住生コンピューターサービスとデル、SAPジャパンmySAP CRMモバイルセールス スターターパックの販売で協業

2002年7月22 日 by SAP News 0

~自社導入ノウハウとインフラ構築力を生かし、短期間・低コスト導入をサポート~

Tokyo住生コンピューターサービス株式会社(代表取締役社長:藤丸 耕治、本社:大阪市淀川区、以下住生コンピューターサービス) 、デルコンピュータ株式会社(代表取締役社長:浜田 宏、本社:神奈川県川崎市、以下デル)、とSAPジャパン株式会社(代表取締役社長:藤井 清孝、本社:東京都千代田区、以下SAPジャパン)は、mySAP CRMモバイルセールススターターパックの販売で協業する、と発表しました。3社は、2002年7月よりスターターパックの営業活動における協力体制を整備していきます。

mySAP CRMモバイルセールス スターターパックは、住生コンピューターサービス、デルのそれぞれの強みを合わせた、短期間・低コストで新世代の営業支援システムを導入するためのソリューションです。

住生コンピューターサービスは、mySAP CRMの自社導入を通じて蓄積したノウハウや住友生命の情報システム関連会社として55,000ユーザーのSFA(営業支援システム)の構築・運用経験を活かし、mySAP CRM構築サービスを提供します。

デルは、優れたパフォーマンスと信頼性を実現する同社のサーバ/ストレージ製品をハードウェア・プラットフォームとして提供します。また、同社のコンサルティング事業部である「デル・テクノロジー・コンサルティング(DTC)」がシステムのサイジングおよび設計においてイニシアティブを取り、mySAP CRM向けに最適なシステムの提案および構築を行います。

モバイルセールスとは:
mySAP CRMが提供する機能の一つ。モバイル端末と専用アプリケーションにより、社外で活動する営業担当者が入手・保有する顧客情報を全社で共有し、資源を顧客指向に統合するための仕組み。一般的にはSFA(Sales
Force Automation:営業支援)と呼ばれる。

mySAP CRM モバイルセールススターターパックには、以下の機器と導入サービスが含まれます。

  • CRM 用サーバ
      ・デルのサーバ製品「PowerEdge™」シリーズ
      ・デルのストレージ製品「PowerVault™」シリーズ、「Dell | EMC」シリーズ(オプション)
  • コミュニケーション・ステーション
      ・デルのサーバ製品「PowerEdge™」シリーズ (オプション)
  • モバイルクライアント
      ・デルのノートブック「Latitude™」シリーズ
  • mySAP CRM 導入サービス
      ・デルのDTCによるサイジングおよびインフラ設計・構築
      ・住生コンピューターサービスによるmySAP CRMソリューションの導入支援

    ※ mySAP CRMのライセンス費用は含まれておりません。
    ※ ハードウェア機器は、CRMサーバ、モバイルクライアントが各1台構成になります。

スターターパックの導入企業は、モバイルセールスによる営業支援システムの構築を短期間・低コストで実現する事が出来ます。例えば、ユーザー数25名規模の場合、導入期間は約2ヶ月、導入コストは約600万円(ハードウェア/コンサルティング費用を含みます)からとなります。

まず、スピーディーにモバイルセールスを導入した後、必要に応じて、以下のように発展させていくこともできます。

  • コールセンターやインターネットと統合させたマルチチャネルCRM
  • データウェアハウスやサプライ・チェーンマネジメント、レガシーやERPと統合させたエンタープライズCRM

このスターターパックの、デモン ストレーションを含めた具体的な紹介 を、2002年7月24日(水)、25日(木)に東京国際フォーラムにて開催される「SAPPHIRE ’02 TOKYO」のデルブースにおいて実施します

SAP CRMについて
顧客接点のあらゆる情報をマルチチャネル&マルチライフサイクルで一元管理する事により、従業員のエンパワーと顧客志向経営を同時に実現する「第三世代型エンタープライズCRMソリューション」です。世界で1,500社以上(2002年3月時点)の実績を持ちます。
2001年10月に出荷が開始されたバージョン3.0は、SFA、インタラクションセンター、マーケティング、サービスや顧客分析など各コンポーネントの大幅な機能強化が図られた他、SAP R/3との統合を前提としない単体導入が可能となりました。
ユーザー企業はSFAやインタラクションセンター等必要なソリューションを短期間・低コストで稼動させ、必要に応じて他チャネルやレガシー・ERPと統合させ、第三世代のエンタープライズCRMへと発展させるという柔軟で拡張性の高いアプローチを取る事が可能になります。

住生コンピューターサービスについて
住生コンピューターサービスは、1971年の創業以来、最も得意とする生保・損保・銀行・証券といった金融機関をはじめ、電気・ガス・流通・製造など幅広い業種の全国のお客様にIT投資計画立案、BPR、システムの設計・開発・運用・アウトソーシングまでトータルなソリューション/サービスを提供しています。あらゆるビジネスシーンをカバーする機能的かつ高品質なソリューション/サービスを提供し、お客様のニーズを的確に把握し、情報化・業務改善・BPR・ITを活用したビジネスモデルの構築に貢献しています。(http://www.slcs.co.jp)

デルコンピュータについて
デルコンピュータ株式会社は、米デルコンピュータ・コーポレーションの日本法人で、デル社独自の直販方式「デル・ダイレクト・モデル」を活かした販売/マーケティング/サービス・サポート業務を日本国内で行っています。デスクトップ/ノートブックに続き、業界標準のIAサーバ/ストレージ製品および各種サービスの拡充にも注力しており、エンタープライズ市場においても「デル・ダイレクト・モデル」による優れたバリューをお客様に提供しています。

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネージメント(SRM)やサプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。すでに世界では120カ国、18,000以上の企業で1,000万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに950社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に貢献しています。( http://www.sap.co.jp

Tags: , ,