SAPジャパン、日本市場に最適なソリューションを提供するための共同研究施設を開設

2008年7月16 日 by SAP News 0

エンタープライズSOA、グリーンIT、仮想化などの検証・開発を
異機種混在環境で実現する「SAP Co-Innovation Lab Tokyo」

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:八剱 洋一郎、以下SAPジャパン)は、本日、パートナー企業および顧客企業とともに、最新技術を取り込んだイノベーティブなソリューションの研究開発を行う施設「SAP Co-Innovation Lab Tokyo(コ・イノベーションラボ・トウキョウ、略称:COIL Tokyo)」を、東京サンケイビル15階(東京都千代田区大手町1-7-2)に開設しました。COIL Tokyoは、2007年6月に米国カリフォルニア州パロアルトに最初に開設されたイノベーションラボに続くグローバルで2番目の施設です。ハードウェア、ソフトウェア、サービスベンダーなどの様々なパートナーやお客様企業と協業し、日本独自の要求や業界特有の要件に適したソリューションを始め、エンタープライズSOAや、グリーンIT、仮想化などの最新技術を提供するための研究開発に取り組みます。

参加パートナーは、アビーム コンサルティング株式会社、インテル株式会社、F5ネットワークスジャパン株式会社、サン・マイクロシステムズ株式会社、株式会社テクノスジャパン、デル株式会社、東洋ビジネスエンジニアリング株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、アイ・ビー・エム ビジネスコンサルティング サービス株式会社、日本電気株式会社、ネットアップ株式会社、株式会社日立製作所、ヴイエムウェア株式会社、富士通株式会社、マイクロソフト株式会社、三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社、リアルテックジャパン株式会社、となります。

ITシステムが複雑化する中で、最新技術を取り入れつつ、異機種混在環境でもトラブルなく動作し、信頼性と利便性の高いシステムを構築することは、企業の成長にとって不可欠な要素となっています。COIL Tokyoでは、参加パートナー各社から提供されるハードウェア製品やソフトウェア製品およびアプリケーションを含め、統合された異機種環境を提供し、実際のお客様のシステムをシミュレーションすることができます。
これによりCOIL Tokyoを利用する企業は、異機種混在のテスト環境を自社で用意することなく、ソリューションの研究開発を行うことができます。COIL Tokyoでは、お客様が必要とするソリューションをより迅速に提供し、ビジネスの向上を支援するため、パートナー各社とのエコシステム構築を全世界的な取り組みとして推進します。

「日本の技術革新はその成果を高く評価されており、世界をリードする役割を担っています。COIL Tokyoは、パートナー企業とともに、新技術を使った日本のお客様の固有の要件にあったソリューションを開発するとともに、日本からのアイディアを世界に向けて発信できる研究施設になると期待しています」とSAPジャパンの代表取締役社長兼CEOの八剱洋一郎は述べています。

COIL Tokyoの開設に伴い、下記のような検証や協業プロジェクトを開始しました。

ITエネルギー消費量の削減
インテルとSAPは、日本を含めワールドワイドで緊密に協業しており、グリーンITは協業におけるキートピックとなっています。開設に向けて作業を進めていたSAP COIL Tokyoの施設において、インテル株式会社とSAPは実際のエンタープライズのアプリケーションを使い、どれくらいのエネルギー削減効果が期待できるかに着目した検証を実施しました。ほんの2世代前のシングルコア・プロセッサー搭載サーバーの代わりに最新のクアッドコア インテル® Xeon® プロセッサー搭載サーバーを使うことで、SAP ERPを使用する際のエネルギー消費量は50%以上削減されました。これは、ラボにおける検証結果であり、得られたデータをもとに昼間の対話型処理と夜間バッチ処理を考慮した一日24時間サイクルでの消費電力の比較シミュレーションも実施しました。結果は公開されており、お客様が投資を検討する際に役立ちます。

ERPのアップグレードの評価時間の削減

また、SAPジャパンは、ヴイエムウェア株式会社とともにマルチコアのインテルプロセッサー搭載サーバーを使用して、当ラボにおいてERPのアップグレード・プロジェクトにおける仮想化技術の採用について協同検証を実施しました。一ヶ月におよぶプロジェクトでは、現存の物理サーバーをアップグレードしながら仮想環境に一元化することが可能であり、さらに本番のアップグレード前にVMwareを利用してテスト実行することで、本番のアップグレードをスムースに実施することが可能であることが検証されました。検証結果は、ホワイトペーパーとしてパートナーやお客様にご利用いただき、アップグレードを検討する際のガイドとして役立ちます。

「COIL Tokyo の開設は、SAPエコシステムをさらに強力なものにします。世界でも技術イノベーションのリーダーである日本が、2番目のCo-Innovation Labの開設地に選ばれたのは自然なことです。日本は伝統的に手作りシステムが多い地域です。COIL Tokyoは、お客様やパートナーがSOAの導入においてさらなる成功を収め、SAPの世界中のお客様が共有できる重要な研究施設となります。我々はこのコラボレーションの精神を誇りに思っています」と、SAP AGグローバル・エコシステム&パートナーグループのエグゼクティブ・バイス・プレジデント、ジア・ユスフは述べています。

以上

賛同パートナーのコメントは下記のとおりです。

インテル株式会社
 代表取締役共同社長 吉田 和正 様

日本におけるCo-Innovation Labの開設を歓迎いたします。インテルの先進45nmプロセス技術に基づくマルチコア・プロセッサー製品は、高い性能と優れた電力効率を実現する環境に優しいエコ・プロセッサーです。本Co-Innovation Labを通じ、日本のお客様のニーズにあったインテルプラットフォームベースの環境に優しく、かつ革新的なソリューションの研究開発の推進と、その成果のビジネス展開を期待しております。

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(B-EN-G)
 取締役社長 石田 壽典 様

当社のエンタープライズSOAへの取り組みは、2004年日本初となるSAP NetWeaverを利用したプロジェクトの実施に始まります。2006年10月には社内にエンタープライズSOAコンピテンスセンターを設立するなど、次世代のSOA技術の普及をSAP社と共同で推進してまいりました。今回のCOIL Tokyo設立により、お客様要件とSAP社の開発技術、B-EN-GのエンタープライズSOA導入コンサルティングをより高度かつ迅速に連携させ、日本の業務プロセス要件にきめ細かく柔軟に対応できる、SOAソリューションをご提供できると確信しております。

日本電気株式会社
 ニューソリューション事業推進グループ 支配人 中村 健寛(なかむら たけひろ)様

NECは、SAPのエンタープライズSOAソリューションの基盤となる「SAP Netweaver」を活用した各種ソフトウェアの連携実証を行ってまいりました。また、グリーンITの観点からも省エネ・省スペースで稼動するプラットフォームの実証実験に取り組んでおります。この度のSAP社の「Co-Innovation Lab Tokyo」の開設は、SAP社及びパートナ各位との間での更に深い連携技術検証につながるものと考えております。

株式会社日立製作所
 情報・通信グループCSO 北野 昌宏 様

COIL Tokyoの設立を歓迎致します。日立製作所は、SAPジャパンとの長期にわたるアライアンス活動を通して、サーバ、ストレージ、運用管理ソフトウェア等のプラットフォーム製品および、SAPソフトウェアのインプリメンテーションを大変多くのお客様に提供して参りました。
それらの蓄積されたノウハウをCOIL Tokyoの活動に生かして、新たなソリューションを創作していきたいと考えています。まず第一弾としては、BladeSymphonyの仮想化機構である”Virtage”を利用したSAP仮想化ソリューションの開発・検証を行って参ります。COIL Tokyoでの成果をベースに、より多くのお客様に最適なソリューションを提供できることを期待しています。

富士通株式会社
 マーケティング本部 SAPビジネスセンター センター長 東 純一 様

富士通はSAPジャパン様と共同で、2007年7月に「Enterprise SOA インテグレーションセンター」を開設し、SAPジャパン様と富士通の製品を組み合わせた、エンタープライズSOA領域におけるソリューションの企画から検証、提案活動を行っています。
今回の「Co-Innovation Lab」により、お客様環境に即した実践的な開発・検証を行える環境が強化されたことで、優れた機能や高い性能を備えたソリューションをより多くのお客様に提供できるものと期待しております。

ヴイエムウェア株式会社
 代表取締役社長 三木 泰雄 様

ヴイエムウェア株式会社は、この度のCo-Innovation Lab Tokyoの発表を歓迎いたします。VMwareの仮想化技術によって実現される、堅牢性および信頼性の強化、ITインフラのコスト削減および基幹システムにおけるサービスレベルの向上は、多くの顧客に評価いただいております。Co-Innovation Lab Tokyoでの活動により、VMware仮想環境におけるSAPアプリケーションが迅速かつ安全にアップグレード可能であると検証されたことは、両社のお客様にとっても大変大きな価値を持つと考えており、今後更なる付加価値の高いソリューションが提供できるものと確信しております。

ネットアップ株式会社
 代表取締役社長 大家 万明 様

ネットアップ株式会社は、Co-Innovation Lab Tokyoの開設を歓迎いたします。NetAppストレージの仮想化技術が可能にする堅牢かつ柔軟なデータ管理環境を、Co-Innovation Lab Tokyoでの共同検証活動を通して、SAPユーザーに対しても実証済みのリファレンスアーキテクチャとして利用いただくことが可能になります。ネットアップは、今後もSAP社をはじめとする参加企業各社との連携を強化し、お客様の課題解決に貢献できるデータ保護ソリューションを提供してまいります。

Tags: ,