SAPとIBM、SAPの統合e-ビジネスソリューションへの増大する顧客需要に応えるため、グローバルな提携を拡大

2001年6月22 日 by SAP News 0

IBMはSAP Portalsの企業向けポータルを利用し、SAPはIBMのWebSphereミドルウェアを利用
IBMのグローバル・サービス部門は、mySAP.comのサポートを拡充

Tokyo米国フロリダ州オーランド発 ― 2001年6月13日 ―SAP (NYSE: SAP) とIBMコーポレーション(以下IBM)は本日、e-ビジネスソリューションの統合に対する顧客ニーズに応えるため、長期的かつグローバルな両社間の戦略的提携の拡大を発表しました。両社は市場のニーズを受けて、大規模な相互投資によって関係を拡大し、mySAP.com e-ビジネスプラットフォーム全体をカバーしています。今回の提携拡大の合意により、両社の強みが効果的に発揮され、両社の顧客はそれぞれメリットを享受できるようになります。具体的には、両社の製品/サービスの統合が強化され、両社の資源をより効果的に活用することができます。この発表は、SAP主催によるe-ビジネス・イベント、SAPPHIRE 2001 Orlando (会期:6月12~15日、米国フロリダ州オーランドにて開催) の場で行われました。

この提携合意の一環として、IBMはSAP AGの子会社であるSAP Portals から技術に関するライセンスを取得し、その技術をIBMのWebSphere ポータル・サーバに統合します。これにより、顧客は自分のデスクトップから、全業種にわたるさまざまなアプリケーションや情報に共用アクセスできます。同じくSAP AGの子会社であるSAPMarketsは、顧客とパートナ企業との関係強化、製品を市場に出すまでのリードタイムの短縮、インターネットによるサプライチェーンの効率向上という面で顧客を支援するプロジェクトおよび開発のためにWebSphereのライセンス取得を進めています。

IBMには5,000人以上のコンサルタントが在籍しており、世界1,900社以上のSAPプロジェクトを支援しています。SAPプロジェクトは、IBMにとって提携型ビジネスの代表例です。mySAP.comへの需要の増加を認識したIBM グローバル・サービス部門は、コンサルティング部門の多数の要員を再教育することにより、mySAP.com e-ビジネスプラットフォーム全体をカバーできるよう努めています。加えてSAPは、IBMをSAPグローバル・ホスティングパートナーとして認定しており、その結果、IBM グローバルサービスは、同社のアプリケーション管理サービスの範囲をSAPサービス群にまで拡張し、顧客がmySAP.com e-ビジネスアプリケーションを最大限に利用できるよう支援していきます。

これら最近の両社の進展により、IBMとSAPは両社の主要なブランド製品すべてにわたって関係を強化しました。SAPはこれまで、さまざまなIBMブランド製品に取り組んできました。たとえば、DB2ユニバーサル・データベース、WebSphere、Lotus、Tivoli、eServer pSeries/iSeries/xSeries/zSeries、IBMストレージ製品、IBM業務コンサルティング/情報技術サービス、IBM グローバル・ファイナンシング( IBM Global Financing)などです。このようなSAPの取り組みは、両社の20年間の密接な関係を明確に示しており、この密接な関係が本日の発表につながったのです。

IBM ソフトウエア・グループ(IBM Software Group)のシニア・バイスプレジデント兼グループ・エクゼクティブであるスティーブ・ミルズ(Steve Mills)氏は次のように語っています。「今回のSAPとIBMの提携により、これまで以上に多くの業種、多くのお客様がe-ビジネスのメリットを享受できます。業界トップの2社の製品を統合したいと考えているお客様にとって、両社は大きなメリットをもたらします。高い評価を得ているSAPのmySAP.com e-ビジネスプラットフォームとIBMの堅牢なe-インフラは、オープンな統合性、拡張性、メッセージング機能、および強力なセキュリティ機能を備えているので、広範なビジネスプロセスをサポートします。」

また、SAP AGの共同会長兼CEO兼共同創立者であるハッソ・プラットナーは次のように述べています。「今回の関係拡大は、製品統合に対する市場の明確な要求に応えるものであり、お客様に大きな価値を提供するために両社が密接に連携できることを証明しています。企業は、システムや企業の境界をまたぐビジネスプロセスの構築を検討するようになっており、その多くは、SAPやIBMのようなリーダー企業の技術とサービスを組み合わせる必要があると考えています。つまり、IBMの基盤に統合されたSAPアプリケーションを提供することにより、e-ビジネスを実現するための包括的で安定したプラットフォームを顧客に提供することができるのです。」

IBMについて
IBM は世界最大のIT企業であり、80年間にわたって企業の革新を支援してきました。 IBMの詳細については、同社のWebサイト ( http://www.ibm.com ) をご参照下さい。

SAPについて
SAPは、e-ビジネス向けソフトウェアソリューションの提供者として世界でもトップクラスの存在です。全世界の企業が、mySAP.comのe-ビジネス・プラットフォームを通して、顧客やパートナーとの関係改善、業務の効率化、サプライチェーン全体に渡る大幅な効率化を達成しています。現在、100カ国以上の国々の1万3000社以上の企業が、3万サイト以上のSAPソフトウェアを使用しています。50カ国以上に支社を持つSAPの株式は、フランクフルト証券取引所とNYSEを含むいくつかの証券取引所において、「SAP」のコード名で上場しています(詳しくは、http://www.sap.com/ をご覧ください)。

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、eビジネス向けソフトウェアの世界トップ企業(世界120ヶ国、13500社、1000万人ユーザ)であるSAP AGの日本法人として1992年に設立されました。統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、電子商取引市場(eマーケットプレイス)の構築など、日本企業の情報化の推進と国際競争力及び企業価値を高めるため、企業内外のあらゆる業務の効率化を図り、相乗効果をもたらすソリューションを提供しています。日本国内では現在、780以上の企業グループでSAP製品がビジネスに活用されています。

Tags: