SAPジャパン、医療機関向けテンプレートを提供開始会計分野に特化

2005年7月12 日 by SAP News 0

(クレスコ・イー・ソリューション、キヤノンシステムソリューションズと共同開発)

TokyoSAPジャパン株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長:藤井 清孝、以下SAPジャパン)は、本日より、医療機関向けの会計ソリューション・テンプレート(ひな型)である「医療機関向けテンプレート」を提供開始します。

本「医療機関向けテンプレート」はSAPジャパンが長野県厚生連様や聖隷福祉事業団様のプロジェクトを通して培った医療業界向けノウハウ、特に財務会計と管理会計(予算管理)に特化し、保険未収金処理や施設間取引といった医療機関特有処理に対応します。

テンプレートは、具体的な業務にすぐに適応できるよう、医療機関でのプロジェクトに必要なパラメータ設定済みのシナリオ、ドキュメントと医療機関で多用されるサンプルプログラムで構成されており、従来に比べ非常に短期間で医療機関特有の会計要件の業務要件整理とパラメータ設定が実現されます。このテンプレートを採用することにより、プロジェクト期間を従来に比べおよそ3分の1に短縮します。

当テンプレートには以下が含まれています:
1. 短期導入をサポートするパラメータ設定済みのシナリオ(病院会計準則に対応した勘定コード体系、施設間取引)
2. 業務プロセスフロー、業務要件定義書といった資料
3. 病院の会計業務プロセスのノウハウに基づいたパートナー企業へのコンサルティングサービス
4. 医療機関でニーズが高いプログラムのサンプル

SAPジャパンは当テンプレートを無償で既存または導入を検討している医療機関のお客様に配布し、同テンプレートを使用したコンサルティングサービスを行います。また、協業パートナー企業が、同テンプレートに含まれるソリューションと資料を使用して、医療機関へのSAP導入を行うことも可能です。協業パートナー企業が同テンプレートを使用する際はSAPコンサルタントが医療業界特有の要件とテンプレートの使用方法についてコンサルティングするサービスも行います(コンサルティング費用は別途見積)。

SAPジャパンは現在、医療業界への取り組みを強化しており、業種別ソリューション「SAP for Healthcare(病院/医療機関向けソリューション)」を展開しています。今後はさらに医療業界における病院情報システムとの統合、SPD(Supply Processing and Distribution:医療機関向け購買・物流システム)に関しても注力していきます。

今回の「医療機関向けテンプレート」の開発に関しては、SAPジャパン、クレスコ・イー・ソリューション株式会社、キヤノンシステムソリューションズ株式会社が共同で行いました。SAPジャパンは医療業界へのSAP導入をパートナーとの協業によりさらに促進させていきます。

また、同テンプレートは先ごろ発表した「SAP Best Practices(SAPベストプラクティス)」への統合を視野にいれさらに精度を向上させていく予定となっています。

SAP for Healthcare(病院/医療機関向けソリューション)について
SAP for Healthcareは、mySAP Business Suiteのソリューション群と病院/医療業界に必要とされる特有な機能を兼ね備えた、業種別ソリューションです。激しい競争と政府の規制、コスト管理、質の高い患者ケアの必要性など、さまざまな課題に直面する病院/医療業界の組織を支援します。世界40カ国以上の1,000を超す病院で利用されているSAP for Healthcareは、あらゆる経営管理プロセスおよび診療プロセスを網羅するエンド・ツー・エンドのソリューションで、患者向けサービスの強化、戦略的意思決定および収益性の向上を可能とします。SAP for Healthcareは、統合アプリケーションプラットフォームSAP NetWeaverのオープンなアーキテクチャを基盤としており、組織における人材、情報、設備の効果的な管理を実現します。SAP for Healthcareに関する詳細については、こちらをご覧ください

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、カスタマーリレーションズ管理 (CRM) 、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にするさまざまなソリューションを提供しています。すでに世界では120カ国、27,000以上の企業で1,200万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに1,300社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(http://www.sap.com/japan)

Tags: ,