SAPジャパンとデル、教育機関のERP導入支援で協業

2002年5月16 日 by SAP News 0

~ 横浜国立大、青山学院大に教育・研究用SAP R/3システムを構築
両大学のプロジェクトのノウハウを活かし、教育・研究市場への本格参入を狙う ~

TokyoSAPジャパン株式会社(代表取締役:藤井 清孝、本社:東京都千代田区大手町、以下SAPジャパン)とデルコンピュータ株式会社(代表取締役社長:浜田 宏、本社:川崎市幸区堀川町、以下デル)は、このたび、教育機関におけるERP(統合基幹業務システム)導入推進で協業し、学生がITを駆使した経営手法を学ぶことができるシステムを積極的に提案していく、と発表しました。両社は既に、横浜国立大学経営学部および青山学院大学向けSAP R/3システムの導入で協業しており、今後は両大学のシステム構築で培ったノウハウを活かし、大学を中心とした高等教育機関向けに同様のシステムを積極的に展開していく考えです。

なお、この協業は、SAPジャパンが展開している高等教育機関へのSAP R/3導入支援プログラム「ハイヤー・ラーニング・イニシアティブ(HLI)」に、ハードウェア・プロバイダーとしてデルが参加するというものです。

デルは、同社内に開設している「SAPコンピテンスセンター」を活用しながら、同社のサーバ製品「PowerEdge?(パワーエッジ)」シリーズをアプリケーション・サーバとして、SAP R/3を導入するためのサイジングやインフラ設計を行う他、システムの設置を担当します。一方SAPジャパンは、SAP R/3 のコアとなるモジュール(販売管理、購買・在庫管理、生産管理、財務会計、管理会計等)のライセンスを提供する他、 SAP R/3 を活用したカリキュラムの開発やホスト校でのソフトウェアのインフラ構築やシステム管理者の養成をサポートします。優れたパフォーマンスを競争力のある価格で提供するデルの高性能サーバとSAP R/3を組み合わせ、システム・デザイン、構築に両社のノウハウを活かすことで、SAP R/3を低コスト、短期間で導入できるようになります。

今回の発表に先立ち、SAPジャパンとデルは、今春、横浜国立大学および青山学院大学のERP教育・研究用システムの拡充で協業しました。両大学はSAP R/3を学内での研究用途に利用するだけでなく、アプリケーション・プロバイダーとして、他大学から両大学のSAP R/3へインターネット経由でアクセスできるサービスも提供しています。このため、SAPジャパンとデルは、導入コストを抑え、かつアプリケーション・ホスティングサービスを提供する上での拡張性を重視して、コンサルティングを行いました。その結果、最小限の投資で、学内・学外のユーザーの増加に合わせ必要に応じてシステムを拡張でき、かつコスト効果と運用・管理性に優れたシステムを実現しています。

SAPジャパンとデルは、横浜国立大学/青山学院大学のプロジェクトで蓄積したノウハウをもとに、今後協力して同様のシステムを他の教育機関に対しても積極的に展開し、ITを活用した最新のビジネス・モデル、ビジネス・エンジニアリングの教育研究活動を支援するとともに、教育市場に本格参入する考えです。

<SAPの「ハイヤー・ラーニング・イニシアチブ(HLI)」について>
SAPは、1972年のドイツでの創業当初から大学・大学院をはじめとする高等教育機関と深く関わり合って来ました。 以来 SAP は世界の主要各国で多くの高等教育機関にSAP R/3を提供し、大学院の経営修士課程をはじめ、経営学部、経営工学部、情報工学部等での講座やゼミの運営、あるいは研究活動を支援して来ました。
同じ目的を持つハイヤー・ラーニング・イニシアティブ(HLI)が日本に発足したのは1999年。自社の主力製品のひとつであるSAP R/3のライセンスを教育機関に無償または特別価格で提供し、経営学部、情報工学部での講座やゼミでの活用を支援するプログラムです。日本のHLIに参加している高等教育機関は、学校法人数で15法人、学部・スクール数では25学部/スクールとなっています。

<デルの教育市場への取り組み>
デルは、IT投資の増大による大幅な成長が見込まれる官公庁/教育機関/医療機関市場での拡販に注力しており、2001年2月に専属の営業組織「パブリック営業部」を立ち上げました。同市場に特化した販売・マーケティング活動を積極的に展開したことで、特に研究機関や大学などの教育市場において順調にビジネスを伸ばしています。デルは、独自のビジネスモデルを活かしてお客様のご要望に迅速かつ柔軟にお応えし、今後も同市場でのより一層の拡販を狙います。

デルコンピュータ株式会社について
デルコンピュータ株式会社は、米デルコンピュータ・コーポレーションの日本法人で、デル社独自の直販方式「デル・ダイレクト・モデル」を活かした販売/マーケティング/サービス・サポート業務を日本国内で行っています。デスクトップ/ノートブックに続き、業界標準のIAサーバ/ストレージ製品および各種サービスの拡充にも注力しており、エンタープライズ市場においても「デル・ダイレクト・モデル」による優れたバリューをお客様に提供しています。

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネージメント(SRM)やサプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、企業向けポータル(Enterprise Portal)、製品ライフサイクル管理(PLM)などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。すでに世界では120ヶ国、17,000以上の企業で1,000万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに920社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に貢献しています。 ( http://www.sap.co.jp

Tags: