SAPジャパン、ESAの浸透に向け、開発者支援とソフトウェアベンダー向けプログラムを強化

2005年10月6 日 by SAP News 0

SAP NetWeaver上で稼動するアプリケーションを認定するプログラムを強化
開発者向けコミュニティ「SAP Developer Network」、「Certified for SAP NetWeaver」の展開に加え、「Powered by SAP NetWeaver」を展開

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区大手町、代表取締役社長:ロバート・エンスリン、以下SAPジャパン)は、ビジネス主導のサービス指向アーキテクチャ「ESA(エンタープライズ・サービス・アーキテクチャ)」の日本市場での確実な浸透を実現するため、プラットフォーム・エコシステムを強化することを発表します。

SAPがESAを提唱して以降、プラットフォームはアプリケーションが動作するOSおよびDBという定義から、差別化されたビジネスプロセスを素早く実装する環境というものに変わってきています。このような変化に伴い、従来の、アプリケーションを導入するパートナーを中心とした協業ビジネスモデルに加え、SAPプラットフォーム上にソリューションを開発し展開するという新たな協業モデルの重要性が増しています。

SAPジャパンでは、本年7月に開発者・コンサルタント・システム管理者向けコミュニティサイト「SAP Developer Network(SDN)」を開始、さらに、既存のインタフェース認定プログラム「Certified for SAP NetWeaver」を継続しながら、プラットフォーム協業プログラム「Powered by SAP NetWeaver」を強化し、ESAを実現するためのエコシステムの構築を目指します。これにより、エコシステム全体の「共通課題」として企業におけるビジネスプロセスのさらなる改善に取り組み、顧客にとってより価値のあるソリューションを提供していきます。

開発者向けのコミュニティサイト、SAP Developer Networkの日本版を開始

SAPジャパンは、2005年7月より開発者・コンサルタント・システム管理者などを対象としたオンラインコミュニティサイト、「SAP Developer Network (SDN) :http://www.sdn.sap.com/sdn/japan.sdn」の日本版を開始しました。SDNは、SAP NetWeaverがプラットフォームを問わないように、Java、.Net、SAP独自の開発言語であるABAPなど、多くの技術者に開かれています。SDN の会員は、基本的には無料で、1) SAP NetWeaver テクノロジープラットフォームおよび SAPコンポジットアプリケーションを中心に、SAP製品の最新かつ詳細な技術情報を取得・共有、2) 開発ツール、そして、eラーニング教材(チュートリアル)、サンプルプログラムや評価版に代表されるリソースへのアクセス、さらに、3) フォーラム、ブログを介して、SAPの製品担当者との対話、開発者同士の情報交換などが可能になります。日本での登録者の数は9月時点で3,000名を超え、現在も増加しており、2006年末までに20,000人になると見込まれています。SDNを通して、SAP製品の開発に参加する際の敷居を低くし、新たなアプリケーション開発を迅速に展開します。
※現在、180日利用可能なSAP NetWeaverコンポーネントの評価版をダウンロードできます。

SAPとの新たな協業を可能にするパートナー協業プログラム「Powered by SAP NetWeaver」

SAPジャパンは、2005年10月よりソフトウェアベンダーを対象とした協業プログラム「Powered by SAP NetWeaver」を日本市場向けに強化していきます。このプログラムは、パートナー製品がSAP NetWeaver上で稼動することを認定するものであり、J2EEや.Netアプリケーションなど広範囲なソフトウェアに対してオープンになっています。このプログラムにおいて、SAPジャパンは、ソフトウェアベンダーに対して、認定取得を促進するための技術支援を行い、SAPのプラットフォーム上での稼動が確認された製品に対しての認定を行います。さらに、認定ベンダー・製品に対し、「Powered by SAP NetWeaver」ブランドによる様々なマーケティングの機会などを提供します。SAPジャパンでは、認定社数を2006年末までに100社以上に拡大していく計画です。尚、SAPの製品とパートナー製品間のインタフェースとなる製品(SAP独自規格(ALE, IDOC・・・)による1:1のデータ連携)に対しての認定を行う「Certified for NetWeaver」は従来どおり継続します。

なお、現在日本においては、以下のベンダーおよび製品が「Powered by SAP NetWeaver」認定を取得しています。(2005年10月6日時点)

・アイウェイ・ソフトウェア日本支社(株式会社アシスト)
Adapter for HL7 by iWay (SAP XI)/Adapter for Corba by iWay (SAP XI) /
Adapter for JDEOneWorld by iWay (SAP XI)/Adapter for Baan by iWay (SAP XI)
Adapter for Telnet 3270 by iWay (SAP XI)/Adapter for AS1 by iWay (SAP XI)
Adapter for JDE World by iWay (SAP XI)/Adapter for SWIFT by iWay (SAP XI)
Adapter for Telnet 5250 by iWay (SAP XI)/Adapter for Transora by iWay (SAP XI)
Adapter for UCCnet by iWay (SAP XI)/Adapter for Peoplesoft by iWay (SAP XI)
Adapter for Siebel by iWay (SAP XI)/Adapter for OracleApps by iWay (SAP XI)
Adapter for Tibco by iWay (SAP XI)/Adapter for IMS by iWay (SAP XI)
Adapter for MfgPro by iWay (SAP XI)/Adapter for CICS by iWay (SAP XI)
Adapter for AS2 by iWay (SAP XI)
・アクチュエイトジャパン株式会社
Actuate 8
・アプリソ・ジャパン株式会社
FlexNet
・Wipro Japan株式会社
Flow-briX
・ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
SVF Enterprise Printing Solution 7.0
・株式会社 SLジャパン
SL-GMS Enterprise RTView
・オープンテキスト株式会社 (旧イキソスソフトウェア株式会社)
Livelink Doculink for SAP Solutions
・サン・マイクロシステムズ株式会社
Sun Java™ System Identity Manager
・セキュラック日本支社
エイサータス アセスメント/エイサータス ガバナンス
・日本NCR株式会社 テラデータ事業本部
Teradata Application Platform (1.1.3.)
・日本オプロ株式会社
OPRO X Server Professional Edition
・日本ビジネスオブジェクツ株式会社
BusinessObjects Web Intelligence
・ハイペリオン株式会社
Hyperion Analyzer
・BMCソフトウェア株式会社
PATROL for SAP Solutions
・株式会社プリズム
JointBase
・マーキュリー・インタラクティブ・ジャパン株式会社
Mercury Quality Center™

「Powered by SAP NetWeaver」については、こちらもご参照下さい。

ソフトウェアベンダー向けにエンタープライズ サービス フォーラムを開催
SAPジャパンは、10月25日に東京都千代田区大手町 東京サンケイビル31F SAPジャパン「Pacific」で、日本で初めてのSAPエンタープライズ・サービス・フォーラムを開催します。SAP NetWeaverをオープン・プラットフォームとして発展させていくために、ソフトウェアベンダー各社に対し、SAP ESAの重要性・方向性およびESAへの参画方法、「Powered by SAP NetWeaver」プログラムについての戦略、そして、参加者の方々が享受可能なメリット等をご紹介します。SAPエンタープライズ・サービス・フォーラムについての詳細は、こちらの「イベント」の項目をご覧ください。

SAP TechEd ’05 東京でのソフトウェアベンダーとの協業
10月26日および27日に開催を予定している開発者向けイベント「SAP TechED ‘05」で、「Powered by SAP NetWeaver」認定製品を持つソフトウェアベンダー各社との共同マーケティングなどを企画しています。まずは、新たに「Powered by SAP NetWeaver」「SDN」ブースを設け、これら新しいパートナープログラムおよびいち早くプログラムに参加されたパートナー企業の製品を紹介します。SAP TechEd ’05についての詳細は、こちらをご覧ください。

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、カスタマーリレーションズ管理 (CRM) 、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。すでに世界では120カ国、28,200以上の企業で1,200万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに1,300社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に貢献しています。
SAPジャパンのサイトは、こちらをご覧ください。

Tags: ,