SAPMarkets、プライベート・エクスチェンジ戦略を発表

2001年4月25 日 by SAP News 0

包括的なバリュー・チェーンを通じたビジネスプロセスの
オートメーション化による新しい成果を実現

Tokyoポルトガル、リスボン-2001年4月23日

本日、ユーザー向け国際eビジネスイベントにおいてSAP AG(NYSE: SAP)のエクスチェンジ関連子会社であるSAP Markets(SAPマーケッツ)は、プライベート・エクスチェンジ・ソリューションの戦略を発表しました。これは、多種多様な環境下にある既存のシステムを活用することで、企業の基幹業務やビジネスの境界を越えた統合やコラボレーションの成果を拡大することを目的としています。一般のeマーケットプレイスと違ってプライベート・エクスチェンジは、一社が単独で保有し、その運用と管理を行う協業的な環境です。SAPマーケッツは、SAPグループの中でもプライベート・エクスチェンジの分野で指導的な役割を果たしています。

現在企業が直面している最大の課題の一つは、業務を最も効率的に統合して収益性の向上を図るエコシステムの導入です。しかし、膨大な数の二地点間接続や多種多様な接続を実現するのは極めて費用のかかるものとなります。プライベート・エクスチェンジを利用すると、企業はこのような大きな障壁を回避することができると同時に、自社のエコシステムの中で企業間の業務を共同作業化し、それによって新しい成果を得ることができます。

SAPマーケッツのCEO、ハッソ・プラトナーは、「プライベート・エクスチェンジは、企業の統合を広げてビジネス・エコシステム全体でコラボレーションが行えるようにするものです。」と述べ、さらに、「Commerce One(コマースワン)のソリューションと組み合わせることで、場所やシステムを超えた形で業務が行えます。このような方法で企業は自社のみならず、ビジネス・パートナーとも実質的な効率の改善を図ることができるのです。これは業務ソフトウエアを改革する代表的なキー・インダストリー開発の一つです」としています。SAPマーケッツのプライベート・エクスチェンジの戦略は、SAPマーケッツとコマースワンが共同開発したMarketSet (マーケットセット)2.0(別のリリースを参照してください)に基づいています。

オープン環境における競合上の優位性

SAPMarketsのプライベート・エクスチェンジ・ソリューションで提供される企業間(B2B)業務は、既存のアプリケーションと新しいアプリケーションを組み合せることによって企業がe-ビジネス戦略をサポートできるようにするものです。「プライベート・エクスチェンジの力の源泉は、再販業者、販売業者、および物流業者を含めて商取引の関係を合理化し、効率化できることにあります」と、AMRリサーチ社の上級副社長、ブルース・リチャードソン氏は語ります。「この発表によって、SAPマーケッツは、このような成果を望む企業に対して、統合的かつ総合的、現実的なプライベート・エクスチェンジ環境を提供できるようになったのです」

運用の合理化と効率の改善

SAPマーケッツ提供のプライベート・エクスチェンジを利用すれば、企業は、作業行程を簡素化することができ、自社内の需要と供給のネットワーク全体の運用を通して、作業効率の向上を図ることが可能となります。プライベート・エクスチェンジは、製品の構想から、製造、販売、受注と納品、顧客サービスに到るまでの製品のライフサイクルを通して、顧客、仕入先、販売業者、物流業者を結び付けます。このことを実現するために、プライベート・エクスチェンジは、製品ライフサイクル管理、サプライ・チェーン管理、および調達業務の統合ための企業間(B2B)取引で必要なものを提供します。さらに、プライベート・エクスチェンジはエクスチェンジをもとにした企業間取引の分析結果も提供します。

プライベート・エクスチェンジ・ベース業務シナリオ

調達のエクスチェンジ・ベース業務シナリオ
協業による購買業務は、直接、間接の資材調達がともに可能になり、異なる種類のRFP/RFQの処理、オークション、戦略的部品外注および財務や物流のような第三者であるサービス提供業者の統合をサポートすることができます。

製品ライフサイクル管理のエクスチェンジ・ベース業務シナリオ
協業による設計は、エクスチェンジ・ベースの業務を活用して設計パートナー、仕入先、内外の製造部門を通じての設計を合理化し、市場投入時間を縮小し、設計の再利用による部品の標準化を促進し、仕入先選定の最適化を図ります。これらはすべて、製品がサプライ・チェーンを最も有効利用するよう設計されていることの保証に役立つものです。

価値連鎖管理のエクスチェンジ・ベース業務シナリオ

協業による需要と供給の管理をすることで、ビジネス・パートナーは、需要予測と供給予測を共有することによる複数階層にまたがる顧客需要の「ワン・ナンバー・フォアキャスト(一元予測)」を、段階的にではなく、迅速に開発できるようになります。このことによって、伝達の遅れとそれに関連する滞留を避けることが可能になり、また、パートナーが製造と物流をより効果的に調整できるようになることから、顧客サービスが向上し、資産の有効活用が図れるようになります。仕入先は、予測とリアルタイムの需要の兆しを共有することで自動的に在庫補充ができるようになります。このことによって、顧客サービスを維持しながらサプライ・チェーンにおける材料の全体量が減少します。

協業による受注管理は、製品の製造と在庫のオンライン上でのチェックを可能にします。在庫チェックは、サプライ・チェーンの複数の階層における在庫と収容量を考慮します。共同輸送管理によって、サードパーティの物流業者と協調して物流業務を行えるようになります。

SAPについて
SAPは、e-ビジネス向けソフトウェアソリューションの提供者として世界でもトップクラスの存在です。全世界の企業が、mySAP.comのe-ビジネス・プラットフォームを通して、顧客やパートナーとの関係改善、業務の効率化、サプライチェーン全体に渡る大幅な効率化を達成しています。現在、100カ国以上の国々の1万3000社以上の企業が、3万本以上のSAPソフトウェアを使用しています。50カ国以上に支社を持つSAPの株式は、フランクフルト証券取引所とNYSEを含むいくつかの証券取引所において、「SAP」のコード名で上場しています(詳しくは、http://www.sap.com/ をご覧ください)。mySAP.comソリューションは、インターネットブラウザがインストールされている環境であれば、http://www.sap.co.jp/ides/ で無料体験いただけます。

Tags: