SAPジャパン、SAP クロスアプリケーション(xApps)第1弾を発表

2004年2月25 日 by SAP News 0

SAP xApp Resource and Portfolio Management 2.0を出荷

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区大手町、代表取締役社長:藤井 清孝、以下 SAPジャパン)は本日、SAPクロスアプリケーション(SAP xApps)製品群のうち第1弾であるSAP xApp Resource and Portfolio Management 2.0(SAP リソース・アンド・ポートフォリオ・マネジメント、以下SAP xRPM)を出荷すると発表しました。SAP xAppsはパッケージ化された複合アプリケーション製品群であり、既存の異種IP環境へスナップ・オン(連結)することによって、企業内および企業間の境界を超えて機能横断的なビジネスプロセスを実現します。今回出荷を開始したのは、複数のプロジェクトを効果的に管理するツールとなる「SAP xRPM2.0」です。

SAP xAppsは、包括的な統合アプリケーション・プラットフォームであるSAP NetWeaverを使用して、複合型、イベント駆動型のビジネスシナリオを構築するアプリケーションです。異なるバージョンのSAP製品、また非SAP製品などを含むすべての構築ブロックをひとつの開発環境で利用可能にする複合アプリケーション・フレームワーク(CAF)により、既存のIT投資を活かしながら、ビジネスプロセス全体を効率化する「次世代プラクティス」を実現します。実際の業務に合わせたビジネスプロセスの流れをテンプレート化して提供することにより、プロジェクトの各部をひとつずつ見るのではなく、全体から見ることが可能になります。

現在、多くの企業では、多種混在した、あるいは部分的なシステムの導入が、一貫したビジネスプロセス実現による効率性向上の障害となっています。従って、企業にはより迅速な意思決定、既存のIT資産活用、そして総所有コスト(TCO)の削減という課題があります。SAP xAppsはこうした要求に応え、既存のシステム構成を入れ替えるのではなく、そのまま活用しながら、一貫したビジネスシナリオを実現するものです。SAP xAppsは、「既存の(多種混在した)IT環境に、組織の枠を超えた新しいビジネスプロセスを統合する目的でパッケージ化された複合アプリケーション群」の総称です。

今回出荷を開始したSAP xRPMは主にさまざまな投資案件やITプロジェクトの管理を目的として設計されており、企業内のプロジェクトの進捗状況のリアルタイムでの把握を可能にします。これにより、プロジェクトの優先順位付けや、限られたリソースの適切な配分が可能になります。xRPMの持つ代表的な機能は以下の通りです。

  1. ポートフォリオ管理:複数のシステムにまたがったプロジェクト情報を統合します。これにより、経営層は、進行中のプロジェクトを把握し、各プロジェクトのリアルタイムの進捗状況、予算、リソースを監視、分析、管理することができます。
  2. リソース管理:組織全体にわたり、また複数のプロジェクトを横断してリソースを管理します。このため、プロジェクトリーダーは、必要な技能を持ったプロジェクト・メンバーの検索や、必要不可欠なリソースの最優先プロジェクトへの割り当て、高品質なプロジェクト・チームの編成が可能になります。
  3. プロジェクト実行:さまざまなプロジェクト管理システムからのデータを統合し、プロジェクトにおけるタスク、ワークフロー、文書などの情報をすべてのプロジェクト・メンバーに提供します。これにより、プロジェクトリーダーは早期のリスク把握、プロジェクト途中での調整ができます。従業員は、最小限の時間と労力で報告を行うことが可能になります。
  4. 技能管理:プロジェクト・メンバーに関する最新の技能情報を管理します。これにより、プロジェクトリーダーは、部門横断的に最適な技能を検索・確保することができます。一方、プロジェクト・メンバーは、自身のキャリア目標に合ったプロジェクトを選択することが可能になります。

導入方法論としてはAccelerated SAP(SAP標準導入方法論、通称ASAP)を採用しており、またテンプレート化されているため、3ヵ月程度の短期間で導入できます。

今回出荷するSAP xRPM 2.0の前バージョンであるSAP xRPM 1.0は、すでに国外で20件の導入実績があります。SAPジャパンでは、今後1年間で10件の受注を目標としています。SAPジャパンは、今後もSAP xApp Global Trade Services、SAP xApp Emission Managementなど、xApps製品の出荷を予定しています。

以上

SAP NetWeaverについて
SAP NetWeaverは、異種混合のIT環境下での拡張性を前提に設計されています。その結果、テクノロジーや組織の枠を超えて『人・情報・ビジネスプロセス』を一元的に統合します。これらの機能は以下の通りです。

  • 人:強固な役割ベースのポータルや、ビジネス情報への安全なアクセス、意思決定を加速・改善する協業機能により統合

  • 情報:機能横断型の役割ベースのビジネス分析が行える最先端のデータウェアハウス、ナレッジ・マネジメントおよびビジネス・インテリジェンス機能により統合
  • ビジネスプロセス:エクスチェンジ・インフラストラクチャにより、異種アプリケーションを統合し、複数システムにまたがるビジネスプロセスを構築できる実行機能やビジネスプロセス・モデリングにより統合

SAP NetWeaverはまた、Microsoft .NETおよびIBM WebSphere(J2EE)と完全な互換性があります。このため、異種環境下でのITインフラストラクチャの柔軟な管理が可能となるほか、煩雑さを最小限に抑えながら、企業が過去に行った投資の保護を可能にすることにより、総所有コスト(TCO)を削減します。

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、カスタマーリレーションズ管理 (CRM) 、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。すでに世界では120カ国、21,600以上の企業で1,200万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに1,100社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に貢献しています。( http://www.sap.co.jp )

Tags: