ナイキがサプライチェーン・プロジェクトに SAPアパレル・フットウェア・ソリューションを導入

2002年6月11 日 by SAP News 0

Tokyo【フロリダ州オーランド 発 2002年6月5日】SAP AG(NYSE:SAP)は本日、米国でナイキが、基幹業務システムとしてSAPアパレル・フットウェア・ソリューション(以下、SAP AFS)の導入が成功に終わり、同社のサプライチェーン戦略が大きく前進した、と発表しました。ナイキの北米事業所におけるSAP AFSユーザ数は5,000人となり、同ソリューションの導入規模としては、これまでで最大のものとなります。またナイキは、ワールドワイドの情報技術プラットフォームの中核としてmySAP.comソリューションを選択しました。

ナイキのグローバル・オペレーションおよびテクノロジー担当バイスプレジデントのローランド・ウォルフラム(Roland Wolfram)氏は、次のように語っています。「この大規模なサプライチェーンは、最新のシステムを導入して業務プロセスを簡素化し、当社と顧客双方の業務効率を改善するという意味において、今後の成長には欠かせない主要な要素となります。SAPソリューションという最先端のITシステムを導入することにより、生産リードタイムの短縮、サプライチェーン効率の改善、小売顧客への一貫した対応などを実現することができます。」

SAP AFSは、ナイキ・サプライチェーン(NSC)プロジェクトの基盤システムとなります。NSCプロジェクトでは、最終的に多岐にわたる既存のアプリケーション・サブシステムを、5つの主要システムに統合していく計画です。SAP AFSは、財務、受注管理、物流を包含した包括的な企業向け経営システムを具備しています。SAP AFSのデータ構造は、アパレルおよびフットウェア業界特有のニーズを満たすよう設計されているため、ナイキは従来と比べ、より効率的な在庫管理の実現が可能となります。

SAP AGの共同会長兼CEOのヘニング・カガーマン(Henning Kagermann)は、「このように大規模なSAP AFSの導入を成功させたナイキは、業界で最も効果的にテクノロジーを利用している企業の先駆者と言えます。SAPは、比類のない業界別ソリューションであり卓越したe-ビジネスソリューションを可能にするmySAP.comソリューションを世界のリーダー企業に提供すべく努力しています」と述べています。

ナイキは、2002年中にヨーロッパでもSAPソリューションを導入する予定です。ナイキのSAPソリューション導入プロジェクトは、SAPのプロフェッショナル・サービス・オーガナイゼーションをはじめ、ブリストルコーン社(Bristlecone)やヒューレット・パッカード社(HP)などの企業から集められた様々な分野を専門とするコンサルティング・チームによってサポートされました。

SAP AFSは、アパレル/フットウェア業界のニーズに特化した包括的な統合ソリューションです。SAP AFSを採用することにより、原材料の調達から完成品の販売まで、サプライチェーン全体において行き届いた管理が実現します。SAP AFSは、世界中の調達業務、社内および海外生産、下請け業務、直販プロセスを統合することで、グローバル戦略の導入と、一貫した品質の確保を保証します。

ナイキについて
ナイキ(本社:オレゴン州ビーバートン)は、あらゆるスポーツ、フィットネス向けに本物のスポーツシューズ、アパレル、小物、アクセサリのデザインおよび販売を手がける世界的リーディング・カンパニーです。同社の完全子会社には、ホッケー用品の世界的メーカーであるバウアーナイキホッケー(Bauer NIKE Hockey)や、高品質の男性/女性用ウエアおよびカジュアルシューズの販売を手掛けるコールハーン(Cole Haan)、特許取得済みのアパレル製品群を販売するナイキチームスポーツ(NIKE Team Sports)などがあります。

SAPについて
SAPは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーです。SAPは、e-ビジネスプラットフォームであるmySAP.comを通じて、統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、電子商取引市場(eマーケットプレイス)、ポータル(Enterprise Portal)、製品ライフサイクル管理(PLM)などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。SAPのソフトウェアは、すでに世界で120カ国、18,000以上の企業、50,000サイト以上で利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。SAPは世界の50カ国以上に現地法人を持ち、またフランクフルト証券取引市場やニューヨーク証券取引市場を含む幾つかの取引市場で「SAP」として上場しております。詳細については http://www.sap.com をご参照ください。

Tags: ,