役員人事のお知らせ

2008年9月3 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:八剱 洋一郎、以下SAPジャパン)は本日、2008年9月15日付けでギャレット・イルグがSAPジャパン株式会社の代表取締役社長兼CEOに就任することを発表します。イルグは、SAPアジアパシフィックジャパン地域のプレジデント兼CEOであるジェラルディン・マクブライドに報告の義務を有し、SAPジャパンのオペレーションおよび市場投入を全面的に統括します。

現在の代表取締役社長兼CEOである八剱 洋一郎は、SAPとの合意により同社役員を退任し、イルグへの引継ぎ期間中、シニア・アドバイザーとして重要な役割を務めます。

「これまでの八剱氏のSAPジャパンにおける貢献に多大な感謝を表明したいと思います。今回、ギャレット・イルグ氏をSAPジャパンの代表取締役兼CEOに迎えることは、日本市場におけるSAP事業発展の促進力となるでしょう。そしてSAPは引き続き日本のお客様に『Best Run Businesses』への変革をサポートしていきます。ギャレットは、日本市場で培ったこれまでの豊富な経験と知識をもとに、SAPジャパンを成功に導きすばらしい結果を生み出してくれると確信しています」とマクブライドは述べています。

イルグはIT業界で豊富な経験を持ち、マネージメントにおいても十分な実績を残してきました。イルグは2005年からアドビシステムズ株式会社で社長を務めてきました。それ以前の3年間は、BEAシステムズ社のシニアバイスプレジデント兼アジアパシフィック地域代表、1999年から2002年まで日本BEAシステムズ株式会社の代表取締役社長を務めました。それ以前は、5年間、ロイター社において国際顧客担当バイスプレジデントを務め、ダウ・ジョーンズ社、ウォルト・ディズニー社、コロンビア・ピクチャーズ社や三菱電機においてマーケティングおよび営業のシニアマネージャーを担当しました。

SAPジャパンの代表取締役社長兼CEOに就任するギャレット・イルグは次のように述べています。「SAPはビジネスソフトウェア業界におけるグローバルリーダーであり、産業界に関する深い知識、革新的なソリューションの包括的なポートフォリオ、産業界を網羅したノウハウを提供することですべてのお客様に『Best Run Business』を実現しています。SAPジャパンのお客様がより優位になるための変革を、そして効果的な統合をお手伝いするために、SAPがもつグローバルなベストプラクティスを活用し、ワールドクラスのサービスを提供できることを楽しみにしています。」

イルグは、ニューハンプシャー大学のウィットモア校でビジネス学士号を取得しています。

SAPジャパンその他の人事

日本におけるSAPの成長を目指し、SAPジャパンでのリーダーシップ戦略に注力します。ギャレット・イルグのSAPジャパン代表取締役社長兼CEO選任に加え、その他の人事を下記のとおり発表します。

  • SAPジャパンの現チーフ・コマーシャル・オフィサー(CCO)であり、SAPアメリカのシニアマネジメントを務めるロブ・シリングは、SAPジャパンのチーフオペレーティングオフィサー(COO:最高執行責任者)に就任し、現職と兼務します。シリングはソリューション、バリューエンジニアリング、カスタマーイノベーションセンター、インダストリー&ソリューショングループを統括するとともに、戦略ソフトウェアのライセンス営業の責任者も務めていきます。
     
  • SAPジャパンの副社長 営業統括本部長を務める内田 久は、エグゼクティブ・バイスプレジデントに昇格し、西日本地域、SME(中小中堅)ビジネス、そしてストラテジックインダストリーを含むSAPジャパンにおけるすべてのソフトウェアライセンスの営業責任者を務めていきます。
以上

Tags: