SAPジャパン、SAPアプリケーション内のデータをすばやく検索・アクセスし、企業の生産性を向上する「SAP NetWeaver® Enterprise Search」を提供開始

2009年1月14 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下SAPジャパン)は、複数のSAPアプリケーション内の必要な情報に迅速にアクセスするための検索ソリューション、「SAP NetWeaver® Enterprise Search(エスエイピー ネットウィーバー エンタープライズ サーチ)」の日本語版を本日から提供開始します。

今日、ビジネスにおいて情報化がさらに進展する中、社員は必要な時に必要な業務情報にアクセスすることが求められています。SAP NetWeaver Enterprise Searchは、 SAPアプリケーション内に存在する構造化(業務アプリケーション)データへの迅速な検索、安全なアクセスを実現し、従業員の生産性を向上し、より的確な意思決定を支援するエンド・トゥ・エンド検索ソリューションです。

SAP NetWeaver Enterprise Searchの主な機能は以下の通りです。

1. SAPアプリケーション内に存在する業務データの検索
SAP NetWeaver Enterprise Searchは、たとえば、SAP® ERPの会計伝票データや、SAP® CRMの顧客データなど複数のSAPアプリケーション内に存在する膨大な量の構造化データの中から必要なデータを検索することができる唯一の検索ソリューションです。これによりユーザは、必要なデータを即座に検索し、業務の効率性を高めることができ、またSAP NetWeaver Enterprise Searchは、従来の非構造化ファイルやHTML、XMLなどのWeb検索や他社の検索サービスとの連携を取ることができます。SAP NetWeaver Enterprise SearchはWebサービスとして提供されるので、Webブラウザおよび既存の社内ポータル上で使うことができます。

2. SAPアプリケーションへ直接アクセス
SAP NetWeaver Enterprise Searchでは、ユーザの業務内容や付与されている権限にもとづいた検索が行われます。このため、ユーザは、複数のアプリケーションを意識することなく検索されたアプリケーションデータへのリンクから直接アプリケーションを稼動させ自動的にログインすることができます。従来の業務処理を行うアプリケーションを稼動して業務処理を行うというやり方ではなく、必要な情報からアプリケーションにアクセスし、修正・変更などの作業を行うことができるようになるため、利便性が高く、ユーザの生産性を向上します。

3. アクセス権限・業務内容にもとづいたデータ検索
企業には、機密性の極めて高い大量のデータが保存されており、アクセス権限のある社員が認可されている情報だけを閲覧できるようにすることが不可欠です。SAP NetWeaver Enterprise Searchでは、SAPのビジネスアプリケーションやその他のデータソース(ファイル共有など)の基盤となっているセキュリティーモデルを活かし、ユーザに付与された権限にもとづいた検索が可能になっており、これを自動的に認識します。また、安全性の高いプロトコルをサポートすることで、機密情報の漏洩を防止します。
SAP NetWeaver Enterprise Searchは、高度なセキュリティに加え、検索する際に、ユーザの業務内容(固有ロール)が自動認識されるため、たとえばビジネスニーズがまったく異なるマーケティング担当者とIT管理者が検索する場合に検出される検索結果は大きく異なります。このように、それぞれのユーザに適切な情報を提供することで従業員の生産性を向上します。

以上

Tags: ,