ダウコーニング、mySAP Human Resourcesの導入により、163%の投資回収率を達成

2003年10月3 日 by SAP News 0

世界的化学メーカーがSAPのテクノロジーを活用して戦略的グローバリゼーションとコスト削減を実現

Tokyo(本リリースは、9月15日に弊社独本社から発表されたものを和訳したものです)
SAP AG(NYSE:SAP、以下SAP)は、ダウコーニング(Dow Corning、以下ダウコーニング)における「mySAP HumanResource」(mySAPヒューマン·リソース)の導入成果を測定した分析結果を発表しました。米国ミシガン州に本社を置くダウコーニングは、ダウケミカル(Dow Chemical Company、NYSE:DOW)とコーニング(Corning Incorporated、NYSE:GLW)が所有する、シリコンベース素材の世界的リーダー企業です。

同調査結果によると、ダウコーニングは3.8年間に渡る資本回収期間において、163%の投資回収率を達成しました。これは、10年間にわたり年間5,370万米ドルの経費節減を実現することになります。この結果から、「mySAP HumanResourceソリューション」が業務スピードの向上、全社規模のコラボレーションと人材管理の合理化、従業員の効率性および生産性の改善などを通じて、企業のビジネス目標の達成を支援していることが証明されています。同事例研究は、ガートナー·コンサルティング(Gartner Consulting)のROI測定手法を用いて実施されました。

ダウコーニングは、シリコン業界の最大手企業です。1998年に「mySAP HumanResource」を導入して以来、組織および技術面での重複性を排除し、人事関連のビジネスプロセスを合理化、また組織に対するグローバルな可視性を経営陣に提供するほか、人事部門による戦略的グローバリゼーションとコスト削減を実現しています。「mySAP HumanResource」は、ダウコーニングにおいてこれまで国別の人事グループに分散していた同社の人事関連業務をグローバルなデータベースに一元化する一方、様々な通貨と各国固有の法的条件をサポート、多言語環境を実現しており、現在40カ所以上の製造およびサービス拠点、9つの言語、7,500人のユーザをサポートしています。

ダウコーニングのヒューマン·リソース·ビジネス·プロセス·リーダー兼HRサービスセンター·マネジャーのケント·フィルポット氏(Kent Philpot)は、次のように述べています。「『mySAP HumanResource』を使用して分散した業務を緊密に統合し、ビジネスの主要目標に合わせて遂行したことで、優れた投資回収を達成することができました。『mySAP HumanResource』の機能を活用し、世界各国の異なるビジネス要件に対応するために必要な柔軟性を損なうことなく業務コストを削減しています。この結果、当社はシリコン業界において競争力を維持し、世界中の組織的障壁を低減するほか、余剰な活動や人員、さらに主要ビジネスプロセスのサイクル時間を削減することに成功しています。SAPのおかげで、当社は様々な分野においてコスト削減を実現しており、人事管理部門におけるビジネスプロセスのサイクル時間も、10日から3日に短縮しました」

「mySAP HumanResource」のグローバル·シングルインスタンスは、世界規模で人事関連の業務プロセスを合理化し、組織全体で管理業務の透明性を実現、さらに人事部門による戦略的グローバリゼーションとビジネス目標の達成を可能にしました。また、業務の自動化による効率性をもたらし、米国でダウコーニングの社内システムにおける給与支払いプロセスに費やされる時間は4日から1日半へ短縮されました。これら一連の業務プロセス改善により、ダウコーニングはオペレーショナル·エクセレンスという戦略的目標をより効果的に達成できるようになり、SAPは、ダウコーニングがコスト競争の激しいシリコン業界でマーケット·ポジションを強化できるよう支援しました。

SAP AGのヒューマン·キャピタル·マネジメント担当グローバル·バイスプレジデント、デボラ·シュミット(Deborah Schmidt)は、「ダウコーニングは、『mySAP HumanResource』を導入したことで緊密に統合されたグローバル企業へと成長しました。SAPのテクノロジーは、ダウコーニングが掲げる主要な戦略的目標のひとつを達成できるよう支援しました。つまり、世界規模で組織的障壁を低減し、重複する業務と主要ビジネスプロセスのサイクル時間を削減することで、オペレーショナル·エクセレンスをもたらしたのです」と述べています。

調査手法
調査では、10年間の耐用年数を考慮に入れ、ROI(投資回収率)が測定されました。ROIを測定するために、ガートナー·コンサルティングの測定手法を使用し、時間管理から組織管理に至るまで、関連するビジネスプロセスにおいて認められたコスト削減効果と収益向上の成果を評価しました。まず、質的データを分析して「mySAP HumanResource」によって達成された非定量的利益をすべて明らかにし、その後、量的データを分析して「mySAP HumanResource」導入後のコストおよび収益の変化を測定しました。

mySAP HumanResourceについて
SAPは、最適なソフトウェアの提供を通じて、企業が世界的な人材争奪戦で勝利を収め、規制および法的条件に対応し、また言語に関する特殊なニーズを満たせるよう支援しています。「mySAP HumanResource」は、世界50カ国を超える8,000社以上の企業に採用されており、SAPはヒューマン·リソース市場における世界的リーダーとして今日の地位を確立しています。「mySAP HumanResource」の詳細については、http://www.sap.co.jp/japan/solutions/hr/をご参照ください。

ダウコーニングについて
ダウコーニング(www.dowcorning.com)は、パフォーマンス向上ソリューションの提供により、世界2万5,000社以上の顧客が抱える多様なニーズに対応しています。ケイ素(シリコン)関連技術とその革新のグローバル·リーダー企業であるダウコーニングは、現在7,000種を超える製品とサービスを提供しており、年間売上の半分以上を米国以外の市場から得ております。同社の株式は、ダウケミカルとコーニングが折半で所有しています。

Tags: