SAP、2003年度に堅調な利益の伸びを計上

2004年1月13 日 by SAP News 0

(本リリースは、1月13日に弊社独本社から発表されたものを和訳したものです)

WaldorfSAP AG (NYSE: SAP、以下SAP) は本日、来る2004年1月22日に予定している第4四半期決算の発表に先立ち、同四半期におけるソフトウェア関連の売上が約9億3000万ユーロ(前年同期の9億5800万ユーロに比べ3%減少。ただし固定為替レート換算では前年同期比4%増)になる見込みであると発表しました。この業績は主に米国とドイツでの堅調な売上により達成されたものです。第4四半期の総売上は、約22億ユーロ(前年同期の23億ユーロに比べ3%減少。固定為替レート換算では前年同期比4%増)となる見込みとなりました。

2003年通年のソフトウェア関連売上は約21億5000万ユーロ(前年の22億9000万ユーロに比べ6%減少。固定為替レート換算では前年比約1%増)となる見込みとなりました。2004年通年の総売上は70億ユーロを若干上回る見込みで、前年の74億ユーロから5%減(固定為替レート換算の場合、2003年通年の総売上は前年比約3%増)となりました。

この結果、SAPは費用計上前見込営業利益率と費用計上前見込1株あたり利益については、以前発表した目標値を大きく上回ることができるものと予想しています。SAPは現在、2003年の費用計上前見込営業利益率を約27%(前年の23%に比べ約4ポイント増加)と見込んでいます。2003年の費用計上前見込営業利益率は、社員持株制度適用に伴う費用(約1億3000万ユーロ)および買収関連費用(約2400万ユーロ)を計上する前の営業利益率です。

SAPは、2003年の決算(暫定)に関するより詳細の情報を1月22日に発表する予定です。

以上

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネージメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、顧客関係管理 (CRM) 、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。すでに120を超える世界各国の20,500社以上の企業で利用されており、そのユーザ数は1,200万人を超えています。企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しているSAPのソリューションは、日本国内でもすでに1,100社以上の企業グループで利用されており、日本企業における情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に幅広く貢献しています。

SAP、R/3、mySAP.com、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はSAP AGのドイツ及びその他の国における登録商標または商標です。

Tags: ,