富士通、パソコンのコンタクトセンターシステムをSAP CRMで刷新

2008年1月28 日 by SAP News 0

~国内製造業のコンタクトセンターシステムで最大級~

Tokyo富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒川博昭, 以下富士通)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:八剱洋一郎 以下SAP)は、富士通の個人向けパソコン「FMVシリーズ」に関する、購入相談から技術相談、修理サービスといった広範囲なサポートを行うコンタクトセンターとして、国内の製造業で最大級(注1)となるコンタクトセンターシステムを構築しました。

富士通は、本システムの本格運用を開始し、オペレーターによるお客様への一貫した質の高いサポートを支えるとともに、お客様の貴重な声を、商品やサービス、ビジネス戦略に反映させ、より高品質な商品およびサービスを提供していきます。

本システムは、富士通のIPテレフォニーシステム「CL5000」をはじめとする製品・サービスとSAPの顧客管理アプリケーション「SAP Customer Relationship Management(以下 SAP CRM)」を融合した1400席のコンタクトセンターシステムです。富士通とSAPは、グローバルパートナーとしてソリューション提供を推進しており、今回のシステムも、富士通の企画から構築、運用・サポートまでをワンストップで提供するトータルソリューション提供力と、世界のCRM市場で第一位のシェア(注2)をもつSAPの実績と製品技術力により実現したものです。

これにより、富士通は、個人向けパソコンの購入から技術相談、修理サービスまでのライフサイクル全般にわたり、さらに質の高いサポートを提供していきます。 また、分析・レポートツール「SAP NetWeaver Business Intelligence」を導入することで、センターの指標管理の効率化と業務改善に活用するとともに、お客様の貴重な声を、サービスや商品、パソコンビジネスの戦略立案、経営判断に役立てていきます。

富士通とSAPは、今回の構築実績を基盤として、今後、製造業を中心に、さまざまな業種のお客様のコンタクトセンターシステムについて、システムの提案から、構築、運用・サポートまでトータルに提供を行い、お客様企業のビジネス変革を支援していきます。

【本システムを構成する製品群】
ハードウェア
IPテレフォニーシステム「CL5000」、UNIXサーバ「PRIMEPOWER」、PCサーバ「PRIMERGY」、ストレージシステム「ETERNUS」他
ソフトウェア
顧客管理アプリケーション「SAP Customer Relationship Management、分析・レポートツール「SAP NetWeaver Business Intelligence」、 運用管理ソフトウェア「SystemWalker」他

本システムは、富士通のデータセンターで運用しています。

【WEBサイト】
http://www.fmworld.net/(富士通FMVシリーズサイト “FM-WORLD”)
http://www.sap.com/japan/(「SAPジャパン株式会社」紹介サイト)

【商標について】
SAP、SAP ERP、SAP NetWeaver、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびSAPサービス名はSAP AGのドイツおよびその他世界各国における登録商標または商標です。
記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【注釈】
(注1)国内の製造業のコンタクトセンターシステムで最大級:SAPジャパン調べ
(注2)世界のCRM市場で第一位のシェア:
出典:ガートナー”Market Share:CRM Software, Worldwide, 2006″ July 2007, GJ08010

以上

Tags: , ,