれています。

ソリューション・コンポーザでは、個別のソリューションや導入マップを設計したり、プロセスとSAP特有のビジネス・コンテンツを合わせたりすることにより、顧客の選択範囲が広がります。このSAPビジネス・コンテンツは、ソリューション・マップ、C-ビジネス・マップ、および従業員や部署が選択したシナリオを実行するのに必要な機能を定義するロール・マップに含まれています。ソリューション・コンポーザにより、必要な機能についての説明、およびmySAP.com導入プロジェクトのマップとしての機能を果たすシナリオが作成されます。

Colgate-Palmolive(コルゲート・パルモリブ)社のグローバル・サプライチェーン部門のマネージャであるパティ・ボルマー氏は次のように述べています。「C-ビジネス・マップとソリューション・コンポーザにより、グローバルなベンダー管理商品プロジェクトの設計段階において、ビジネス・パートナー間の情報の流れを知ることができました。それにより、プロジェクトの目標を達成するために、SAPソフトウェアのどのモジュールを使用できるのかが明確になりました。また、C-ビジネス・マップのコンテンツ・ビューにより、より詳細なプロセスの流れを知ることができました。グローバルに導入しながら、このコンテンツやビジュアルなツールを使用してプロセスを説明することを計画しています。」

mySAP.comのベストプラクティスは昨年紹介され、顧客に広く受け入れられています。最新バージョンでは、既存のカスタマはmySAP CRM(カスタマ・リレーションシップ・マネージメント:顧客情報管理)などの新しいコンポーネントを使用して、簡単にビジネスを拡大することができます。Aarhus Olie(アールフス・オライ)社のプロジェクト・リーダーであるスベンド・ラデガード氏は次のように述べています。「導入期間を厳守して予算内に導入できた主な理由の1つは、mySAP ケミカルのベストプラクティスを使用したことでした。mySAP ケミカルにより、ソフトウェア・ソリューションを再構築して個別に適合させ、それぞれのニーズを満たすことができました。これまでの導入の成功をベースに、mySAP.comビジネス・ソリューションのライフサイクル全体を通して、継続した利益を得ることを期待しています。」

サービス・インフラストラクチャを完全なものにするポータル

SAPのソリューション・アーキテクト・ポータルは、SAPのサービス・インフラ全体の一部です。たとえば、ソリューション・アーキテクト・ポータルは企業規模のシステム運営を導入するポータルであるSAPソリューション・マネージャに接続されています。顧客が導入から運営までスムーズに移行できるように、SAPソリューション・マネージャは、導入されたビジネス・プロセスについての詳細などの関連データをSAPソリューション・アーキテクトから引き出します。

SAPソリューション・アーキテクトおよびSAPソリューション・マネージャは、SAPサービス・マーケットプレイスに接続されています。SAPサービス・マーケットプレイスは、パートナーの一覧、カタログベースの売買サービス、SAPコミュニティとのビジネス・コラボレーション、および情報のフォーラムを提供するポータルです。また、これら3つの要素により、e-ビジネス・ソリューションのライフサイクル全体をサポートするSAPサービス・インフラが形成されています。これら3つの要素を構築すると、サービス・インフラにより、企業の従業員、SAPのサービス組織、およびパートナー間でのコラボレーションがサポートされます。

SAP AGの役員会のひとりであるであるGerhard Oswaldは次のように述べています。「SAPのソリューション・ライフサイクル・マネージメントでは、e-ビジネス・ソリューションのライフサイクル全体を通して、継続的に価値を創造するために必要なすべての要素を使用できます。SAPコミュニティにより、絶えず変化する環境下で、e-ビジネスのソリューションから最高のものを得ることができます。」

SAPについて

SAPは、e-ビジネス向けソフトウェアソリューションの提供者として世界でもトップクラスの存在です。全世界の企業が、mySAP.comのe-ビジネス・プラットフォームを通して、顧客やパートナーとの関係改善、業務の効率化、サプライチェーン全体に渡る大幅な効率化を達成しています。現在、100カ国以上の国々の1万3000社以上の企業が、3万本以上のSAPソフトウェアを使用しています。50カ国以上に支社を持つSAPの株式は、フランクフルト証券取引所とNYSEを含むいくつかの証券取引所において、「SAP」のコード名で上場しています(詳しくは、http://www.sap.com/ をご覧ください)。mySAP.comソリューションは、インターネットブラウザがインストールされている環境であれば、http://www.sap.co.jp/ides/ で無料体験いただけます。

Tags: