【参考資料】SAP、二酸化炭素排出管理のリーダー企業であるClear Standardsを買収

2009年5月14 日 by SAP News 0

~サステナビリティソリューションのロードマップを加速~
SAP® Business SuiteおよびSAP® Environment, Health, and Safety Managementにオンデマンドの二酸化炭素排出管理機能を補完し、迅速に価値を提供

(本リリースは、5月11日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP AG(NYSE: SAP、以下SAP)は、サステナビリティ(持続可能性)に関する自らの実績を向上し、またお客様により優れたサステナビリティソリューションを提供するための継続的な取り組みの一環として、Clear Standards社(以下、Clear Standards)を買収する意向を発表しました。Clear Standardsは、企業を対象とした二酸化炭素排出管理の分野に革新的なソリューションを提供している非公開会社で、温室効果ガス排出および企業のさまざまな業務による環境への影響を正確に測定、最適化、および報告するための取り組みを支援しています。政府による規制がさらに厳しくなり、また一般の人々による透明性への期待がますます高まっているこの時代において、SAPはこの買収によって企業が二酸化炭素排出管理への要求に応えるための能力をさらに強化できると期待しています。SAPはClear Standardsから、成熟したサステナビリティソリューションと機動性に優れたWebベースのオンデマンド配信モデルにより提供される二酸化炭素排出管理機能に関する専門ノウハウを取得します。二酸化炭素排出の管理に伴うお客様の作業負担やコストを削減するため、SAPのビジネスプロセスに関する専門知識を活用することにより、Clear Standardsのソリューションは、SAP® Business Suite 7ソフトウェアやSAP® Environment, Health, and Safety Managementアプリケーションなどのエンタープライズソリューションに蓄積された財務およびその他のデータと連携可能になります。

SAPの共同CEO、レオ・アポテカー(Léo Apotheker)は次のように述べています。「企業が環境への影響を軽減するためには、自らが排出する二酸化炭素、水の消費、使用するエネルギー、およびその他の環境要因について実際に行動を起こすための知識が不可欠です。また、このような能力は企業の効率性と競争力にも正比例します。Clear Standardsの買収を通じ、エンドツーエンドのサステナビリティビジネスを実現する完全なソリューションを提供するというSAPのビジョンがさらに加速されます。我々は、Clear StandardsのチームがSAPに加わることを歓迎します。」

Clear Standards Assess™は組織全体にわたってすべての排出データを整理、統合するための基盤として機能し、企業はこれに基づいて温室効果ガス排出、水の消費、および廃棄物を含めた総合的な環境への影響を判断、報告します。Clear Standards Analyze™は排出データを詳細に視覚化し、環境への取り組みにおいて、知識に基づく判断を可能にします。最後にClear Standards Act™は、サステナビリティの目標を達成し、また任意の目標や規制による基準に従うための事業計画を支援します。これらのソリューションに含まれるベストプラクティスに基づき、企業はエネルギーや廃棄物の削減によって劇的なコスト削減を想定し、意思決定支援のための指標値を通じてエネルギー効率改善技術への最も効果的な投資を行い、またサステナビリティへの取り組みについて信頼できる透明性を実現することによってブランド価値を高められるようになります。

Clear Standardsの会長兼CEOであるベッツィー・アトキンス(Betsy Atkins)は次のように述べています。「Clear Standardsは、世界の企業がサステナビリティという新たな分野を、成長とイノベーションの真の推進役として取り込むことを支援するというビジョンの下に設立されました。我々のチームは、SAPの次世代のサステナビリティソリューションに貢献できることを非常に嬉しく思っています。SAPへ参加することにより、環境への影響と利益の創出をうまく管理していく必要のあるより多くの企業にリーチできることを期待しています。」

Clear Standardsの買収は、革新的な技術や能力の取得を通じて既存ソリューションを補完するというSAPの戦略に即したものです。SAPはこの買収が2009年6月中に完了すると予想しています。Clear Standardsは、米国のバージニア州スターリングとインドのデリーに拠点を置いています。両社の統合の詳細については買収完了後に発表されます。買収の条件は明らかにされていません。

サステナビリティに関するSAPの取り組みについては「SAPにおけるサステナビリティ」をご参照ください。

以上


Clear Standardsについて
Clear Standardsは企業が二酸化炭素排出およびその他の環境への影響を正確に測定、軽減し、またそれらの金銭的影響を判断することを支援するSustainability 2.0ソフトウェアを提供しています。Clear Standardsは、企業がエネルギーや廃棄物の削減によるコスト削減機会を見出し、またエネルギー効率改善のための複数のプロジェクトにまたがり最善の投資を行うことを可能にします。Clear Standardsのソリューションに埋め込まれたベストプラクティスに従うことにより、企業は規制変更に向けた準備、コスト削減ができ、またサステナビリティに関する取り組みへの信頼できる透明性を確保することでブランド価値の強化を図ることができます。

Tags: