SAPジャパン、内部統制プロジェクト向けファイナンスサービスを発表

2006年9月13 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ロバート・エンスリン)は本日、内部統制対応としてITシステムの導入を検討されている企業向けに、有利な条件で資金調達を支援するサービスを開始することを発表します。当サービスは、シーメンスファイナンシャルサービス株式会社との協業により、昨年10月よりSAPジャパンが提供しているファイナンシャル・サービス「SAP Financing」を拡張したものです。内部統制に対応したソリューションを含む、新規のSAPのERP(基幹業務システム)システムの導入を検討されているお客様を対象に、本日から12月末までの期間、さらに有利な条件でご支援します。

内部統制システムの強化を求める日本版SOX法(金融商品取引法)への対応を始めとして、企業は様々な法令への遵守(コンプライアンス)が求められており、その対応コストが上昇の一途を辿っています。

「SAP Financing」は、SAPシステムの導入に際して必要となる資金を、良好な金利条件と簡潔な手続きで提供するファイナンシャル・サービスです。SAPのソフトウェアのみならず、補完ソフトウェア、ハードウェア、カスタマイズやインストレーションなどのサービス費用、トレーニング費用、初年度保守費用など、システム稼働までに必要なすべてのコストを対象とし、システム導入後のお支払いを可能にします。今回提供する新サービスは、内部統制に対応したソリューションを含むSAPのERPプロジェクトを開始後、実際にシステム導入の効果が出始めるシステム稼動開始までの間、最長24ヶ月支払猶予を延長し、お客様の希望に沿ったお支払い方法を可能にしたことが大きな特徴です。対象となるソリューションは、インプットコントロール、セキュリティ、SoD(職務分掌)といった「IT業務処理統制」や「IT全体統制」の領域をカバーする会計・購買を中心とした「mySAP ERP」や、各種法令対応やリスク管理を包括的にサポートするソリューション「SAP GRC(Governance, Risk, Compliance management)」となります。

SAPジャパンは、コンプライアンスに効率的かつ低コストで対応するための包括的なソリューションを提供してまいります。

以上

関連サイト:http://www.sap.com/japan/services/sapfinancing/

Tags: , ,