SAPジャパンとIDS シェアー・ジャパン、ビジネス・プロセス・マネジメントの提供における協業を強化

2005年7月4 日 by SAP News 0

SAPが提唱するサービス指向型アーキテクチャ「ESA」に準じ、「SAP NetWeaver」を介しSAPのビジネス・シナリオおよびプロセス実装機能と「ARIS for SAP NetWeaver」のプロセス・モデリングを組み合わせたBPMが実現

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長:藤井 清孝、以下 SAPジャパン)と、IDSシェアー・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:力 正俊、以下IDSシェアー)は、従来からの協業関係を強化し、日本国内にて包括的なビジネス・プロセス・マネジメント(BPM)ソリューションの提供を行います。本協業により、SAPが提唱するサービス指向型アーキテクチャ「ESA(エンタープライズ・サービス・アーキテクチャ)」に準じ、「SAP NetWeaver」*1を介し、SAPのビジネス・シナリオおよびプロセス実装機能とプロセス・モデリングを実現する「ARIS for SAP NetWeaver」*2を組み合わせたBPMが可能になります。シナリオとシステムを柔軟に連携させることが可能になるため、顧客企業において、1)変化対応能力やシステムの柔軟性が高く、さらに、2)システム構築スピードの高いBPM環境の構築が可能になります。

また、本協業強化を機に、SAPジャパンは、IDSシェアーの「ARIS for SAP NetWeaver」をはじめとする製品の再販を、そしてIDSシェアーは、SAPの「mySAP Business Suite」をはじめとする製品の再販を開始します。両社製品の販売とサポートのチャネルを広げることで、経営環境の変化にあわせて迅速にビジネス・プロセスを変更し、システム上にそのプロセスを反映させたいという顧客企業の要望に応えます。

急速に経営環境やビジネス環境が変化する昨今、変化に対して迅速な対応を求める企業間でBPMに対する関心が高まっています。BPMは、1) 現状の分析、2) ビジネス・プロセスの設計、3) ビジネス・プロセスの実装に必要なサービスを選択・追加開発、4) 複合ビジネス・プロセスを生成し、さらに、5) ユーザ・インターフェースと非定型プロセスの追加、までの流れを継続的に行うことにより、ビジネス・プロセスの改善を支援するシステムです。この包括的なBPMを効果的に実現するためには、多数のビジネス・シナリオとシステムを柔軟に連携させることで迅速に実装する統合されたソリューションが必要とされています。こうしたニーズを背景に、両社は、SAPが提供するビジネス・シナリオを基に、「ARIS for SAP NetWeaver」でSAPのビジネス・シナリオを各企業に合わせて拡張したビジネス・プロセスのモデリングを行い、さらに、「SAP NetWeaver」でプロセスの実装を行うことにより、ビジネス・プロセス主導のシステム構築を行う、といった包括的なBPMを提供します。これにより両社は、サービス指向型アーキテクチャ(SOA)をベースに、アプリケーションサービスを柔軟に組み合わせてビジネス・プロセスの改善・改革を進めるためにSAPジャパンが提唱する 「ESA」の推進を強化します。

具体的には、SAPのビジネス・シナリオをもとに、「ARIS for SAP NetWeaver」で追加や変更を加えたビジネス・プロセスを描き、SAPアプリケーションおよび他のアプリケーションのどの機能を利用するかを選択することで、同アプリケーションを導入するための要件設計を行います。さらに、「ARIS for SAP NetWeaver」で設計されたビジネス・プロセス・モデルを、「SAP NetWeaver」の構成要素である「SAP Solution Manager」や「SAP Exchange Infrastructure(SAP XI)」により、SAPアプリケーション内、ならびにSAP以外のアプリケーション間の実行プロセスとして実装することが可能になります。その実装されたシステムを「SAP XI」の監視ツールや「SAP Business Intelligence」などで監視、分析し、「ARIS for SAP NetWeaver」で再モデリングすることにより、ビジネス・プロセスのライフサイクル全体を包括するBPMソリューションが実現されます。これらの連携は、2006年には「SAP NetWeaver」を基盤とした単一の開発ユーザ・インターフェースとモデル・プロセス・リポジトリとして統合される予定です。

今後、SAPジャパンとIDS シェアーは共同で、パートナー企業の支援・拡充などを推進するとともに、セミナー開催をはじめとしたプロモーション活動を行い、両社製品を組み合わせたシステム構築の拡販を目指します。両社は、新規大手企業を中心に拡販を図る予定です。

*1「SAP NetWeaver」は、SAPが提供する統合アプリケーション・プラットフォームです
*2「ARIS for SAP NetWeaver」は、「ARIS Toolset for SAP NetWeaver」、「ARIS Easy Design for SAP NetWeaver」、「ARIS Web Designer for SAP NetWeaver」の3製品の総称です。
*「ARIS (ARchitecture of Integrated Information Systems)」は、ビジネス・プロセスを経営階層的/体系的にモデリング(可視化)し、分析、設計、最適化することによって経営戦略を反映したITシステムを実現するIDSシェアーの
BPMツールです。
* SAPジャパンによるARIS再販対象製品:
ARIS Toolset for SAP NetWeaver/ARIS Easy Design for SAP NetWeaver/ARIS Web Designer for SAP NetWeaver/ARIS Business Server/ARIS Web Publisher
* IDSシェアー・ジャパンによるSAP再販対象製品:
mySAP Business Suiteをはじめとする全SAP製品

SAP NetWeaverについて

SAP NetWeaverは、SAPが提供する統合アプリケーション・プラットフォームです。組織や技術の境界線を越えて、人/情報/ビジネス・プロセスの統合と連係を促進し、総所有コスト(TCO)の削減を支援します。SAP NetWeaverは、完全にオープンで、Microsoft .NETやIBM WebSphereなど他のプラットフォームとの相互運用性を確保しています。SAP NetWeaverは、mySAP Business SuiteおよびSAP xAppsパッケージ型複合アプリケーションの技術基盤で、今日の適応型企業向けにミッションクリティカルなビジネス・プロセスを実現できるよう、最大限の信頼性、セキュリティ、拡張性を確保しています。

ARISについて

ARISは、継続的なビジネス・プロセス最適化の観点から企業の経営改革・業務改革を強力にバックアップする方法論であり、かつ、BPMソフトウェアです。ARISにより、ビジネス・プロセスを経営階層的/体系的にモデル化(可視化)し、分析、設計、最適化することによって経営戦略を反映した業務、ITシステムを実現します。さらにARISは、そのITシステムをモニタリングすることにより、現実のビジネス・プロセスを評価分析することが可能となり、次への改革・改善へとつなげることができます。ARIS 製品は既に 4,500(世界 50 カ国以上)以上の企業に採用されています。

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向け

ビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、カスタマーリレーションズ管理 (CRM) 、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にするさまざまなソリューションを提供しています。すでに世界では120カ国、27,000以上の企業で1,200万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネス・プロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに1,300社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。
SAPジャパンのサイトは、こちらをご覧ください。

IDSシェアー社について(www.ids-scheer.co.jp)

IDS Scheer AG は、 Prof. アウグスト・ヴィルヘルム・シェアー博士 によって、1984年にドイツにて創設され、今日では、ハイエンドのビジネス・プロセス・モデリングツール分野でのリーディングカンパニーとして、ビジネス・プロセス・エンジニアリングに焦点をおいた製品、サービス、コンサルティングを提供しています。 IDS Scheer AG は、包括的なビジネス・プロセス・マネジメントを実現するために、業務モデル化のための手法(メソッド)、ツール、モデル、アプリケーションを統合したコンセプト“ARIS House of Business Engineering”を開発しました。すべての製品およびサービスは、このコンセプトを生み出した統合情報システムアーキテクチャ(ARIS:ARchitecture of Integrated Information Systems)に基づいており、このプロセス・モデリングを記述するソフトウェアツール“ARIS Process Platform”を開発、販売しています。また、SAP AGのグローバルサービスパートナー13社のうちの1社であり、欧米を始めとするSAP製品導入コンサルティングに幅広い実績があります。現在、従業員数は約2,300人、約4,500社の顧客を有し、世界50ヶ国に支社またはパートナー企業があります。2004年度の売上高は2億8,000万ユーロ(約389億円)です。1999年5月フランクフルト株式市場に上場。IDSシェアー・ジャパン(www.ids-scheer.co.jp)はその日本法人です。

Tags: ,