SAP Portals、企業向けポータル市場における積極的な戦略を発表新規顧客の獲得へ

2001年6月22 日 by SAP News 0

同社のオープンなパートナーシップ・モデルにより、広範囲にわたる技術とコンテンツの「連鎖」が促進。
客は、SAP Portalsによる主要アプリケーションの サポートを受けることが可能に

Tokyo米国フロリダ州オーランド発 ― 2001年6月13日 ―SAP Portalsは本日、SAPPHIRE 2001 Orlandoで、同社の企業戦略、オープン・パートナーシップ・モデルおよび新規顧客との契約について発表しました。SAP Portalsは、SAP AG (NYSE: SAP) の100%子会社であり、オープンな企業向けポータルと高度業務情報製品の分野におけるリーディング・プロバイダです。SAP Portalsは、ポータル業界の新しい技術提携および代表的なアプリケーションのサポートについても発表しました。

SAP PortalsのCEOであるシャイ・アガシ (Shai Agassi) は次のように語っています。「顧客企業は、さまざまな企業アプリケーションをひとつに集約した統合情報環境を求めており、当社は独自の方法でこの要求に応えることができます。当社の目標は、企業内外のユーザ向けに企業内情報と企業間情報を完全に統合することです。SAP Portalsは、顧客とその社員およびパートナー企業にとって有益な存在となるために、代表的なベンダーとの間でオープンな戦略的提携関係を構築し、主要アプリケーションのサポートを実施しています。結果としてお客様は、現在および将来のアプリケーション投資をより有効に活用することができるようになるのです。」

SAP Portalsには700名の社員が在籍しており、ユーザは600万人以上、顧客は2,000社以上にのぼります。さらにSAP Portalsは、パートナー企業(コンテンツ分野、OEM分野、技術関連分野、およびシステム・インテグレーター)との包括的な提携を積極的に進めています。

SAPポータルはCorporate Yahoo!と提携し、包括的な企業ポータルを提供

SAP AGが4月にSAP Portalsの設立を発表して以降、SAP PortalsはCorporateYahoo!と密接に提携し、最先端の企業ポータル・ソリューションの共同開発を進めています。グローバル企業はこのソリューションを利用することにより、生産性と効率性を向上させることができます。具体的に言うと、社員、顧客、およびパートナー企業はひとつの入口 (ポータル・サイト) から入って、社内および社外から提供されるあらゆる情報、アプリケーション、およびサービスを利用することができます。

Corporate Yahoo!の副社長であるジョン・ウィルカット (John Willcutts) 氏は次のように語っています。「企業ポータルの共同開発にあたって、当社は、SAPの技術と定評あるYahoo! の能力を統合したオープンなアプローチをベースにして、全体的な戦略を立てました。この戦略は、個人別に設定されたグローバルなコンテンツとサービスを提供する、使い勝手の良い堅牢な企業ポータルを提供することを目的としています。」
さらにこの共同ソリューションでは、役割ベースの個人別設定機能を追加する予定です。これによりユーザは、自分に関係のある重要な情報を優先して調べることができます。このソリューションは、標準的なWebブラウザとモバイル機器の両方から利用できるので、ユーザは時間や場所を問わず、自分用に個人別設定された情報にアクセスすることができます。

オープン型提携モデル及びOEMにより、広範囲に渡る技術とコンテンツの「連鎖」を促進
SAP Portalsは、広範囲にわたる技術とコンテンツの「連鎖」を促進する、オープン型提携モデルの開発を進め、同時に代表的企業とのOEMライセンス協定も結んできました。この結果、導入企業は、SAPのポータル・ソリューションを追加することで様々なベンダーから提供されるあらゆるタイプの情報製品、アプリケーションおよび技術を統合することができるのです。

つい最近の OEM提携の例としては、IBMとの提携が挙げられます。IBMはSAP PortalsのJava版iViewServerのライセンスを取得し、IBM WebSphere Portal Serverに組み込む予定です。この提携により、導入企業は、SAP AG、ピープルソフト、バーン、シーベル・システムズおよびオラクルなど主要なエンタープライズ・ビジネス・アプリケーションのデータを、IBM WebSphere Portal Serverを利用したポータル・ソリューションに統合することができます。

SAP Portalsは、バーンともOEM提携しています。これにより導入企業は、社内にばらばらに存在しているソフトウェア・アプリケーションの統合を強化することができます。また、この提携により、次世代のオープン型企業ポータルの導入が大幅にスピードアップされます。SAP Portalsの技術は、バーンのポータル製品の中に密接に統合されています。この統合により、ネットワークに接続している社員は、必要な情報、アプリケーション、およびビジネス・プロセスを直接利用し、日々の意思決定や業務遂行に役立てることができます。

さらにSAP Portalsは、マイクロソフトとOEM提携しています。この提携の目的は、顧客企業が、SAP、シーベル、ピープルソフト、バーンなどのエンタープライズ・アプリケーションのデータをMicrosoft SharePoint Portal Serverへ簡単に統合できるようにすることです。具体的には、SAP PortalsのiViewServer Developer EditionをMicrosoft Digital Dashboard Resource Kit 3.0の中に組み込みます。これにより開発者は、このiViewServer Developer Editionを利用して、iViewsの設計、ダウンロード、およびカスタマイズを行い、エンタープライズ・アプリケーションやメディア・ソースのデータにアクセスできるようにすることができます。

主要なエンタープライズ・アプリケーションに対するSAP Portalsのサポートを利用可能
企業ポータルは、シームレスなユーザ・アクセスと高速レスポンスを実現するため、ユーザ・レベルでの統合機能を備えている必要があります。SAP Portalsがオープン型提携モデルを構築したことにより、同社のiView技術は、統合型企業ポータル・コンテンツの分野における業界標準となりつつあります。現時点でiViews技術が組み込まれているアプリケーションは、mySAP.com、SAP R/3、Siebel eBusiness 2000、Oracle Application Server、PeopleSoft HRMS、WebEx、e-Room、Clarify、Lotus Notes、Microsoft ExchangeおよびDocumentumです。

SAP PortalsのiViewsは、個人別設定機能、セキュリティ機能、シングル・サインオン機能を備えています。また、各エンタープライズ・アプリケーションにおける、評価が高くかつ重要な部分を組み込むための、拡張性と堅牢性を備えています。iViewsは、互換性のある企業ポータル・プラットフォーム上、すなわちSAPとSAPポータルが提供している企業ポータル、iBaan Portal、IBM WebSphere Portal Server、Microsoft SharePoint Portal Server上で動作します。

勢いを増すSAP Portals、複数の顧客企業が契約を締結や運用を開始
現時点でSAP Portalsと契約を結んでいる顧客企業は、Acterna (Corporate Yahoo!と提携)、Compass Group USA, Inc、Gridsouth Transco, LLC、ヒューレット・パッカード、日立アメリカ、Lam Research Corp、およびMolex, Inc.です。また、最近SAP Portalsの運用を開始した顧客企業は、Electronic Reliability Council of Texas (ERCOT)、Equilon Enterprises, LLC、Getronics、HUBER+SUHNER AG、Marathon Oil Co.、およびPerformance Retail, Inc.です。

企業向けに包括的な情報管理製品を提供しているSAP Portals
SAP Portalsが提供している企業ポータルおよび情報製品は、情報とプロセスを直接管理するための最も簡単かつ強力な手段です。ユーザは、ひとつの入口から入って、体系化されている情報や体系化されていない情報、Webコンテンツ管理、連携ツール、CRM、SCM、ERPシステム、業務で使われている従来システムなど、多様なリソースを利用できます。

SAP Portalsが提供している製品およびサービス群の内訳は、企業ポータル、ビジネス・インテリジェンス・アプリケーション、独自のコンテンツ、およびプロフェッショナル・サービスです。また、企業ポータル・サービスの内訳は、Enterprise Information Portal、Enterprise Collaboration Portal、およびEnterprise Unification Portalです。これらの製品およびサービスを利用することにより、業界最高水準の製品間統合、動的なユーザ・インタフェース、およびポータル製品における革新的な設計と機能を実現できます。

SAP Portalsについて
SAP Portalsの企業ポータルおよび情報管理製品は、情報とプロセスを直接管理するための最も簡単かつ強力な手段です。ユーザはひとつの入口から入って、体系化されている情報、体系化されていない情報、Webコンテンツ管理、連携ツール、CRM/SCM/ERPシステム、業務で現在使われている従来システムなど、多様なリソースを利用できます。SAP Portalsは、企業とその社員、パートナー企業、および顧客に対して、価値と競争力をもたらします。具体的には、ユーザーが時間や場所を問わず効果的に連携できるようにします。SAP PortalsはSAP AG (NYSE: SAP) の100%出資子会社であり、本社はカリフォルニア州のシリコン・バレーにあります。SAPポータルの詳細については、 http://www.sapportals.com をご覧ください。

SAPについて
SAPは、e-ビジネス向けソフトウェアソリューションの提供者として世界でもトップクラスの存在です。全世界の企業が、mySAP.comのe-ビジネス・プラットフォームを通して、顧客やパートナーとの関係改善、業務の効率化、サプライチェーン全体に渡る大幅な効率化を達成しています。現在、100カ国以上の国々の1万3000社以上の企業が、3万サイト以上のSAPソフトウェアを使用しています。50カ国以上に支社を持つSAPの株式は、フランクフルト証券取引所とNYSEを含むいくつかの証券取引所において、「SAP」のコード名で上場しています(詳しくは、http://www.sap.com/ をご覧ください)。

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、eビジネス向けソフトウェアの世界トップ企業(世界120ヶ国、13500社、1000万人ユーザ)であるSAP AGの日本法人として1992年に設立されました。統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、電子商取引市場(eマーケットプレイス)の構築など、日本企業の情報化の推進と国際競争力及び企業価値を高めるため、企業内外のあらゆる業務の効率化を図り、相乗効果をもたらすソリューションを提供しています。日本国内では現在、780以上の企業グループでSAP製品がビジネスに活用されています。

Tags: