お客様、パートナーの皆様と共に「スピード感ある成長」を

2007年1月4 日 by SAP News 0

2007年 年頭所感

Tokyo長期にわたった景気の不透明感が払拭され、日本社会が明るさを取り戻しつつあります。同時に、中国をはじめとするアジア各国への進出や、いよいよ来年に迫った日本版SOX法(企業改革法)の施行など、企業はますます国内外において変化の激しいビジネス環境におかれています。

企業がこの変化をビジネスの「機会」と捉え、「成長」に変えていくためには、グローバルに展開する海外企業との激しい競争に勝ち抜く競争力、複雑化するコンプライアンスへの対応、これらを実現するための健全な企業経営とITの融合など、常に多くの課題に直面します。

SAPジャパンは、「成長する企業は、変化するからこそ多くの課題を持っている」と考え、お客様の業務や課題を理解し、最適なソリューションをご提案してまいります。2007年は、最新技術に対応した製品・サービスのご提供を通じて、「お客様にご提供する価値の最大化」を追求し、信頼と満足度を高めるべく努力してまいります。とりわけ、エンタープライズ・サービス指向アーキテクチャ(エンタープライズSOA)という考え方をよりいっそう推進し、お客様に価値を届けていきたいと考えます。エンタープライズSOAとは、「経営や事業の視点からビジネスプロセスを具体化し、そこに必要なシステムを組み合わせていくシステム構築のあり方」という考え方です。それを具現化するのが「mySAP ERP 2005」です。これにより、お客様は長期的に安定したプラットフォームとして、最新技術やビジネスプロセスの革新を続けることができます。SAPジャパンは、お客様、パートナーの皆様と共に「スピード感をもった成長」を遂げるべく、社員全員が全力で取り組んでまいります。

SAPジャパン株式会社
代表取締役社長 ロバート・エンスリン

以上

English Version

Tags: