協和医科器械、SAP® BusinessObjects Explorer™を使った業界初のSaaS型医療材料分析サービスを本格提供

2010年1月27 日 by SAP News 0

~医療機関における経営の可視化を実現~

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下SAPジャパン)と、静岡県を中心に東海および首都圏地域の医療機関向けに医療機器・材料を販売する協和医科器械株式会社(本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:池谷保彦、以下協和医科器械)は、協和医科器械がSAPのBI(ビジネス・インテリジェンス)ソフトウェアを使ったSaaS型医療材料分析サービスmeccul(メッカル)の提供を本格的に開始すると発表しました。

meccul(メッカル)は、協和医科器械が所有する医療材料の商品データベースを、SAPの最新BIソリューションであるSAP® BusinessObjects™ Explorer(エスエイピー・ビジネスオブジェクツ・エクスプローラー)を使って瞬時に分析できるサービスを、SaaS形式で医療機関に提供します。これにより、病院などの医療機関は、コストの約15%を占めるとされる医療材料費の購買コストの最適化および経営の可視化を実現します。

昨今、医療機関の経営環境は厳しさを増しています。院外処方、ジェネリック医薬品、DPC(診断群分類包括評価制度)などの導入により薬剤費のコストが抑制される一方、医療材料の高機能高単価化と手術件数の増加により医療材料費の購買コストは高まる傾向にあり、医療機関におけるコスト削減は共通の経営課題となっています。meccul(メッカル)の導入により、医療機関は各種ベンチマークにより医療材料費の他病院との比較や同種同効品分析などを客観的なデータをもとに自ら行うことができ、最大で約10%のコスト削減が期待できます。現在、meccul(メッカル)は国内の17医療機関で導入されています。

meccul(メッカル)のシステムは、ビジネスデータを検索・分析し意思決定を支援するSAP BusinessObjects Explorerと、ビジュアル化されたダッシュボート機能を提供するXcelsius(エクセルシアス)、自由分析・多次元分析を支援するSAP BusinessObjects Web Intelligenceの3製品で構成されています。meccul(メッカル)は、SAPが提供するこれら最新のBI機能を活用し、また、分かりやすいユーザーインターフェースにより、医療機関の購買業務を支援し、経営の可視化を促進します。また、SaaS型で提供されるサービスのため、短期間での導入が可能です。

さらに、meccul(メッカル)では、医療材料の購買分析を通じて、診療・治療内容や症例数の変化などをモニタリング・分析することができ、またDPCを導入している病院では、入院や手術に関わるコストと収益を容易に把握することができるため、医療機関経営全体の可視化を促進できます。

国際医療福祉大学の武藤正樹教授は、以下のように述べています。
「これまで医療機関では、病院経営や収益構造などの専門性が必要とされるデータの分析にはあまり力を入れてきませんでした。このような状況の中で、mecculは医療材料の専門家が同種同効品の統合や材料コストの削減を実現するための新しいサービスとして登場しました。こうしたソリューションが日本の医療マネジメントを高度化させ、あらゆる病院経営の課題となっている安心かつ安定的な医療サービスの支援につながると実感しています。」

以上


協和医科器械について
協和医科器械は、静岡県を中心とする医療機関向けに医療機器・材料の販売を目的として、医療機器専門商社として1952年に設立されました。創業以来、医療機器の販売を通じ地域医療に貢献し、「笑顔のためにわたしたちができること」を理念に、患者さんやその家族の笑顔のために、そして医療従事者の皆さんの笑顔のために、利益よりも質の高い社会貢献に提供しております。これからも、わたしたちができることをテーマに、業界のオンリーワンを目指して一歩一歩前進しております。
http://www.kyowaika.jp/

Tags: , , , ,