SAPジャパン、サービス指向アーキテクチャへの移行を支援

2005年5月18 日 by SAP News 0

ビジネスへの即応性を実現するESAアダプションプログラムの提供を開始
顧客企業ごとの段階的なアプローチでビジネスとIT戦略の統合を高める

TokyoSAPジャパン株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長:藤井 清孝、以下SAPジャパン)は、本日、SAPが提唱するサービス指向のアーキテクチャ「Enterprise Services Architecture(エンタープライズ・サービス・アーキテクチャ)、以下ESA」を日本市場ですすめるにあたり、新たに専任組織を設立し、「ESA Adoption Program(以下、ESAアダプションプログラム)」の提供を開始します。

今日、企業は急速に変化し機敏な対応が要求されるビジネス環境において、継続的な事業プロセスの変化と変革を支援する柔軟なITインフラストラクチャの実装という課題に直面しています。SAPは2003年に初めてサービス指向アーキテクチャであるESAを発表し、ITインフラの構成要素同士の独立性を高めると同時に、構成要素同士をシームレスに連携可能にするというSAPのビジョン、かつ製品の開発思想を明確にしました。ESAは、企業が必要としている「ビジネスとITとの統合」、「高い柔軟性と生産性」、および「他社との差別化」を実現する役目を担い、SAPは、ESAを実現するためのサービスを基盤とした企業規模のソリューションと柔軟性の高いITインフラストラクチャを提供します。

「ESAアダプションプログラム」は、顧客企業がビジネスニーズの変化と市場からの要求へ容易に対応できるよう、ESAに基づいたIT環境を実現するために顧客企業が重要視している戦略に従って、「企業システム全体を、ESA化へ移行していくためのロードマップ」を顧客視点から提供するものです。

また、「ESAアダプションプログラム」は、様式化された段階的なアプローチによって、顧客企業における既存システムの生産性を維持した上で、個別のニーズに基づいたESA化への戦略的な移行を支援します。これにより、顧客企業はIT環境全般の発展的移行に関する青写真を得ることができます。

SAPジャパンは、各段階において各企業の個別ニーズに対応可能な各種ツール、ワークショップ等で構成されたプログラムを提供します。同プログラムには、ESA を理解するためのワークショップ、経営戦略とIT戦略の同期をとるためのワークショップ、ESA化へ移行していくためのロードマップを描くためのワークショップ、が含まれています。これらのワークショップを通し、ESAについての理解を促進するとともに、IT戦略と経営戦略の同期をとりながら、TCOを算出し、ひいては顧客企業のIT環境を強化することを目指します。体系化の進んだサービス群を提供する「ESAアダプションプログラム」は、大規模なシステムインテグレータ(以下SI)が提供する既存のコンサルティングサービスを補完し、ITロードマップの構築時間を短縮します。規模の小さいSIでは、ITコンサルティング戦略や長期プロジェクトの立案など、価値の高いサービス群の提供力が強化されます。「ESAアダプションプログラム」により、企業はサービス指向アーキテクチャに特有な柔軟性の活用が可能になります。SAPは、ビジネスプロセスの変化に迅速に対応するとともに、ビジネスの差別化を最大化するIT環境の構築支援を継続的に行っていきます。

SAPジャパンは、SAP既存顧客企業を対象として、2005年末までに30社以上での「ESAアダプションプログラム」の採用を見込んでいます。

「SAPPHIRE ’05」まもなく開催
「企業が変わる。挑戦が始まる。 – 経営とITの融合で企業の成長が見えてくる。 -」をテーマに、SAPのあらゆる最新情報を提供する総合イベント「SAPPHIRE ’05」が、7月7~8日に東京国際フォーラムにて開催されます。当日は、SAP AGの会長兼CEO ヘニング・カガーマンを始めとするSAPの経営陣による基調講演、経営コンサルタント/UCLA教授大前研一氏やコカ・コーラ ナショナルビバレッジ株式会社 代表取締役社長ギー・ウォラート氏など業界の著名人による特別講演と170以上のセッション、展示会が予定されています。今年のSAPPHIREでは、SAPが提唱するアーキテクチャ「エンタープライズ・サービス・アーキテクチャ」(ESA)に関連した新たなソリューションのご紹介や具体的な導入事例、ESA活用のための新提案など、ESAの導入を実現するためのより具体的な内容や、近年ますます需要が増加している、中堅・中小市場向けの最新ソリューションなどもご紹介します。事前登録や開催概要については、下記をご参照ください。
(http://www.sap.com/japan/sapphire/)

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、カスタマーリレーションズ管理 (CRM) 、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にするさまざまなソリューションを提供しています。すでに世界では120カ国、27,000以上の企業で1,200万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに1,300社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(http://www.sap.com/japan)

Tags: