SAPジャパン、先進のJ2EEベースのWeb アプリケーション・サーバJavaOneコンファレンスで公開

2002年9月24 日 by SAP News 0

J2EE 1.3に対応したSAP Web Application Serverの新バージョン開発概要とテクノロジー体系を説明

TokyoSAPジャパン(社長・藤井 清孝、本社・東京都千代田区、以下SAPジャパン)は、9月25日から27日までパシフィコ横浜で開催されるJavaOneコンファレンスに出展し、J2EE(Java 2プラットフォーム・エンタープライズ・エディション)バージョン1.3に対応した新バージョンのSAP Web Application Server(SAP Webアプリケーション・サーバ)6.20の開発コンセプトとテクノロジーの体系を説明すると発表しました。今後出荷されるSAP製品は、全てSAP Webアプリケーション・サーバに対応します。

SAP Webアプリケーション・サーバは、オープンな統合のインフラストラクチャであるmySAPテクノロジーの主要コンポーネントです。SAPは独自の開発言語であるABAPに加え、新たにJ2EEにも対応した開発環境を確立しました。このため、プラットフォームに依存しない、管理が容易なビジネス用Webサービスを提供できるようになります。このSAP Webアプリケーション・サーバは、J2EEに完全に準拠すると同時に、1つの共通なデータベースを使用する単一のサーバ内でJavaとABAPを並行してサポートします。これまでSAPの顧客企業は、既存のテクノロジーと社内のABAPスペシャリストを活かしながらインターネット環境に対応した新規アプリケーションを構築してきました。

今後は、新たなSAP Webアプリケーション・サーバを利用することによって、ABAP そしてJava双方のプログラミングに携わる人材も活用しながら、J2EEアプリケーションを運用するための基盤を構築することができるようになります。

SAP Webアプリケーション・サーバは、SAPの顧客企業が求める高い信頼性や拡張性、セキュリティ、可用性を提供します。Universal Description Discovery and Integration(UDDI)やWeb Service Development Language (WSDL) 、Simple Object Access Protocol (SOAP) などのオープンな技術標準をサポートしており、RosettaNet、ebXML、UBLなどのオープンなビジネス標準も同時にサポートしています。またこれは、現行のJ2EE標準を補完し、設計から開発、さらに運用からアップグレードに至るまでの、包括的な企業情報システムのライフサイクル全体の管理を可能にします。これらの特徴により、SAP Webアプリケーション・サーバは、プロフェッショナル用Webビジネス・アプリケーション向けに、オープンで使いやすい高性能な開発および稼動環境を実現します。またSAP Webアプリケーション・サーバは、インターネット標準技術に対応しているため、インターネット環境をこれまで以上にシームレスに活用することが可能となります。

【SAPジャパン、JavaOneコンファレンス出展概要】
会期   :

2002年9月25日(水)から27日(金)

会場   : 横浜パシフィコ(SAPデモブース)
出展内容: ・SAPのJavaアーキテクチャ
・SAP Web Application ServerおよびWebDynpro、Javaコネクターの紹介
・SAPジャパンのモバイルソリューション
・「SAP Web Application Server」のEC-One社製 Javaフレームワーク「cFramework」への対応

以上

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント(SRM)やサプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、企業向けポータル(Enterprise Portal)、製品ライフサイクル管理(PLM)などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。すでに世界では120カ国、18,000以上の企業で1,000万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに950社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に貢献しています。 ( http://www.sap.co.jp

Tags: