NECとSAPジャパンが製造業における製品開発領域で協業

2006年6月14 日 by SAP News 0

~同分野で国内首位のNEC製ソフト「Obbligato II」と「mySAP ERP」を連携~

TokyoNEC(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:矢野 薫)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ロバート・エンスリン、以下SAPジャパン)は、本日、製造業における設計図面や部品表(BOM、注1)など製品開発に関わる様々な技術情報を製品ライフサイクル全体にわたって管理するPLM(Product Lifecycle Management、注2)領域において協業いたしました。

本協業は、1) 国内トップシェアのNEC製PLMソフトウェア「Obbligato II(オブリガート・ツー)」とSAPジャパンが提供する基幹業務(ERP)パッケージ「mySAP ERP」を連携するソフトウェアを、システム基盤「SAP NetWeaver」上でNECが開発し、2) ERPと連携したPLMソリューションについて、電気・電子機器業界を中心とした組立製造業向けに両社共同のマーケティング・販売活動を行うものです。

本協業により、SAP製品のユーザは、統合BOM管理機能(注3)など国内製造業特有のニーズに柔軟に対応できるNECの「Obbligato II」を短期間で導入することが可能となります。さらに、システムが提供する機能をサービスとして組み合わせ柔軟なシステム構築を推進するというSAPジャパンが提唱するコンセプト「Enterprise SOA(エンタープライズ・サービス指向アーキテクチャ)」をベースに、設計領域において、mySAP PLM(mySAP Product Lifecycle Management、注4)に加え、Obbligato II も選択できるようになりました。

mySAP ERP連携機能を搭載したObbligato II は、本年の第三四半期に出荷を開始いたします。
NECとSAPジャパン両社は本協業により、PLMソリューションについて、今後3年間で50社への販売を目指しております。

本協業の主な特長は、以下のとおりです。

  1. mySAP ERPとPLMソフトウェアObbligato II の連携
    SAP NetWeaver プラットフォーム上で、mySAP ERPとObbligato II を連携するソフトウェアをNECが開発し、本年の第三四半期に、本ソフトウェアを搭載したObbligato II の販売を開始する。本機能により導入期間の大幅短縮を実現する。
  2. 販売・マーケティング活動の共同推進
    PLM領域において、両社30名体制で、共同プロモーションを積極展開し、顧客への共同提案を行う。また、同活動を通して把握した顧客ニーズを基に、ソフトウェアの機能強化や、業種別顧客ニーズに対応したサービスの共同企画・提供を行う。

製造業では、多様な顧客ニーズに対応する付加価値製品を短サイクルで開発しタイミング良く市場投入することが求められており、製品開発プロセスが企業競争力の源泉として重要な役割を果たしております。しかしながら、製品開発プロセスにおいては、複数部門がそれぞれ保有する部品表やコスト情報などをタイムリーに共有・活用することが難しく、これによる開発のタイムロスやコスト増が発生しておりました。特に、設計と生産間においては、設計部品表から生産部品表への伝達やその設計変更の反映作業等がボトルネックとなり、生産開始までのリードタイムの長期化を招いており、新製品の早期市場投入に大きな妨げとなっておりました。
本協業により提供する両社のPLMソリューションは、このようなボトルネックの解消や企業競争力の強化に貢献するものです。

このたびの協業は、ERPパッケージ市場トップシェアのmySAP ERPとPLMソフトウェア市場トップシェアのObbligato II を連携することで、製造業の顧客に最適なPLMソリューションを提供することを目的としております。

NECとSAPジャパンは、今後、顧客への共同提案やプロモーションをはじめ、それぞれの強みを活かした販売活動を進めてまいります。

■Obbligato II について
企画から設計・生産・量産までの開発ライフサイクル全体にわたる効率的な情報活用を実現するソフトウェアであり、国内450社への導入実績と10年来の国内シェアトップ(注5)を維持している。

■SAP NetWeaver について
統合アプリケーションプラットフォームであるSAP NetWeaver は、既存のITインフラストラクチャと連携してシステムの変更をサポートし、管理している。SAP NetWeaver により、SAP製品以外のソリューション、ビジネスパートナー製品との連携が実現し、新しいビジネス戦略やビジネスプロセスを柔軟かつ迅速に設計、構築、導入、実行できる。

mySAP ERPおよびSAP NetWeaver に関する詳細情報
http://www.sap.com/japan/solutions/
Obbligato II に関する詳細情報
http://www.plmsol.com/obbligato/

注1) Bills of Material:製造業において、製品がどの部品・下位構成品・中間製品および原資材などから構成・製造されるのかという関係を示したリスト。
注2) PLM:「製品開発(ものづくり)」に関するあらゆるデータとプロセスを、部門や企業の枠を超えて統合管理することにより、売れる製品の早期市場投入、コスト削減、品質向上を目指す改革手法であり、SCM、CRMに続く経営戦略としても重要視されている。
注3) 製品ライフサイクルにわたって様々に変化していく用途別BOM(企画BOM、設計BOM、生産BOM、調達BOMなど)を連携し製品開発ライフサイクル全体を通してシームレスに統合管理する機能。
注4) 製品および資産ライフサイクルをカバーし、設計/デザイン、生産、保守作業を密接に関連させるSAP製品。
注5) 出典:(株)テクノシステムリサーチ「2005年PDM/PLMビジネス市場分析調査」(2005年9月)

以上

English Version

Tags: , , , , , , ,