海外生活サポート事業大手、顧客満足を重視するラストリゾートがSAP CRMを全面導入

2007年12月26 日 by SAP News 0

~資料請求から帰国後のフォローまで、顧客のライフサイクル全般をSAP CRMで管理~

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:八剱 洋一郎)は、海外生活・留学サポート事業の大手、株式会社ラストリゾート(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:服部匡志、以下ラストリゾート)が顧客管理アプリケーションのSAP Customer Relationship Management(以下、SAP CRM)を導入し、2007年10月に並行稼動を開始、12月より本格稼動を開始したことを発表しました。ラストリゾートは、海外の現地子会社の9拠点を含めた全22拠点にSAP CRMを導入し、資料請求から帰国後の就職サポートまで顧客のライフサイクルを一貫してCRMで管理します。これにより、業務の効率化、最適化を実現するとともに顧客満足の向上を目指します。

ラストリゾートは、1998年の創設以来、比較的成熟した海外渡航ビジネス市場において、留学斡旋だけでなく海外生活サポートという新たなサービスの提供により急成長してきました。渡航を希望するお客様の不安を解消し、安心して海外生活の一歩を踏み出すためのさまざまなサービスや商品を拡充し、2005年に売上高28億円を達成しました。一方、事業の急成長に伴い、既存のシステムでは、急な業務フローの変更への対応や、増大する顧客データの管理、また経営判断に必要なデータの収集が難しいという課題がありました。そこで同社は2005年8月に豊富な導入実績と多くのテンプレートを持つSAP ERPを導入し、基幹業務の効率化を実現しました。このたび、事業の核となる顧客対応業務にSAP CRMを全面的に導入することで、将来の事業展開を支える経営システム基盤を構築しました。

SAP CRMを使ったシステムでは、Webサイトや電話による資料請求や問い合わせ対応、出発までの数回にわたるカウンセリング、現地子会社でのサポート、および帰国後の就職支援、フォローアップまで、顧客のライフサイクル全般を管理します。ラストリゾートでは、22拠点、200名のスタッフが一元管理された情報を活用することによりきめ細やかなサービスを提供するほか、増加する新サービスメニューに伴う迅速な対応を可能にし、さらなる顧客満足の向上を目指します。また、的確な経営判断を可能にする顧客データの活用により、年間3億7千万円の売上げ増加を見込んでいます。

以上

Tags: ,