SAPジャパン、SAPシステムとの密連携を強化した統合ID管理を実現するアイデンティティ管理ソフトウェアの最新版を発表

2008年11月25 日 by SAP News 0

~散在する企業内システムやサービスへIDおよびアクセス権限の管理・提供をより迅速かつ容易に~

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下SAPジャパン)は本日、SAPシステムと企業内に散在するマルチベンダー環境におけるシステムやサービスに対し、ユーザー情報やアクセス権限設定などを人事情報と連動しリアルタイムで一元管理できる、アイデンティティ管理ソフトウェアの最新版「SAP NetWeaver Identity Management 7.1(以下、SAP NetWeaver IdM)」を12月5日より販売開始することを発表します。

昨今、高まるSOAニーズや内部統制の対応を背景に、ユーザー情報・アクセス権限の一元管理がより一層企業の関心事となっています。また、膨大な数のユーザー情報・アクセス権限を継続的かつ定期的に実施することを考えると、マニュアルでの対応はコスト、人的リソース、作業の正確性などの面から非現実的であり、自動化による効率性の向上ならびに正確性の担保は企業の急務となっています。

SAP NetWeaver IdMは、企業内に散在するシステムやサービスに付帯するID情報とアクセス権限の管理・提供の煩雑さ、内部統制対応などを容易に解決することができ、よりセキュアな業務システム運営を実現するソフトウェアです。

最新版のSAP Netweaver IdMは、各種システムと連携を容易にする機能が強化されたことで、SAPの人事管理アプリケーションであるSAP® ERP Human Capital Management(以下、SAP ERP HCM)*1や、アプリケーションへのアクセス権限を管理するSAP® GRC Access Control(以下、SAP GRC AC)との密連携を実現します。これにより、共通のプラットフォーム上で、アプリケーションレベルとシステムレベル両方のID情報や権限設定管理を全社規模で容易に一元化することができます。

また、高い即時性、管理性、監査性を有し、SOAベースのマルチベンダー環境下にあるシステムにおいて迅速な導入とより強固なセキュリティ管理を実現します。

SAP NetWeaver IdM 7.1の主な新機能は以下の通りです。

1. システムに対し簡単なID配信を可能にする機能を強化
SAP ERP HCM、SAP GRC Access ControlなどのSAP製品やSAP NetWeaverポータルとのデータ連携を容易にするテンプレートを大幅に追加し、導入時における作業の低減、導入期間の短縮、それによるコスト削減が可能です。さらに、従来のユーザー情報、権限情報の管理から、権限情報の設定も可能となり、より統一されたID情報管理が可能となります。
 
2. SAP GRC Access Controlとの連携強化
最新版では、SAP NetWeaver IdMとSAP GRC ACで双方向に連携することができるようになり、職務分掌を実現するための、アプリケーション使用権限管理、リスク分析の機能を双方向で呼び出すことができます。
SAP GRC ACのSAPシステムに対するユーザー・権限管理機能と、SAP NetWeaver IdMのマルチベンダー環境への柔軟なユーザー・権限管理機能を包括的に利用することで、企業内に存在するITシステムのリスクを削減し、強固なセキュリティを実現します。
 
3. SAP ERP Human Capital Managementとの連携強化
企業内において、人事情報とシステムユーザー情報は社員IDと密接に関係しており、連動した管理の重要性が高まっております。従来人事情報の取得が全データ単位で行われていたのに対し、SAP NetWeaver IdMでは、人事異動など変更情報のみ取得することで、よりリアルタイムなID情報管理が可能になります。SAP ERP HCMとSAP NetWeaver IdMを包括的に利用することで異各システムに対し企業内の人事イベントに即した迅速なID情報提供が可能になります。
以上

*1 SAP® ERP Human Capital Management
SAPの最新版基幹業務システムであるSAP ERP 6.0の機能を拡張するための拡張パッケージであるSAP enhancement package第4弾で提供されています。
日本での第4弾の提供は11月21日より開始されております。

Tags: ,