世界最大の通信社であるAPがmySAP.comソリューションを採用

2001年12月6 日 by SAP News 0

mySAPビジネスインテリジェンス、mySAPヒューマン・リソース、 mySAPファイナンシャルズを導入

Tokyo米国ニューヨーク発―2001年11月26日―SAP AG(NYSE:SAP)は本日、世界で最も長い歴史を誇る世界最大の通信社であるAP(The Associated Press、以下AP)がmySAP.com eビジネス・プラットフォーム・ソリューションの導入を決定したと発表しました。

APが採用するソフトウェア・ソリューションは、数々の機能を完全に統合したもので、mySAPビジネスインテリジェンス(mySAP BI:情報・分析系ソリューション)、mySAPヒューマン・リソース(mySAP HR:人事系ソリューション)、mySAPファイナンシャルズ(会計系ソリューション)が統合されています。同社の経営幹部はこれらのeビジネス・ソリューションによって、正確な情報に基づく戦略的な意思決定や従業員の効率の最大化が可能になり、最先端の技術プラットフォームでビジネスを運営できます。

APでMISディレクターを務めるポール・ウー氏は、「SAPのソフトウェアによって、APの社員は新しい技術で業務に取り組むことができます。情報収集、人事、財務の分野でAPが抱えるニーズを満たしてくれるSAPのeビジネス・ソリューションに満足しています」と述べています。

APは、現在使用しているデータウェアハウス技術からmySAP BIに移行します。mySAP BIは、APがこれまで展開してきたビジネスシステムと新しく導入するeビジネス・ソリューションを連係させ、企業運営と企業情報のすべてを把握できるようにします。SAPのソリューションによってAPは、複数のソースに分散している最新のデータすべてを駆使して、業務パフォーマンスを査定、評価するシステムを構築します。

SAPアメリカの最高経営責任者(CEO)、ヴォルフガング・ケンナは次のように述べています。「SAPは、各業界に特有のニーズに応えるビジネス・ソリューションを提供するためのノウハウを蓄積してきました。メディアの有力企業がeビジネスソフトウエアに求めるものを提供できるベンダーとしてSAPを選択するのはこのためです。SAPは、メディア業界のお客さまの期待に応え、またその期待を上回るソフトウェア・ソリューションを開発しています」

APは、人事活動に必要なITインフラとして、現在、将来ともにmySAP HRで対応する考えです。具体的には、人事管理や従業員情報管理、法務文書の作成、給与、勤怠管理、記録保存、パフォーマンス測定などのタスクにmySAP HRを活用する計画です。

mySAP Media(メディア)について

mySAP Mediaは、ビジネスマネジメントとカスタマーケアのプロセスを統合した包括的なソリューションです。会計、人事管理、ロジスティクスに必要なビジネスプロセスの基幹機能のほか、メディア業界独自の機能である広告受注管理、メディア販売管理(定期購読者管理)、メディア・プロダクト・ライフサイクル管理も統合しています。

mySAP Mediaソリューションは、サードパーティのシステムを連係させる標準のオープン・インタフェースで、制作システム(プリプレス・システムやフィニッシング・システム)をビジネスプロセスに完全に統合します。また、さまざまなメディア企業(世界的に展開する新聞社、出版社、雑誌社/映画スタジオ、音楽会社、制作会社などのエンターテインメント企業/ラジオ、テレビ、ケーブル等の放送会社/オンラインサービス企業/広告代理店、ニュース・情報サービス会社/印刷会社)のニーズに対応します。さらに詳しい情報はウェブサイトをご覧ください。 http://www.sap.com/media

SAPについて

SAPは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーです。SAPは、e-ビジネスプラットフォームであるmySAP.comを通じて、統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、電子商取引市場(eマーケットプレイス)、ポータル(Enterprise Portal)、製品ライフサイクル管理(PLM)などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。SAPのソフトウェアは、すでに世界で120ヶ国、17,000以上の企業、44,500サイト以上で利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。SAPは世界の50カ国以上に現地法人を持ち、またフランクフルト証券取引市場やニューヨーク証券取引市場を含む幾つかの取引市場で「SAP」として上場しております。詳細については http://www.sap.com をご参照ください。

Tags: