SAPジャパン ビジネス価値の訴求に注力

2005年12月13 日 by SAP News 0

米国にて売上に貢献した戦略(バリュー・エンジニアリング)を日本でも展開

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区大手町、代表取締役社長:ロバート・エンスリン、以下SAPジャパン)は、2006年1月より、日本において「Value Engineering(バリュー・エンジニアリング)本部、以下VE本部」を本格的に展開します。これにより、SAPジャパンは、SAP製品の導入を検討している企業に、顧客企業の経営者の視点にたって、在庫削減、購買費削減、リードタイム短縮、開発コスト削減、意思決定スピード向上など、経営に直結する効果(ビジネスバリュー)を明確にし、提案力を強化します。

ロバート・エンスリンが本年8月にSAPジャパンの代表取締役社長に就任した際、「顧客価値の向上」を戦略目標の1つに挙げていました。顧客に対するサービスを一層強化するにあたり、SAPジャパンは、VE本部に米国での成功戦略を反映させ、SAP製品を導入するにあたっての「効果」を明確にしながら、顧客企業での導入プロジェクトを支援します。

VE本部の活動は「顧客のビジネスバリュー創造」という観点で、主に以下の段階でサービスを提供します。

1)プロジェクトの企画段階で、プロジェクトの結果としてどの程度の効果(ビジネスバリュー)が創造可能かを算出し、プロジェクトの推進をサポートします。
2)プロジェクト後に、予定された効果と実際の効果を比較評価し、さらなる効果の創造をサポートします。

上記の段階において実施するサービス内容は以下の2点です。
1.SAPバリュー・アセスメント・サービス:
従来の導入実績(アメリカの実績に基づいたものと日本の導入プロジェクトに基づいた経験値)や、SAPの業界分析、顧客調査(ハイレベルなインタビュー)によって、どの程度の効果が得られるかを試算します。それにより、顧客企業の経営層がITへの投資を決定するために必要な情報を提供します。
2.SAPベンチマーキング・プログラム:
顧客企業の各業務プロセスを他社のものと比較しながら業界におけるポジショニングを把握するとともに、他社に比べて改善が必要で、自社の改革エリアとなるべきところを特定し、顧客企業用に作成した独自の分析レポートを提供します。導入プロジェクトの前後にこのベンチマーキング・プログラムを行うことにより、顧客企業はプロジェクトの効果測定もすることが可能になります。このプログラムはWebベースのRating(アンケート)方式で、プロセス毎における人材/コスト/組織/ITついての定量的なデータ収集と定性的な調査を行います。

期間:短期間(1週間から1ヶ月程度)

価格:無料

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、カスタマーリレーションズ管理 (CRM) 、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にするさまざまなソリューションを提供しています。すでに世界では120カ国、29,800以上の企業で1,200万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに1,300社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(http://www.sap.com/japan)

Tags: