日本の子供たちがロボット競技会FIRST LEGO League世界大会で好成績を達成

2006年5月30 日 by SAP News 0

SAPジャパンがメンターを務めた小・中学生チームが、31カ国7,500チームが目指した世界大会で各賞を受賞

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ロバート・エンスリン、以下SAPジャパン)は昨年より、米非営利団体FIRST(For Inspiration and Recognition of Science and Technology、以下FIRST)とThe LEGO Group(レゴ社)が実践的なロボット工学プログラムとして開発した世界最大級のロボット競技会「FIRST LEGO League(ファースト・レゴ・リーグ、以下FLL)」に挑戦する9歳から15歳の子供たちを支援してきましたが、去る4月下旬から5月上旬にアトランタ(米国、ジョージア州)およびアイントホーヘン(オランダ)で開催された世界大会に3チーム24名が出場し、好成績を収めたことを発表します。2005年には31カ国より7,500チームがFLLに参加し、世界大会には130組が進みました。

アトランタで開催された「FLL World Festival」に参加したチーム「SAP Eleven(SAPイレブン)」はチームスピリット部門特別賞を、「SAP Edisons(SAPエジソンズ)」はチームワーク部門第3位およびプログラミング部門特別賞をそれぞれ受賞しました。オランダで開催された「Open European Championship」には「SAP Light Bird(SAPライト・バード)」が出場し、惜しくも入賞は逃しましたが、ロボット・パフォーマンス部門で15位を獲得しました。

FLLプログラムは、科学を楽しみながら学ぶために構成されたもので、子供たちはロボット設計や科学リサーチ、トーナメント競技に挑戦します。次世代の子供たちの科学やテクノロジーへの興味を喚起することを目的とし、チームで活動しながら自らの創造性を検証、探求する力を引き出します。今年のFLLテーマは「オーシャン・オデッセイ~ボクたちは海へ向かう」で、子供たちは水質汚濁や環境保護といった題材にそって海について研究し、海の健全な環境状態や、生物学的多様性、生産性を次世代のために維持していくことを目指して研究しました。

SAPのFLLへの参加はグローバルで展開している社会貢献活動の一環で、コミュニティにおける教育、技術そして革新を育む環境作りを支援するという企業理念に基づいています。FLLへの参加・支援を通じ、SAPは、子供たちの独創性を育成するとともに、個々のスキルや創造力、問題解決能力向上を支援し、子供たちや社会にとってよりよい将来を目指しています。

SAPはプログラム参加に際し、世界中の社員が参加するSAP初のボランティア・イニシアティブを発足しました。同プログラムを通じ、地域社会との結びつきを深め、子供たちが自らの独創性を見出し、発揮していくことを支援します。イニシアティブには世界で170名のSAP社員が参加を表明し、700名の子供たちのコーチや指導者として活動しました。

SAPジャパンでは、既に2006年度のFLL参加への動きが進んでいます。2006年の課題は「Nano Quest(ナノ・クエスト)」で、チーム一丸となり分子レベルで伝統科学に取り組み、潜在能力を発揮することにより、新規プロダクトやこれまでにないソリューション創造を目指します。本年9月には、FLLよりミッションおよびリサーチ課題がチームに発表されます。

SAPジャパンは引き続き、企業市民活動への取り組みを強化します。FLL参加の他、SAPジャパンは現在、University Alliancesの一環で、日本国内17の大学での定期講座・講演の実施、SAP製品の提供を行っています。

*FIRST LEGO League日本大会に関する詳細は、http://www.firstlegoleague.org/default.aspx?pid=13400(日本語)をご参照ください。
*FIRST LEGO Leagueに関する詳細は、http://www.firstlegoleague.org(英語)をご覧ください。
*SAPの企業市民イニシアティブに関しては、http://www.sap.com/press/factsheets/(英語)をご覧ください。

以上

FIRSTについて
FIRST(For Inspiration and Recognition of Science and Technology)は、科学と技術に対する子ども、学校、地域社会の理解を深めるため、1989年に著名な発明家のディーン・カーメン(Dean Kamen)氏によって設立されました(本拠地:ニューハンプシャー州マンチェスター)。FIRSTは、自信、知識、生活力を培い、科学、技術、工学の道に進む気持ちを子どもたちに植え付けるため、わかりやすく画期的なプログラムを設計しています。世界の多くの有名企業の支援を受けながら、非営利団体のFIRSTは、FIRST Robotics Competition(高校生が対象)とFIRST LEGO League(日本では高校生を除く9~15歳を対象)を主催しています(FIRSTの詳細についてはhttp://www.usfirst.orgをご参照ください)。

FIRST LEGO League(FLL)について
FLLはFIRSTがレゴ社の協力を得てはじめた競技会です。子供たち (日本では9-15歳、ヨーロッパでは10-16歳)がチームを作り、想像力と創造力をフルに回転させ、毎年変わる世界共通のテーマの解決策をプレゼンテーションとロボット競技で披露し、チーム力を競う世界最大級のロボット競技会です。2004年は日本も含めた世界20カ国から6万人以上の子供達がFLLのプログラムに参加しました。

The LEGO Group(レゴ社)について
レゴ社(本社所在地:デンマーク、ビルンド)は、1932年設立されました。「LEGO」の語源はデンマーク語で「LEg GOdt(ライ ゴット)”よく遊べ”」。レゴ社では、子どもには最高のものを与えようという理念のもと、遊びから生まれる子どもの創造力や想像力の発展を目指しています。LEGO製品は世界140カ国以上で販売され、およそ6,000人の従業員を擁しています(詳細についてはhttp://www.LEGO.comをご参照ください)。

リリース上に記載されているすべての社名、製品およびサービス名は各社の登録商標または商標です。

English Version

Tags: