mySAP.comのユーザ数、過去1年間で4倍に増加、400万人に

2001年6月22 日 by SAP News 0

SAPPHIRE 2001 Orlandoにおいて、mySAP.comがその勢いを増していることが明らかに。
コンパックは、mySAP PLMを過去最大規模でグローバルに導入。
コカコーラは、mySAP BIとmySAPファイナンシャルズのグローバルな導入を開始。
SAPは、SCMと製造業の分野におけるリーダーに

Tokyo米国フロリダ州オーランド発 ― 2001年6月13日 ―SAP (NYSE: SAP) は本日、SAPPHIRE 2001 Orlandoの会場で、mySAP.comが様々な分野で採用されていると発表しました。mySAP.comは、最も包括的かつ普及しているe-ビジネスプラットフォームであり、市場で大きな成功を収めています。昨年、mySAP.comプラットフォームのライセンス取得ユーザ数が100万人に達したことは、SAPにとって大きな節目でした。しかも昨年以降、mySAP.comのライセンス取得ユーザ数はさらに300万人増加しています。

イベント・ハイライト
SAPPHIREには世界中から約8,000人のお客様が参加し、mySAP.comに関するSAPと顧客企業のプレゼンテーションを聴講しています。プレゼンテーションを行う顧客企業は、Avaya Inc.、Bristol-Myers Squibb Co.、コカコーラ、Colgate-Palmolive Co.、コンパック・コンピュータ、Dow Corning Corp.、Eli Lilly and Company、General Mills Inc.、ジレット、ヒューレット・パッカード、ハネウェル、Kimberly-Clark Corp.、モトローラ、パーム、フィリップ・モリス、P&G、テキサコの各社です。

SAP AGの共同創立者である会長兼CEOのハッソ・プラットナーとSAP AGの会長兼CEOのヘニング・カガーマンは、(1) 経済情勢の変化、(2) あらゆるビジネス・プロセス (特定の業種や市場に固有のプロセスも含む) を統合するSAPのe-ビジネス・ソリューション、(3) ニュー・エコノミーの世界で成功を収めるためのSAPのビジョン、の3点について議論する予定です。さらに、著名な作家であり、米国のシンクタンクNet Future InstituteのCEOでもあるチャック・マーティン (Chuck Martin) 氏が、インターネット経済の発展が今後企業に及ぼす影響について論じる予定です。

SAPPHIREでは、SAPとパームが提携し、パーム製の機器とプラットフォームに対してmySAP.com e-ビジネス・ソリューションを提供することが発表されました。SAPは、無線を使った企業活動に関するさらに充実したデモを実施するため、パームVIIxハンドヘルド・ワイヤレス機器をSAPPHIREの参加者に無料で配布しています。このパームVIIxには、mySAPモバイル・ビジネス・アプリケーションとイベント・スケジューリング機能が付属しています。これによりSAPPHIRE 2001は、ワイヤレス機器に対応した、企業主催のe-ビジネス イベントとしては、世界最大の規模になっています。

SAPはこのイベントにおいて、パームVIIxをmySAPモバイル・ビジネスおよびmySAPカスタマ・リレーションシップ・マネジメント (mySAP CRM) と組み合わせることにより、関連情報を広く伝達し、参加者からのフィードバックを収集する予定です。特に、関心の高かったプレゼンテーションやイベント、さらに詳しい話を聞きたいテーマについて、参加者に意見を聞く予定です。

コンパックは、自社の共同設計技術としてmySAPプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (mySAP PLM) を採用したことを発表しました。同社は、世界中の拠点にmySAP PLMを1万セット導入しています。これは、SAPのプロダクト・ライフサイクル・マネジメント製品の導入規模としては世界最大です。このプロジェクトの成果については、コンパックの会長兼CEOであるマイケル・カペラス氏が、オープニング・セッションの基調講演の中で述べました。

SAP、業界のリーダーとして認められる
メーカーを扱っている代表的な専門誌である『マネージング・オートメーション』誌と『MSI』誌が掲載している最新の調査 (ソフトウェア・リーダーズ)および「トップ 100」) によると、SAPはメーカー向けの製造ソリューションおよびサプライチェーン管理ソリューションの分野で、第1位になっています。この2つの調査結果は、代表的な分析会社であるAMR Research, Inc.とPlant-Wide Research Groupによってそれぞれ独自に実施された調査に基づいています。

「ソフトウェア・リーダーズ」は『マネージング・オートメーション』誌とAMR リサーチの共同企画であり、12のカテゴリにおけるソフトウェア・プロバイダを扱っています。カテゴリの例としては、基幹業務統合ソフト (ERP)、顧客関係管理 (CRM)、サプライチェーンプランニング (SCP)、製品ライフサイクル管理 (PLM)、企業間 (B2B) 取引プラットフォームなどがあります。「トップ 100」は『MSI』誌とプラント・ワイド・リサーチの合同調査です。『MSI』誌の「トップ 100」に選ばれたソフトウェア・ベンダーは、セルサイドとバイサイドのe-ビジネス、連携取引、基幹業務統合(ERP)、サプライチェーン・マネジメント (SCM)、顧客関係管理 (CRM) などのカテゴリに属する製品を提供しています。

SAP、顧客の情報能力を強化

mySAP.comのメリットを享受している顧客の数は、さまざまな業界にわたって日増しに増加しています。たとえばコカコーラは、mySAPフィナンシャルズとmySAPビジネス・インテリジェンスの機能であるStrategic Enterprise Management(戦略的企業経営)を利用することにより、重要な業績データをすばやく正確に把握できるようになりました。同社では、mySAP.comの取引システムを密接に統合することにより、財務データの統合、財務計画の充実および全社的な財務状況の全体像の把握が可能になりました。コカコーラは現在、SAPのグローバルなソリューションの一環として、これらの機能の全社的な展開を進めています。

コカコーラのSAPグローバル導入担当マネージャーであるベッキー・グレン氏は、「mySAP.comを利用してこれらのビジネス・プロセスを自動化することにより、情報分析に多くの時間を費やすことができるようになりました。この結果、新しいビジネス・チャンスをすばやく察知することができます。」と語っています。

会議はどなたでも視聴可能
SAPPHIRE 2001の主要イベントは、インターネットのライブ放送を通じてどなたでも視聴できます。視聴可能なイベントは、基調講演、展示会場の概要、記者会見、対談形式による経営幹部へのインタビュー、顧客からの推奨、および、展示会場から中継される業界アナリストと顧客によるトーク・ライブショーです。これらのイベントを視聴するには、SAPの公式サイト ( http://www.sap.com ) をご覧ください。また、このイベント全体に対するオンライン・プログラミング機能が継続的に提供される予定です。このオンライン・プログラミング機能を利用すれば、世界中から24時間いつでもSAPPHIRE 2001を視聴することができます。

SAPについて
SAPは、e-ビジネス向けソフトウェアソリューションの提供者として世界でもトップクラスの存在です。全世界の企業が、mySAP.comのe-ビジネス・プラットフォームを通して、顧客やパートナーとの関係改善、業務の効率化、サプライチェーン全体に渡る大幅な効率化を達成しています。現在、100カ国以上の国々の1万3000社以上の企業が、3万サイト以上のSAPソフトウェアを使用しています。50カ国以上に支社を持つSAPの株式は、フランクフルト証券取引所とNYSEを含むいくつかの証券取引所において、「SAP」のコード名で上場しています(詳しくは、http://www.sap.com をご覧ください)。

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、eビジネス向けソフトウェアの世界トップ企業(世界120ヶ国、13500社、1000万人ユーザ)であるSAP AGの日本法人として1992年に設立されました。統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、電子商取引市場(eマーケットプレイス)の構築など、日本企業の情報化の推進と国際競争力及び企業価値を高めるため、企業内外のあらゆる業務の効率化を図り、相乗効果をもたらすソリューションを提供しています。日本国内では現在、780以上の企業グループでSAP製品がビジネスに活用されています。

Tags: