SAPジャパン、中堅中小市場向けに初期コストを抑えたERP導入キットを発表

2006年8月30 日 by SAP News 0

「SAP ファースト・ステップ・キット」キャンペーンの実施により、アイ・ピー・エス、NECネクサソリューションズ、日立情報システムズが簡易導入パッケージを提供

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ロバート・エンスリン)は本日、中堅中小市場ニーズの高まりを受け、はじめてERP(基幹業務システム)の導入を検討される企業向けに「SAP ファースト・ステップ・キット」キャンペーンを年内限定で実施することを発表します。当キャンペーンは、お客様が手軽に、かつ将来の拡張性も踏まえて、短期間でERPを導入するために、ソフトウェアライセンス、導入コンサルティングおよびPCサーバーを含んだ基本導入キットを、SAPジャパンのパートナーより提供いただくものです。第一弾として、300万円、500万円、1980万円を中心とした価格帯で、株式会社アイ・ピー・エス、NECネクサソリューションズ株式会社、株式会社日立情報システムズより順次提供されます。正式な提供価格・時期は各パートナーより発表されます。

当キャンペーンでパートナー各社より提供される導入キットは、予め定義された業務範囲について自動設定されたシステム、および、今までの豊富な導入経験を活かした簡易導入のノウハウとサポートツールがパッケージ化されています。各キットは定額で、かつ導入コストの内訳が明らかです。また、購入前にデモの形で本番稼動を想定した状態を確認できるので、業務プロセスの流れなどを実際に見て安心してご購入いただけることも大きな特徴です。お客様は高機能で実績豊富なSAPのERP製品を小額の投資で活用し、将来のビジネス環境の変化とテクノロジーの進化に応じて業務範囲を拡張することが可能です。現在、注目されるコンプライアンスや内部統制への対応にも、SAP製品が持つ堅牢性は有効であり、様々な法規制が先行する欧米諸国において豊富な実績を誇るSAP製品は、今後必要となる内部統制強化のためのシステム基盤としても安心して選択いただけます。

300万円、500万円を中心とした導入キットは、日本の商習慣への対応を強化した中小企業向けERP「SAP Business One」がベースになっており、お客様自身が容易にシステム設定していただけるようマニュアルおよびツールが提供されるセルフ導入式のものと、システム設定のサービス支援が用意されている導入支援付きのものがあります。これらは、株式会社日立情報システムズ、NECネクサソリューションズ株式会社より、独自のノウハウなどの付加価値と合わせて提供されます。

1980万円を中心とした導入キットは、「mySAP ERP」がベースになっており、財務会計、管理会計のソリューションが含まれます。豊富な業務シナリオや機能モジュールをあらかじめ定義して製品の導入を自動化する設定ツール「SAP Best Practices」を使って、パートナーのノウハウを予め設定済みの状態で提供されます。最初は財務会計、管理会計業務の改善を行い、将来的には販売・購買・在庫管理、さらには生産管理などへと改善の範囲を広げていきたいというお客様に最適のソリューションです。当導入パックは、株式会社アイ・ピー・エス、株式会社日立情報システムズから提供されます。

SAPジャパンは、パートナー各社とともに中堅中小市場のお客様に価値を提供し、満足度の向上を目指してまいります。

以上

関連リンク:http://www.sap-answer.com/

English Version

Tags: , , , , ,