コムシス情報システム、SAPジャパン、ドコモが「モバイルSE支援システム」を開発

2009年5月29 日 by SAP News 0

Tokyoコムシス情報システム株式会社(代表取締役社長:潮田 邦夫、以下、コムシス情報システム)、SAPジャパン株式会社(代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下、SAPジャパン)、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(代表取締役社長:山田 隆持、以下、ドコモ)は、コムシス情報システムの基幹システムである「SAP® ERP※1」とドコモのスマートフォンを連動させた「モバイルSE支援システム」を3社で共同開発し、2009年6月1日(月)よりコムシス情報システムが運用開始いたします。

システム開発の目的、特長

「モバイルSE支援システム」は、コムシスグループの基幹システムである、SAPジャパンの「SAP ERP」についてモバイル環境での使用を目的に開発したもので、営業・施工・発注等の各種業務やメール、スケジューラー登録、社内SNS等の情報共有をドコモのスマートフォンから行うことが可能になります。また、仮想PC型シンクライアントシステム(VPCC)※2によりPC画面での操作をスマートフォンにて実現するもので、同システムで「SAP ERP」を利用する国内初の事例となります。

各社の役割、今後の展開

モバイルSE支援システムはコムシスグループの基幹業務システムに精通したコムシス情報システムが開発・導入を、SAPジャパンが「SAP ERP」の製品支援を、ドコモはリモートアクセス手段として最適なスマートフォンの選定、検証支援を担当しました。今後、3社は、「モバイルSE支援システム」の開発で得たノウハウを活かし法人のお客様向けに、「SAP ERP」を基盤としたソリューション展開の可能性について協力して検討してまいります。

以上


※1 「SAP ERP」は、SAPが提供している企業向けの基幹業務システムです。SAPの提供するERPおよびその他関連ソフトウェアを含むビジネス・ソフトウェアは、25業種を超えるあらゆる規模の企業に利用され、120を超える世界各国に86,000社以上の顧客企業を有しています。


※2 仮想PC型シンクライアントシステムは、日本電気株式会社が提供しているシステムです。

Tags: , ,