SAPジャパン、CFOの意思決定を支援する経営管理ソリューションSAP BPC (Business Planning and Consolidation) 日本語版を提供開始

2007年11月13 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:八剱 洋一郎)は、パフォーマンス管理(CPM)ソフトウェアの新製品、「SAP Business Planning and Consolidation 5.1 (以下、SAP BPC)」の日本語版を本日より提供開始します。SAP BPC は、計画立案、予算編成、見込管理、連結管理などの経営管理業務を支援するソフトウェアで、ユーザが日々の業務で使い慣れているMicrosoft ExcelやWebブラウザをインターフェースとして簡単に利用できるのが特長です。CFOや経営管理マネージャはリアルタイムに反映される正確なデータに基づき、効率的な意思決定が可能になります。

現在、企業のCFOはコンプライアンス遵守やリスク管理への対応と共に、企業収益への貢献を強く求められています。また、あらゆる規制要件に対応しながら効率化を推進する必要があります。SAP BPC を利用することで、企業の統括会社や本社は、各地の販売会社、製造・開発拠点と簡単に経営データを共有することができます。CFOは国内外のグループ拠点からデータを迅速に収集・集計し、常に最新かつ正確なデータを参照できるため、計画立案や連結管理に要する時間や無駄を大幅に削減し、経営上の意思決定により多くの時間を割くことができます。

SAP BPC5.1では、グラフなどを使ったビジュアルな表現で経営情報をリアルタイムに確認できる「経営ダッシュボード」の機能を提供します。経営者は予算の執行状況などを即座に把握できるため、正確で効率的なパフォーマンス管理の実行が可能になります。SAP BPC 5.1の利用者は、豊富なメニューが組み込まれたMicrosoft Excelのテンプレートを使って、簡単にデータの入力や入力フォームの作成、多次元的な分析を行うことができます。使い慣れたユーザインターフェースを採用しているため、IT部門の負担は軽減され、高い生産性を可能にします。

SAP はSAP Business Suite アプリケーションと、GRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)管理の統合アプリケーション(SAP solutions for GRC)とを統合することによって、CFOがコンプライアンス遵守やリスク管理を満たしながら、ビジネスプロセス標準化を進めることを可能にしました。今回、さらにSAP BPCが加わることで、リスク調整に基づく計画立案とパフォーマンス管理によって、戦略に即した業務遂行を実現する包括的なCFO向けソリューションを提供します。今後、SAPでは新時代のCFOを支援する情報ポータル ”Office of the CFO (http://www.sap-cfo.com/jp/)”を立ち上げ、SAPの最新ソリューションや国内外の成功事例など幅広い情報提供を行っていきます。

<パートナー企業からの賛同文>

べリングポイントはSAPジャパン株式会社によるSAP BPC 5.1の日本市場での展開を歓迎いたします。
べリングポイントでは、これまで数々の企業のグループ経営管理や予算管理制度の変革をお手伝いして参りました。その経験から、グループ経営管理の質を向上させるための経営管理情報基盤を構築する上で、このBPCは非常に有用なツールであると考えております。
弊社はSAPジャパン様との幅広いアライアンスの下、ベリングポイントがこれまでに培った経営改革のノウハウで、今後もお客様のグループ経営管理上の課題を解決に導きます。

べリングポイント株式会社 代表取締役社長 内田 士郎

OutlookSoft Japan株式会社は、SAPジャパン株式会社による SAP BPC 5.1 の日本市場での展開を心より歓迎いたします。SAP BPC (旧称 OutlookSoft )は、既に複数の大手日本企業様に採用いただき、非常に高い評価を受けておりますが、今後の SAPジャパン様によるリーダーシップにより、さらに多くの日本企業の皆様に評価いただく機会が増えるものと考えております。弊社 OutlookSoft Japan は、連結経営管理・決算、予算編成、M&Aアドバイザリーサービス等のコンサルティング経験が豊富なメンバーにより設立された Corporate Performance Management 分野専門のコンサルティングサービス会社です。
OutlookSoft Japan は、今後も SAPジャパン様と連携し、これまで以上に機動力を活かした導入支援・運用サポートを行い、全力で日本企業の皆様を支えていきます。

OutlookSoft Japan株式会社 代表取締役社長 吉田 裕次

以上

Tags: