SAPジャパン、あらゆるデータの活用が可能になったSAP® BusinessObjects™ Explorerの新バージョンを発表

2009年11月11 日 by SAP News 0

BIソフトウェアSAP® BusinessObjects™ Explorerにより、企業におけるビジネスの課題と機会の洞察を可能に

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下SAPジャパン)は、ビジネスユーザーが大量の情報を探索し、関連のある回答を数秒で検出できる画期的なBI(Business Intelligence)ソフトウェアであるSAP® BusinessObjects™ Explorer(エスエイピー・ビジネスオブジェクツ・エクスプローラー)の新バージョンを発表します。提供開始は本年11月中の予定です。 

新バージョンは、だれもが使用できる直感的なウェブ・インターフェイスを通じて、あらゆるデータに関するビジネスの洞察が可能になったのが大きな特徴です。業務に必要なすべての情報を迅速に把握できるため、ユーザーは、ビジネスデータを瞬時に探索しながら、容易にビジネス上の問題の根本原因を特定することができます。

ここ数年間でデータ量が急増したにもかかわらず、多くのユーザー企業は、直感的な意思決定のアプローチから、より一貫して効果的な結果が得られる事実に基づく意思決定に移行するための情報と洞察力を備えていないのが実情です。SAP BusinessObjects Explorerの第2世代となる強化バージョンは、SAP NetWeaver® Business Warehouse(SAP NetWeaver BW)以外のデータソース処理も加速させる機能を搭載しています。SAP® BusinessObjects™ Acceleratorソフトウェアのパッケージ化により、SAPアプリケーションを実行しているかどうかに関係なく、企業はSAP BusinessObjects Explorerを通じてビジネスデータを可視化し、処理することが可能となります。

新機能により、企業は以下のようなメリットを享受できます。

  • 営業およびマーケティング部門は、サードパーティのデータやクラウド環境にあるマーケティングデータベースのデータ含め、主要なキャンペーン、製品の収益性、および予測情報をより的確に理解できます。
  • 業務部門では、在庫レベルを調査し、エンタープライズ・データウェアハウスから洞察を導き出し、広域なビジネスネットワーク、SKU管理のサプライチェーン、在庫出荷計画、製品のリコール、およびトレーサビリティ管理からデータを入手することができます。
  • 財務担当者は、各部門の収入、コスト、および収益性に関する洞察を安全かつ確実な方法で提供でき、組織内で「詳細な事実に関する統一的な見解」を明確にできます。

インテリジェンス・プラットフォームおよびSAP NetWeaverグループ、エグゼクティブ・バイスプレジデント兼ゼネラル・マネージャーのマージ・ブレヤ(Marge Breya)氏は、次のように述べています。「SAP BusinessObjects Explorerの導入により、何を質問すべきかわからない場合でも、数秒で答えが出ます。これは、ユーザーが好奇心で質問するところから始めて、まったく新しい可能性の領域への扉を開けることを意味します。新しいトレンド、新しいアイディア、新しい機会がすぐに浮かび上がってきます。このソリューションの重要な点は、データ探索技術において画期的であるだけでなく、企業の文化を変革する触媒となって、すべての従業員にインフォームド・ディシジョン(十分な情報に基づいた意思決定)の機能が提供される点です。これにより、組織全体での効率性が累積的かつ飛躍的に強化されます。」

導入事例のご紹介

現在、Consol(コンソル)、Kraft Foods(クラフトフーヅ)、OraSure Technologies(オーラシュア・テクノロジーズ)などの企業が新しいアプローチで重要な問題を解決するために、SAP BusinessObjects Explorerの導入を検討しています。

コンソル・グラス(Consol Glass (Pty) Ltd)

コンソル・グラス(Consol Glass (Pty) Ltd)は、南アフリカの大手ガラス容器梱包メーカーです。この会社では、ビジネスデータにアクセスするための時間とコストを削減し、迅速で的確なビジネス分析に加えてユーザーの種類と数を増やすため、SAP BusinessObjects Explorerを使用する計画をしています。

コンソル・グラスのITディレクターのヨハン・デュ・プレシス(Johan du Plessis)氏は、次のように述べています。「SAP BusinessObjects Explorerを選んだのは、より多くのビジネスユーザーが当社のデータストアより最も関連性の高い情報を簡単に検出できるようにするためです。コンソル・グラスは課題として、自社の大規模なビジネスインテリジェンス・プラットフォームで、IT部門に過度な負担をかけずに、情報を迅速にアクセスする手段を必要としていました。より多くの人が業務を遂行するために必要となる有効な判断材料となる情報の提供を、SAP BusinessObjects Explorerに期待しています。」

クラフトフーヅ

世界中で親しまれる食品ブランドのメーカー企業であるクラフトフーヅは、より多くの従業員に迅速なビジネスの洞察力を提供するために努力しています。

クラフトフーヅ情報システム部門シニア・ディレクターのローラ・トッペル(Laura Topel)氏は、次のように述べています。「会社がこれだけ大規模になると、データ量が膨大になるのは避けられません。我々は、適切な情報を適切なタイミングで適切な従業員に提供することによって、優れた意思決定力を高め、ビジネスバリューを引き上げるというBI戦略があり、それを実現させる重要な要素として、SAP BusinessObjects Explorerを機能ベースでテストしています。SAP BusinessObjects Explorerは組織全体でより幅広くかつ簡単に情報にアクセスすることができるようになります。潜在的ユーザーが必要としているのは、BIの簡潔性と使いやすさです。このツールは、当社のビジネスユーザーが、情報の間に重要な関係を迅速に見いだし、可視化するのに役立つと思います。」

オーラシュア・テクノロジーズ

POC(ポイント・オブ・ケア)検査の唾液診断技術のリーダー企業であるオーラシュア・テクノロジーズは、各事業部門の経営層にリアルタイム分析機能を提供するため、SAP BusinessObjects Explorerを使用しています。

オーラシュア・テクノロジーズのオペレーションズ部門エグゼクティブ・バイスプレジデントのマイケル・フォーミカ(P. Michael Formica)氏は、次のように述べています。「以前、私が必要としていた分析は限定的な詳細情報を含むカスタムレポートでした。SAP BusinessObjects Explorerを活用すると、私のチーム、ユーザーコミュニティ、そして私自身がそれぞれ独自の分析を実施し、販売代理店のサプライチェーンにおける潜在的な変動要素を特定し、SAPの社内外のデータに基づく修正措置を迅速に取ることができます。SAP BusinessObjects Explorerのおかげでオーラシュアは、収益にプラスの効果をもたらす対応をより迅速に実施できるようになります。」

以上

Tags: , ,