SAPの描くIT像を紹介する書籍2冊が出版

2004年12月27 日 by SAP News 0

「SAP コンポジットアプリケーション:成功のための次世代企業アプリケーション像」
「SAP エンタープライズサービスアーキテクチャ:変革の時代を勝ち抜く最新IT戦略」

TokyoSAPジャパン株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤井 清孝、以下SAPジャパン)は、この度、Evolved Media Network社のCTO(最高技術責任者) であるDan Woods(ダン・ウッズ)氏の著書、「SAP コンポジットアプリケーション:成功のための次世代企業アプリケーション像」と「SAP エンタープライズサービスアーキテクチャ:変革の時代を勝ち抜く最新IT戦略」の2冊が、株式会社オライリー・ジャパンより出版された、と発表しました。この2冊は、SAP社員ではなく、第三者であるウッズ氏が、SAPの提案する次世代アプリケーションや、エンタープライズ・サービス・アーキテクチャについてわかりやすく解説したものです。原書である「Packaged Composite Applications」と「Enterprise Services Architecture」は、それぞれ2003年6月と9月にO’Reilly Media, Inc.より発行されており、その翻訳版となる本書の出版に際し、SAPジャパンが監修、有限会社 福龍興行および木下哲也氏が訳をそれぞれ担当しています。

「SAP コンポジットアプリケーション:成功のための次世代企業アプリケーション像」

本書で紹介している「PCA:Packaged Composite Applications(パッケージドコンポジットアプリケーション)」は、最小のコストで現在のシステムから最大の価値を得ることを目的としています。PCAは、SAPの製品ではなく、アプリケーションを作成する方式で、それも現在企業が直面する現実に対応できるように考えだされた方式です。SAPが提案する次世代の新しいサービス概念「ESA:Enterprise Services Architecture(エンタープライズ・サービス・アーキテクチャ)」と同様、古い体制を一変させ、ビジネスを最適化することができると高く期待されています。本書はPCAの概要と重要性、そして効果的な活用方法を説くとともに、変革の時代を勝ち抜き、企業を成功に導くヒントを提案するものです。経営幹部、技術者、アナリスト、販売担当員、そしてユーザまで、すべての当事者を対象に、PCAパラダイムからエンタープライズITの統制力、PCAの構造、ビジネスシナリオ、そしてPCAの将来に至るまで、広範な内容を網羅しています。

<書籍概要>

著書名: SAP コンポジットアプリケーション:成功のための次世代企業アプリケーション像
原書名: Packaged Composite Applications
著者名: Evolved Media Network社 CTO Dan Woods(ダン・ウッズ)
監修: SAPジャパン株式会社
訳: 有限会社 福龍興行 / 木下 哲也
発行所: 株式会社オライリー・ジャパン
定価: 3,150円(税込み)
頁数: 208ページ
ご購入方法: お近くの書店にて直接ご購入ください。下記ウェブサイトでもお申し込みいただけます。
http://www.oreilly.co.jp/books/4873111900/

「SAP エンタープライズサービスアーキテクチャ:変革の時代を勝ち抜く最新IT戦略」

本書を通じて紹介されている「ESA:Enterprise Services Architecture(エンタープライズ・サービス・アーキテクチャ)」とは、変革の時代を勝ち抜くためにSAPが提案する次世代の新しいサービス概念です。ESAは、既存のアプリケーション、システムを統合して再利用するためのフレームワークであり、古い体制を一変させ、ビジネスを最適化することができると期待されています。本書の目的は、顧客企業と市場全体が現在進行中のアーキテクチャ上の変革に取り組む際の助けとなることです。ESAの概念や哲学に始まり、ビジネスケースの策定、プラットフォーム、ESAの適用、ロードマップの作成、エンタープライズバリューチェーン、ESAと社会に至るまで、企業を成功に導くESAのコンセプトの概要と重要性、そして効果的な活用方法を詳細に説明しています。

<書籍概要>

著書名: SAP エンタープライズサービスアーキテクチャ:変革の時代を勝ち抜く最新IT戦略
原書名: Enterprise Services Architecture
著者名: Evolved Media Network社 CTO Dan Woods(ダン・ウッズ)
監修: SAPジャパン株式会社
訳: 有限会社 福龍興行 / 木下 哲也
発行所: 株式会社オライリー・ジャパン
定価: 3,150円(税込み)
頁数: 224ページ
ご購入方法: お近くの書店にて直接ご購入いただくか、下記ウェブサイトでもお申し込みいただけます。
http://www.oreilly.co.jp/books/4873111897/

<著者プロフィール>
Dan Woods(ダン・ウッズ):ミシガン大学でコンピュータ科学の学士号、コロンビア大学院でジャーナリズムの修士号を取得。現在は、Time社からドットコム企業まで、さまざまな規模の会社に対して技術を提供するEvolved Media Network社のCTO。Webサイト、出版業界向け/金融サービス業界向けに設計されたソフトウェア製品について、初期の開発要件から販売に至るまで開発サイクル全般を管理している。著書に『SAP NetWeaver For Dummies』、『The Developer’s Guide to the Java Web Server』など。ほかに技術文書、雑誌の記事執筆多数。

SAP関連書籍の詳細については下記URLをご参照ください。
http://www.sap.co.jp//company/book/index.asp

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、カスタマーリレーションズ管理 (CRM) 、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。すでに世界では120カ国、24,450以上の企業で1,200万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに1,100社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に貢献しています。( http://www.sap.co.jp )

Tags: