SAP、第4四半期に約 9億5千万ユーロのソフトウェアライセンス売上を見込む

2003年1月10 日 by SAP News 0

Tokyo*下記の日本円表示は、1月9日現在の為替レート:1ユーロ=125.12円として計算

【ドイツ・ワルドルフ発2003年1月9日】e-ビジネスソフトウエア・ソリューションのリーディング・プロバイダであるSAP AG(NYSE:SAP)は本日、2002年第4四半期のソフトウェアライセンスの売上が約9億5千万ユーロ(約1188億7945万円)に達する見込みと発表しました。これにより、2002年通年における社員持ち株制度適用前および買収に伴う費用計上前の営業利益は、2001年度通年の営業利益を若干上回り、営業利益率は2001年の20%を最低1パーセントポイント上回ると予測されています。SAPは2002年の暫定決算に関するより詳細な情報を2003年1月30日に発表する予定です。

以上

SAPについて
SAPは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーです。SAPは、e-ビジネスプラットフォームであるmySAP.comを通じて、統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、電子商取引市場(eマーケットプレイス)、ポータル(Enterprise Portal)、製品ライフサイクル管理(PLM)などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。SAPのソフトウェアは、すでに世界で120カ国、18,800以上の企業、56,000サイト以上で利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。SAPは世界の50カ国以上に現地法人を持ち、またフランクフルト証券取引市場やニューヨーク証券取引市場を含む幾つかの取引市場で「SAP」として上場しております。詳細についてはhttp://www.sap.comをご参照ください。

Tags: ,