【参考資料】SAP がCPM分野で「リーダー・クアドラント」のポジションを獲得

2010年2月1 日 by SAP News 0

ビジョンの完全性と実行力に基づく評価

(本リリースは、1月26日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP AG(NYSE:SAP、以下 SAP)は本日、調査会社Gartner Inc.による「Magic Quadrant for Corporate Performance Management(CPM)Suites」レポートにおいて「リーダー・クアドラント」に位置付けられたことを発表しました。

Gartnerによれば、「リーダー」はCPM分野で卓越した実績を上げ、幅広く厚みのあるCPM製品機能に加え、さまざまなCPM戦略をサポートするための全社規模での導入を提供できる、としています。リーダーは、買い手が賛同する事業案を明確に提供することができ、世界規模で展開するための実現可能性と実行能力を備えています。

SAP® BusinessObjects™ Enterprise Performance Management(EPM)ソリューションにより、企業自身の戦略的な連携が強化され、より正確な業績予測が可能になり、さらにより自信を持って意思決定が下せるようになります。このソリューションは、SAPおよびSAP以外の環境のどちらにも対応し、財務、サプライチェーン、調達などのあらゆる事業部門向けに最適化されています。製品ポートフォリオには、戦略管理、計画・予算策定・予測、連結管理、収益性・コスト管理のソリューションが含まれます。また最近新たにSAP® BusinessObjects™ Sustainability Performance Managementアプリケーションが発表されたことで、製品ポートフォリオがさらに強化されました。EPMソリューションは、企業の戦略と実践のギャップ縮小を促進させるため、SAP BusinessObjects business intelligence(BI)ソリューションやSAP BusinessObjects Governance, Risk, and Compliance(GRC)ソリューションとも統合されています。

SAPのEPM/GRC事業部門マーケティング担当のバイスプレジデント、ステファニー・ブシュミ(Stephanie Buscemi)は次のように述べています。「SAPが『Gartner Magic Quadrant for CPM Suites』のリーダー・クアドラントに位置付けられたことで、SAPの確固たるビジョンと幅広いポートフォリオが強調されました。SAPは、新規顧客の獲得とユーザーベースでの導入製品の拡大に励みながら、勢いを維持してきました。スイート製品の最新リリースでは、SAPのロードマップに沿った実行力が引き続き証明され、他社との差別化が強化されています。EPMとGRCの統合により、企業全体を可視化するユニークなフレームワークを提供し、企業が積極的にリスクを管理し、確かな情報を保証できるようにします。これらはすべて、戦略と実践のギャップを埋める過程で実現されることになります。」

SAPが提供するEPMソリューションは、戦略管理、計画立案、予算策定および予測、収益性およびコスト管理、財務連結、XBRL、内部取引照合、支出パフォーマンス管理、サプライチェーンパフォーマンス管理、サステイナビリティパフォーマンス管理などのエリアを網羅しています。

以上


■ Magic Quadrantについて
Magic Quadrantは、2010年時点でGartner Inc.が版権を所有し、許可のもとに再掲されます。Magic Quadrantは、特定の時点または期間における市場の状況を図表化したものです。このレポートには、Gartnerが対象市場についてGartnerの定める基準に照らして特定ベンダーを評価した分析結果が示されます。Gartnerは、Magic Quadrantに選出したベンダー、製品、またはサービスを推奨しているわけではなく、テクノロジーのユーザーに「リーダー」クアドラントに位置付けられたベンダーのみを選ぶよう助言しているわけではありません。Magic Quadrantは、調査ツールとしての利用のみを目的にしており、具体的な行動の指針を示すものではありません。Gartnerは、この調査レポートに関して、市場性や特定目的への適合性の保証を含め、明示または暗示を問わず一切保証いたしません。
Gartner「Magic Quadrant for Corporate Performance Management(CPM)Suites」Neil Chandler、Nigel Rayner、John E. Van Decker(2010年1月25日)

Tags: , , ,