SAPジャパン、SAP NetWeaver 2004認定試験11種を提供開始

2005年3月23 日 by SAP News 0

SAP NetWeaverコンサルタントの教育プランを提案

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区大手町、代表取締役社長:藤井 清孝、以下SAPジャパン)は、オープンな統合アプリケーション・プラットフォームであるSAP NetWeaver 2004のコンサルタント資格取得を目的とする、認定試験11種類の提供を開始すると発表しました。

SAP NetWeaver 2004は、mySAP ERPをはじめとするすべてのSAPソリューションの情報基盤として昨年より出荷されており、SAP Enterprise Service Architecture(エスエイピー・エンタープライズ・サービス・アーキテクチャ)実現のための統合アプリケーション・プラットフォームとして幅広い機能を有しています。

SAPはこれまで、テクノロジ分野においてSAP独自のプログラミング言語であるABAPおよびABAPプログラム実行環境に関するシステム管理の2種の認定試験と、ビジネス・インテリジェンス製品であるSAP Business Intelligence(エスエイピー・ビジネス・インテリジェンス)の認定試験の計3種の認定試験を提供してきました。今回、これらに加え、SAP NetWeaverのコンポーネントであるSAP Enterprise Portal(エスエイピー・エンタープライズ・ポータル)、SAP Exchange Infrastructure(エスエイピー・エクスチェンジ・インフラストラクチャ)、そしてSAP Web Application Server(エスエイピー・ウェブ・アプリケーション・サーバ)により利用可能となったJavaの分野でも、それぞれシステム管理および開発の認定試験が用意されました。この結果、SAP NetWeaver関連の認定試験がさらに11種類拡充されます(デルタ試験*1を含む)。
*1:デルタ試験とは先行するリリースで既に認定資格をお持ちの方が、資格を最新版にアップグレードするための差分の認定試験です。

新認定試験の種類と提供開始日は以下の通りです。
詳細については、http://www.sap.co.jp/japan/education/news/cert.asp#0222をご覧ください。

コード コース名 開始日
SAPテクノロジコンサルタント  
CEP50
CBIT51
CDMD5D
CDMD5O
CDMD5S
CADMBO
Cert.SAP EP&KMC Technology (NW04)
Cert.SAP XI3.0 Technology (NW04)
Cert.SAP WebAS6.40 Administration – DB2 UDB Delta (NW04)
Cert.SAP WebAS6.40 Administration – Oracle Delta (NW04)
Cert.SAP WebAS6.40 Administration – MS SQL Server Delta (NW04)
Cert.SAP BW 3.5 Technology (NW04) 
3/26(本社、西日本)
3/26(本社、西日本)
4/23(本社、西日本)
4/23(本社、西日本)
4/23(本社、西日本)
4/23(本社、西日本)
SAPデベロップメントコンサルタント  
CJA320
CEPD20
CBIT44 
Cert.SAP WebAS6.40 Develop. Java (NW04)
Cert.SAP EP Development (NW04)
Cert.SAP XI 3.0 Development (NW04)

3/26(本社、西日本)
3/26(本社、西日本)
3/26(本社、西日本) 
SAPソリューションコンサルタント  
CBW45
CDBW45 
Cert.SAP BW 3.5 Solution (NW04)
Cert.SAP BW 3.5 Delta (NW04) 
3/26(本社、西日本)
3/26(本社、西日本)

SAPジャパンはまた、受験の前提となる各認定試験の範囲を網羅したトレーニングコースについて、すでに提供を開始しています。

SAPは、SAP NetWeaverのコンポーネントごとにシステム管理および開発の認定コンサルタント制度(テクノロジコンサルタント、デベロップメントコンサルタント)を導入することにより、各コンポーネントの専門コンサルタントの育成を促進します。また、SAPでは、適切なトレーニングコースと認定試験を提供することにより、パートナー各社に対してトレーニングの経路を明示し、拡大するSAP NetWeaverコンサルタント育成ニーズに応えます。

なお、これまでアプリケーション分野に分類されていたSAP Business Intelligence (SAP BW) は、従来からの導入コンサルタント(ソリューションコンサルタント)認定に、システム管理者認定が加わり、今後はSAP NetWeaver認定の一部として取り扱われます。このため、SAP Business Intelligence (SAP BW) ソリューションコンサルタント認定資格は、会計管理・ロジスティクス・人事管理などの分野のアプリケーション系導入コンサルタントにとっても、次に目指すべき最適の資格となります。

SAPジャパンでは、社内外において年内に延べ2,500人のSAP NetWeaver認定資格者の育成を目指しています。

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、カスタマーリレーションズ管理 (CRM) 、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にするさまざまなソリューションを提供しています。すでに世界では120カ国、26,150以上の企業で1,200万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに1,300社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(http://www.sap.co.jp )

Tags: ,