SAPジャパン、従来の3分の1以下のコストで導入できる中堅企業向け新ERP導入プログラムを開始

2008年7月23 日 by SAP News 0

~世界中で高いシェアと実績を持つ SAP ERP を、パートナーとの協業で3,000万円台から提供~

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:八剱 洋一郎、以下SAPジャパン)は、2008年8月より、中堅企業向けERP(基幹業務ソフトウェア)の短期間・低コスト導入プログラム「SAP Business All-in-One FAST-START PROGRAM(エスエイピー・ビジネス・オール・イン・ワン・ファースト・スタート・プログラム)」を開始します。本プログラムは、サービス、商社・卸、組立製造業界向けに、低コストかつ短期間でのERP導入を可能にするものです。

SAPジャパンは現在、年商500億円未満の中堅企業を主な対象としたERP導入パッケージ「SAP Business All-in-One」を提供していますが、今回の「SAP Business All-in-One FAST-START PROGRAM」では、さらに小規模の中堅企業を対象に、サービス、商社・卸、組立製造に対象業種を絞って提供します。

「SAP Business All-in-One FAST-START PROGRAM」は、Web上でシステム構成のシミュレーションができるツール「Online Configurator(オンライン・コンフィギュレーター)」を特長としています。Web上で従業員数、ライセンス数を入力し、必要なソフトウェア機能を選択していくだけで、導入に掛かる費用をその場で試算することができます。導入決定後、「Online Configurator」で選択した設定情報は、パートナーとの協業により、OS、データベース、SAP ERP などとともにハードウェアにプリインストールされた状態で出荷され、導入期間の大幅な短縮とコストの削減を可能にしました

これらのアプローチにより、ERP導入における課題とされる仕様決定や導入に掛かる期間が短縮されます。従来の「SAP Business All-in-One」に比べて半分以下の期間で導入でき、会計、販売、購買、在庫、その他の機能を統合的にサポートする SAP ERPを3,000万円台~という低価格 (ソフトウェアライセンス、ハードウェア、導入サービス込) で提供可能になりました。

SAPジャパンは、日本企業とのパートナーシップに加え、日本向けの帳票ソリューションや教育プログラムなども組み入れ、本プログラムの展開を図ります。

以上

Tags: ,