SAPジャパン、2006年度の新戦略を発表顧客価値の更なる向上、パートナーとの協業強化に注力

2006年1月30 日 by SAP News 0

~2005年度の好調な業績をバネに、更なるビジネスの拡大を~

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区大手町、代表取締役社長:ロバート・エンスリン、以下SAPジャパン)は、2005年度通年の好調な業績結果を受け、2006年1月からの新会計年度の開始に伴い、主要戦略の概要および組織改革を発表します。

SAPジャパンの2005年度におけるソフトウェア関連の売上は前年比8%増、通年の総売上は前年比7%増となりました。(固定為替レート) 2005年は日本経済が着実に回復基調に転じ、企業の経営者がIT投資に積極的な姿勢を見せ始めたこと、また、市場の変化に対応した諸施策が功を奏し、売上増につながったとみています。
SAPジャパンでは、2005年度に達成した実績を基盤にさらなる飛躍を目指し、以下の中長期的目標と2006年度の注力点を掲げました。

2010年までの中長期的目標:
1)大規模な自社開発システムに代わる「業界標準」のビジネス・アプリケーションのリーディング・ベンダーへ
2)パッケージ・ソフトの活用度が比較的低い金融、公共、小売、3つの業種における、最大のソフトウェアライセンス提供ベンダーへ
3)中堅市場向けに、業界をリードする付加価値の高いパートナービジネスを日本で確立し、全ての業種・地域に対してビジネス範囲を拡大、パートナーと共に成長
4)標準的なESA(Enterprise Service Architecture )プラットフォームとして、SAP BPP (Business Process Platform)を確立するとともに、ISVコミュニティを立ち上げ、広範囲の業種・業務に対し、付加価値の高いソリューションを提供

2006年度の注力点:
1)顧客価値の向上
バリュー・エンジニアリング (VE) の充実によるビジネス価値提供
カスタマー・バリュー・オフィスの設立
顧客企業の経営層とより密接な対話を実現するための”Let’s Talkキャンペーン”の実施
2)パートナーと共に成長する戦略の確立
製品、技術、サービス、チャネル全てのパートナーと協業し、Win-Win関係を構築
SDN(SAP Developer Network)やPBN(Powered by SAP NetWeaver)等の支援
各パートナーとの共同戦略立案
3)人材の最大活用とさらなる能力開発
主要経営幹部や従業員の積極的な雇用および登用
人材管理の充実およびマネジメント層を対象としたトレーニングの実施
能力・業績に応じた高水準の報酬および評価
社内における双方向コミュニケーションの確立
4)技術革新 – ESAがIT産業を刷新-
経営課題に対応した的確なソリューションを、プラットフォームをベースとし、高い顧客価値として提供
プラットフォームを基盤としてモジュール化されたアプリケーションの提供により、ビジネスのスピード化、高品質化、コスト削減を実現

2006年度の市場戦略においては、目標達成を目指し、全社一丸となって顧客価値の創造を実践していくために、組織改革を実施します。

組織改革のポイント:
1) 営業統括本部内において、顧客満足度の向上を目指し、よりセグメント化した各営業本部の確立
地域営業本部(中堅・中小企業向け営業部門)の設立
主要業種向け営業部門の確立
・ 製造営業本部
・ ハイテク産業営業本部
・ 流通・サービス産業営業本部
・ プロセス産業営業本部
・ ストラテジック・インダストリー営業本部(金融、公共)
ストラテジックソリューション事業本部(HCM、CRMを提供)の強化
VE本部の拡充と活動内容強化
2) マーケティング、アライアンス、ソリューション、コンサルティング、バリュー・エンジニアリング、サポート、セールスオペレーション等全ての部門に営業本部を支える担当を設置
3) ESAの訴求と展開を遂行する専任組織としての「ESA Office」の新設

2006年度の執行統括メンバー:
代表取締役社長 President & CEO ロバート・エンスリン
代表取締役副社長 COO & CFO 藤原 浩
副社長、営業統括本部長 内田 久
バイスプレジデント ソリューション&マーケティング統括本部長 玉木 一郎
バイスプレジデント アライアンス本部長 有延 敬三
バイスプレジデント 人事本部長 山宮 脩
バイスプレジデント 経営企画室長 ジョナサン・ベスト
バイスプレジデント サポート事業本部担当 ミヒャエル・バナート

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、カスタマーリレーションズ管理 (CRM) 、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にするさまざまなソリューションを提供しています。すでに世界では120カ国、32,000以上の企業で利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに1,300社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(http://www.sap.com/japan)

Tags: