SAPジャパン、人材アセスメント最大手2社と協業

2004年10月13 日 by SAP News 0

リクルートマネジメントソリューションズと日本SHLの人材測定ツールをSAPの人事ソリューションと統合

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤井 清孝、以下SAPジャパン)は本日、株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:釘崎 広光、以下リクルートマネジメントソリューションズ)、日本エス・エイチ・エル株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:清水 佑三、大証へラクレス市場:4327、以下日本SHL)の2社と、人材開発を支援するソリューションの提供で協業すると発表しました。オープンな統合アプリケーション・プラットフォームであるSAP NetWeaver™を介し、リクルートマネジメントソリューションズと日本SHLの提供する人材測定・評価サービスと、SAPの人事ソリューション「mySAP™ ERP Human Capital Management(以下mySAP ERP HCM)」を統合することにより、市場価値に基づく効果的な人材測定と適正配置を実現します。

厳しい経済環境が続く中、企業にとって優秀な人材の確保および育成はますます重要となっています。しかし、人材価値を可視化し最大限に活用することは容易ではありません。能力や適性を正しく測定することが困難なうえ、測定結果を人材開発やその他の人事戦略に直ちに反映する仕組みも必要となるからです。SAPジャパンは、こうした企業のニーズを踏まえ、人材開発・活用にかかわる一連のプロセスを総合的に支援することを目的として、リクルートマネジメントソリューションズ、日本SHL両社との協業を決定しました。

mySAP ERP HCMと、リクルートマネジメントソリューションズと日本SHLの提供する人材測定・評価サービスを統合することにより、企業は容易に人材の測定・評価を行うことができるうえ、測定データを追跡検証することができます。この結果、人材の総合的な開発と適正な配置を実現できます。管理職はmySAP ERP HCMの「マネージャセルフサービス:Manager Self Service(MSS)」を利用することにより、各種の測定試験に関する部下の受験状況を把握でき、受験結果に応じて適材適所を促進することができます。従業員は「従業員セルフサービス:Employee Self Service(ESS)」を利用して、リクルートマネジメントソリューションズと日本SHLの提供する全社員受験型の適性テストを受け、診断結果をオンラインで閲覧することにより、客観的な診断に沿った能力開発計画を立てることができます。

なお、 この協業の一環として、下記の通り「人材価値可視化への具体的施策」と題したセミナー(無料)を開催いたします。

日時 :10月29日(金) 15:00~17:00(開場 14:30)
会場 :SAPジャパン本社(東京都千代田区1-7-2 東京サンケイビル)
テーマ:「HRMにおけるアセスメントデータの有用性」(リクルートマネジメントソリューションズ)
     「ERPに取り込むべき適性データ」(日本SHL)
     「人材価値の可視化による人事戦略改善」(SAPジャパン)

このセミナーでは、アセスメントツールを利用することによって人材価値を可視化し、採用・配置・役職昇進といった業務に指標を導入して人事戦略の改善を支援するソリューションをご紹介いたします。詳細については、http://www.sap.co.jp/japan/company/events/view.asp?EventID=480をご覧ください。

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(旧HRR㈱)について
リクルートマネジメントソリューションズは、㈱リクルート(本社:東京都中央区、代表取締役社長:柏木斉)の人材開発事業を営むHRD事業部と、グループ会社であるHRR㈱(代表取締役社長:釘崎広光)とを統合し、本年10月1日付で設立されました。HRR㈱の提供する「SPI2」や「NMAT」等の人材・組織診断サービスおよび人事制度構築サービスと、HRD事業部の提供する教育研修サービス(いずれも法人向けサービス)とを統合的に提供し、人と組織に関する課題解決への顧客ニーズに対して一層広がりと深まりをもって応えていくことを目的とします。(http://www.recruit-ms.co.jp/)

日本エス・エイチ・エル株式会社について
世界40カ国以上に拠点をもつ人事アセスメントツールの多国籍プロバイダー、SHLグループ(英)の日本法人。日本SHLは、採用・社内選抜等に使われる各種の適性テストの販売のほか、顧客の職務別適性要件の分析にもとづく採用・配属・登用システムの設計コンサルテーションやアセスメントされた個々人に対するフィードバックカウンセリング等の自己認識支援を世界同一メニューで展開している。(http://www.shl.co.jp/)

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、カスタマーリレーションズ管理 (CRM) 、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にするさまざまなソリューションを提供しています。すでに世界では120カ国、23,400以上の企業で1,200万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに1,100社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(http://www.sap.co.jp)

Tags: ,