コンパック、mySAP プロダクト・ライフサイクル・マネジメントで、 高品質の製品を迅速に提供可能に

2001年6月22 日 by SAP News 0

コンパックはmySAP PLMを導入することにより、設計プロセスの高速化と簡素化を図る
過去最大規模のmySAP PLMプログラムを展開

Tokyo米国フロリダ州オーランド発 ― 2001年6月13日 ―SAP (NYSE: SAP) は本日、コンパック・コンピュータ (NYSE: CPQ) がmySAPプロダクト・ライフサイクル・マネジメント mySAP PLM) を同社の共同設計技術として採用したことを発表しました。コンパックは、世界中に広がる1万人以上の社員とパートナーに対してmySAP PLMを導入し、過去最大規模のmySAP PLMプログラムを推進していく予定です。コンパックはmySAP PLMを利用することにより、収益性が高く、顧客の期待に応える製品を生み出すために必要な、技術とデータを活用できるようになります。この発表は、SAP主催によるe-ビジネス・イベント、SAPPHIRE 2001 Orlando (会期:6月12~15日、米国フロリダ州オーランドにて開催) の場で行われました。

「mySAP PLMの導入により、コンパックはグローバルなビジネス・チャレンジと競争力の増強に不可欠であるコラボレーティブな技術とナレッジ・マネジメントの能力を強化できます。」と、コンパックのグローバル・プロダクト・インフォメーション・マネジメント(Global Product Information Management)のディレクターであるドン・ボーガル (Don Borgal) 氏は述べています。「SAPの製品は、構想から設計さらには顧客への納品までといった、製品全体のライフサイクルを管理できる機能を備えています。」

変更管理と製品化までの時間の短縮化

コンパックは、世界規模で製品の設計構造の変更に対応できるソリューションを必要としていました。mySAP PLMを採用することでビジネス・プロセスが簡略化され、新製品製造におけるリードタイムの短縮を実現できます。mySAP PLM を導入すると、多数の組織、企業をまたがって同時発生もしくは並行発生する作業から、製品要件を特色や機能に落とし込むところまでの管理が可能になります。mySAP PLMは、コンパックにおけるプロセスの一元化、技術コストの削減、および新製品製造までの時間短縮を可能にします。

SAPについて
SAPは、e-ビジネス向けソフトウェアソリューションの提供者として世界でもトップクラスの存在です。全世界の企業が、mySAP.comのe-ビジネス・プラットフォームを通して、顧客やパートナーとの関係改善、業務の効率化、サプライチェーン全体に渡る大幅な効率化を達成しています。現在、100カ国以上の国々の1万3000社以上の企業が、3万サイト以上のSAPソフトウェアを使用しています。50カ国以上に支社を持つSAPの株式は、フランクフルト証券取引所とNYSEを含むいくつかの証券取引所において、「SAP」のコード名で上場しています(詳しくは、http://www.sap.com/ をご覧ください)。

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、eビジネス向けソフトウェアの世界トップ企業(世界120ヶ国、13500社、1000万人ユーザ)であるSAP AGの日本法人として1992年に設立されました。統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、電子商取引市場(eマーケットプレイス)の構築など、日本企業の情報化の推進と国際競争力及び企業価値を高めるため、企業内外のあらゆる業務の効率化を図り、相乗効果をもたらすソリューションを提供しています。日本国内では現在、780以上の企業グループでSAP製品がビジネスに活用されています。

Tags: