【参考資料】SAP 、Virsaを買収し、コンプライアンス・ソリューションにおけるリーダーシップを強化

2006年4月6 日 by SAP News 0

コンプライアンスおよびリスクマネジメント関連製品を拡充し顧客への価値向上を実現
(本リリースは、4月3日に弊社独本社から発表されたものを和訳したものです)

Tokyo【ラスベガス発】 – SAP AG (NYSE: SAP)は、企業間のコンプライアンス・ソリューションを提供する株式非公開企業の「Virsa Systems(ヴァーサ・システムズ)、以下Virsa」の買収を発表しました。今回の買収は、コンプライアンスおよびリスクマネジメントなどの課題に対応を迫られている企業を支援する上で、エンタープライズ・システムの役割が重要度を増していることを考慮して実施されました。このたびの買収で、様々なIT環境に対応した強力なコンプライアンス・ソリューションが提供されるようになるので、リスクおよびコストの削減と、さらには業務管理の向上につながり、世界各国の顧客企業に対するSAPソリューションの価値を強化していきます。

Virsaは1996年に設立された企業で、各主要産業分野における300社以上もの顧客企業の大半がグローバルレベルでの成長企業となります。今回のVirsa買収は、SAPの有機的成長の成功を維持しつつ、補完的買収により顧客企業のニーズを満たす特定の技術と機能を獲得し、各業種向けおよび業種をまたいだソリューション製品の拡充を図るという戦略を実証しています。契約金額の条件は非公開となります。

SAP AGのエグゼクティブ・ボード・メンバーで、プロダクト・アンド・テクノロジー・グループ、プレジデントのシャイ・アガシ(Shai Agassi)は次のように述べています。「全産業分野およびグローバルな市場において、組織は、成長と株主価値の推進を図りながら、自らのブランドを保護する必要に迫られています。大手企業は、現在の事後対応型で断片的な手法ではなく、企業統治、リスクおよびコンプライアンスを総合的に把握できる視点を求めています。今回の買収は、SAPアプリケーションの価値を向上させるもので、事業規模や産業分野を問わず、リスク管理支援強化を目指す当社の戦略において、重要な役割を果たすことになります。Virsaの誇る人材、知的財産および経験と実績は、SAPの強力な顧客基盤に迅速に価値を提供します。Virsaの従業員、パートナー企業およびお客様を、SAPファミリーとして歓迎いたします。」

Virsaは、各種企業システムおよびレガシーシステムにおけるリアルタイムの業務管理および監視を実行するコンプライアンス・ソリューションを提供する大手企業です。Virsaソリューションは、企業のSarbanes-Oxley法、HIPAAやGraham-Leach-Bliley(GLB)などの法令への準拠を支援します。すでにVirsaとSAPは、以下の3段階で良好な関係を構築してきました。

• 技術: VirsaソリューションはSAP NetWeaverプラットフォーム上で設計・提供されています。Virsaは、SAPの主力プラットフォームにおけるソリューションの構築およびマーケティングに注力する1,000 社を超えるISV(独立系ソフトウェアベンダ)の1社です。

• 市場開拓: マーケティング、販売および製品開発においてVirsaとSAPは提携しています。2005年3月以降、SAPは「mySAP ERP」のアドオンとして、Virsaの主力製品である「Compliance Calibrator」の再販活動を実施しています。発表から1年で、VirsaとSAPは150以上の顧客企業を獲得しました。また、SAP VenturesがVirsaに出資しています。
• 顧客企業: SAPは、Virsaの「Compliance Calibrator」および「Access Enforcer」をグローバルに展開する企業の1つで、世界各国に40,000を超えるユーザ数を誇っています。

Virsa Systemsのジャスビル・ギル(Jasvir Gill)CEO兼創業者は次のように述べています。「Virsaは、ビジネスプロセスにコンプライアンスを組み込み、柔軟で持続可能かつ低コストのコンプライアンスを実現することで革新的な地位を確立しました。SAPとVirsaは共に、CEOおよびCFOが、コンプライアンスのみではなく中核事業に注力できるように、コンプライアンスプロセスを簡素化することを推進しています。当社の従業員がSAPチームに加わることだけでなく、当社のお客様が加速度を増した革新、世界有数のビジネス・ソリューション・プロバイダーが提供する高度な企業統治、リスクおよびコンプライアンス関連製品の利益を享受できることを大変喜ばしく思います。」

今回の発表に際し、SAPは2006年5月までに買収を完了する見込みですが、各々の反トラスト当局の承認を取得する必要があります。米国カリフォルニア州、フレモント(Fremont)に本拠を置くVirsaは約250名の従業員を擁し、米国各地だけでなく、イギリス、ドイツ、インド、オーストラリアに事業拠点を構えています。現在、統合プランを検討中ですが、SAPは、同拠点での事業を継続し、Virsaの従業員をSAP AmericaならびにSAP Labの世界的なネットワークに移管する予定です。

以上

Virsa Systemsについて
Virsa Systemsは1996年に設立された、企業統治、リスクおよびコンプライアンス管理のための企業間のコンプライアンス・ソリューションのグローバル大手企業です。Virsaは、顧客企業が自動化された管理設計、テストおよび実施を直接ビジネス・プロセスに組み込むことを実現し、Sarbanes-Oxley法などの法令への準拠を簡素化する唯一のソリューションを提供しています。同ソリューションにより、顧客企業は費用を著しく削減させるとともに、リスクを低減し、主要なビジネス・プロセスの効率性を向上させることができます。同企業は、世界各国に300社以上の顧客企業と250万人以上のエンドユーザーを有し、コンプライアンス業界で最大のインストール数を誇っています。同企業は、SAP Ventures、Kleiner Perkins Caufield & Byers、Lightspeed Venture Partnersが出資する株式非公開の企業です。Virsaは、米国、イギリス、ドイツ、フランス、インド、シンガポール、アーストラリアおよび日本を含む世界各国に業務拠点を有しています(www.virsa.com)

Tags: ,