デロイト トーマツ、IDSシェアー、SAPジャパン、日本におけるmySAP.com導入促進を目的としたBPR(業務プロセス最適化)コンサルティングで提携

2002年1月17 日 by SAP News 0

Tokyoデロイト トーマツ コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:西岡一正、以下DTC)、IDSシェアー・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柳堀紀幸、以下IDS)、SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤井清孝、以下SAPジャパン)の3社は本日、日本におけるmySAP.com導入の迅速化・促進を目的として、日本企業に対するBPR(業務プロセスの最適化)コンサルティングを共同で提供することで提携したと発表しました。

現在、日本では多くの企業が、電子化や業務プロセスの改善によるビジネス効率の向上を目指しており、SAPソリューションの導入コンサルティングのニーズはますます高くなっています。しかし、例えばERP(統合基幹業務ソフト)パッケージの導入に際してはそれぞれの業界、企業によって異なるビジネスプロセスそのものを再構築していく必要があり、コンサルタントが長期にわたって、業務プロセスの把握・見直し・改善、システムとの統合を行ってきました。

今回の提携を受けDTCは、過去に世界各国で独自に培ってきたBPRコンサルティングの方法論、mySAP.comをはじめとする業界別導入テンプレートを管理するためのプロセス・マネジメント・センター(仮称)を本社内に設立し、そのプラットフォームに独IDSシェアー社が開発したモデリングツールソフト「ARIS」を全面的に採用することを決定しました。

これにより、顧客には最適かつ効率的に人的リソースを配分し、コンサルティングサービスの質、スピードのアップが可能となります。各プロジェクトのコンサルタントはWEB経由であらゆる方法論、テンプレートをコンサルティングの現場で活用することが可能になります。またERPの運用時のサポートツールとして、コンサルティング業務とあわせて「ARIS」そのものの導入をDTCとIDSの2社共同で行います。DTCがARISを活用したコンサルティングを展開する際は、顧客がARISの有効性、必要性を認識した場合、IDSはDTCのビジネスパートナーとして顧客へのARISの販売/導入、教育、活用体制の構築に対し、協業体制を取っていきます。

これを踏まえ、第一段階として製造・電力・通信業界に向けてSAPジャパンと進めているmySAP.com導入コンサルティング、BPRコンサルティングについても3社が世界各国で培ったノウハウを集結し、ARISを活用した業界向け方法論・テンプレートとしてDTCとIDSが協同で開発・共有し、今後のビジネスに効率的に活用していきます。さらに第二段階として、日本でBPRやERPの導入が進んでいない流通・金融業界に対しても方法論・テンプレートを開発していく予定です。

IDSは、DTCに対し、これまで世界で蓄積したmySAP.com導入におけるARIS活用のノウハウを提供し、DTCにおけるARIS活用方法、体制の構築を強力にバックアップします。IDSはこれまでビジネス・プロセスマネージメント(BPM)のコンセプトのもとに数々のコンサルティングを提供してきました。IDSではBPMにおいて業務プロセスを設計、最適化する上での考え方として、「ビジネス・プロセス・エンジニアリング」を提唱しています。直接、業務プロセスを変更するのではなく、ARISツール上に作った業務プロセス・モデルを変更し、変更に伴う現場への影響をシミュレーションし、最適なオプションを見極めた上でプロセスを実装するものです。また更にその最適な業務プロセスに関わる情報、例えば組織、ナレッジ、情報システム関連の情報を業務プロセス・ベースに一元管理することにより企業の継続的改革を実現することが可能となります。

今回の提携に関してIDSはこのBPMのコンセプトにもとづき、DTCの予定しているプロセス・マネジメント・センターと共にARISを活用した方法論の開発及び種々の業界に向けてのビジネス・プロセス・リファレンスモデル確立のための支援を行い、今後は、日本でニーズの高いmySAP.comの導入を効率的に3社で推進していきます。

同時にSAPジャパンは、mySAP.com導入コンサルティング、BPRコンサルティングについての方法論を支援するためにDTCのコンサルタントを出向プログラムにより受け入れ、まずは電力業界向け業種別ソリューション(mySAP ユーティリティー:電力・ガス・水道向け)のノウハウを提供します。また、日本市場における豊富なERP導入経験を活かし、大企業をはじめとして昨今市場ニーズが高まっている中堅企業へmySAP.comの導入を効率的に展開する手段として、日本固有のニーズを満たした多様な業種別のmySAPソリューション・テンプレートを開発・提供していきます。今回の提携は、SAPジャパンが特に2002年度の重点施策としている中堅のお客様企業に対して、高品質で実績のあるソリューションを「早く安く導入する」という基本方針を強力に推進することにもなります。

さらに今回の提携に際しSAPジャパンは、DTCをはじめとしたパートナ企業とノウハウを共有しながら、日本の業種・業態に合ったソリューションのテンプレートを開発していきます。また、コンサルティングのノウハウとツールを最適化する「パートナ・エンゲージメント(パートナ間の協業)」の推進により、パートナ間の提携や協業を積極的に仲介し、「実績ある優れたソリューションを早く安くお客様企業に提供する」ことを促進していきます。

<ARISについて>
ARIS は、ビジネスプロセス最適化の観点から顧客の経営革新・業務革新を強力にバックアップする、ビジネスプロセス管理ツールソフトウェアです。ARISにより、ビジネスプロセスを階層的/体系的にモデル化 ( 可視化 ) し、分析、設計、最適化することによって理想的なビジネスプロセスモデル管理が実現されます。ARIS 製品は既に 2,500 ( 世界 50 カ国以上 ) 以上の企業に採用され、販売ライセンスは 28,000 を超えています。

<デロイト トーマツ コンサルティングについて>
デロイト トーマツ コンサルティング は、世界各国に30,200名以上のプロフェッショナルを擁する デロイト コンサルティング のグループに参画しており、これらのプロフェッショナルと一体となって、専門性の高いサービスを世界中のお客様に提供できる体制をとっております。日本では、1,500名のコンサルタントを有し、製造業、金融サービス、コンシューマビジネス、エネルギー、テレコム・メディア、公共事業をはじめとする各産業分野に数多くの優れたコンサルティングサービスを提供しております。

<IDSシェアー・ジャパン株式会社について>
IDS Scheer AG は、ビジネス プロセス最適化と E-ビジネスのためのコンサルティングサービスとソフトウェアを提供する国際的な企業です。 業種特化ソリューションには、企業間を超越するビジネス プロセスの設計、インプリメンテーション、継続的改善などが含まれています。 ARIS 製品ライセンスの販売数は、 28,000 を超えており、 IDS Scheer はビジネス プロセス管理のためのソフトウェア ソリューションを提供する、世界でのリーディング カンパニーです。現在、従業員数は1,500 人を越え、世界50ヶ国に支社、またはパートナー企業があります。 2000年度第3四半期には前年同期比35.5%の増益を達成し、収益は15年間継続的に伸びています。 NEMAX 50 社のメンバーである IDS Scheer の株は Frankfurt / Main における Neuer マーケットの中でも最も強力で安定している株のうちのひとつです。

<SAPジャパン株式会社について>
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、電子商取引市場(eマーケットプレイス)、ポータル(Enterprise Portal)、製品ライフサイクル管理(PLM)などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。すでに世界では120ヶ国、17,000以上の企業で1,000万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに850社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に貢献しています。

Tags: ,