インテージ、SAPジャパンと消費財業界向けの戦略マップを活用したダッシュボードの構築支援サービスを開始

2009年5月15 日 by SAP News 0

Tokyo株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田下 憲雄、以下インテージ)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下SAPジャパン)は、消費財業界の中堅・中小企業を対象とした、企業戦略の立案や業務の実行を支援する情報可視化のソリューションの提供を5月より開始いたします。

現在、中堅・中小企業を取り巻く環境は大きく変化しています。従来から言われている「コスト削減」「業務の効率化」だけに留まらず、顧客を見据えた効果的戦略へのシフトが迫られ、経営層から現場のアクションまで一貫したマネジメントが求められています。

今回の協業では、マーケティングリサーチ最大手のインテージが消費財メーカーなどの市場データとそのコンサルティングノウハウを提供。一方でSAPジャパンは、ワールドワイドで20数年に及ぶ消費財業界でのビジネス経験に基づいたSAP® ERPに代表される業務アプリケーションのビジネスデータを活用するノウハウを提供し、両社が共同で経営者から営業・マーケティング担当者などそれぞれのユーザ層に合わせたKPI(注1)の設定と、それらを一元的に画面上でモニタリング・分析できるシステム(ダッシュボード)をSAP® BusinessObjects™ Business Intelligence上で開発しました。
これにより、施策と効果の因果関係を体系的・視覚的に捉えることにより『見える化』だけではなく、マーケットにおける企業の問題点、課題を瞬時に把握できる『解る化』までに結びつけ、経営判断からアクションまでをスピーディかつ的確に実行できるようになります。

企業が保有する売上や利益、費用などSAP® ERPに集約されている各種ビジネスデータに、インテージが提供・開発する顧客視点の市場データや、主にマーケティング部門など現場レベルで使われる購買データ、購買行動などのマーケティングデータをSAP® BusinessObjects™ Business Intelligenceの基盤上で融合。ダッシュボード上において、管理者階層の意思決定視点(構造分解モデル)とアクションに結びつく顧客視点(要因分解モデル)を取り入れた戦略マップ(注2)の活用により、お客様は計画から実行までのサイクルを効果的に実行することができます。

お客様の環境や戦略に応じた導入支援サービスの推進と提供はインテージとSAPジャパン両社で行います。
本サービスは、まず特定のユーザ階層(経営層、マネージャー)や特定の商品(既存商品、新製品)から導入し、効果を検証しながら拡張していくことが可能です。これにより、消費財業界の中堅・中小企業に対して3ヵ月からの短期、低コストの導入などのご要望にお応えいたします。

以上


注1)KPI
Key Performance Indicatorの略で、企業目標やビジネス戦略を実現するために設定された具体的な業務プロセスをモニタリングするために設定された指標(業務評価指標)を指します。


注2)戦略マップ
企業の目標達成のために戦略から落とし込まれた施策とその実績を図式化したものです。 戦略の全体像を組織内で共有し、統一した施策の実行、意思決定を強力にサポートするフレームワークです。


インテージについて
株式会社インテージ(市場名:東証1部・4326、本社:東京都千代田区、設立年月日:1960年3月2日、代表取締役社長:田下憲雄)は、国内マーケティングリサーチのパイオニア、業界リーダーです。当社はインテージグループ各社とともに、お客様のマーケティング活動とビジネスプロセスの最適化に貢献する「インテリジェンスプロバイダー」として、強固で高品質なマーケティングリサーチ基盤に、インターネットに代表される高度で最先端のIT・ソリューション技術を融合、コンサルテーション機能も付加し、お客様が日々直面する経営課題への「最適解」を提供しています。
http://www.intage.co.jp/

Tags: , , ,