【参考資料】SAPがクラウド型プロジェクト、12sprintsのパブリックベータ版を公開、The 2.0 Adoption Councilの研究パートナーに

2010年2月9 日 by SAP News 0

(本リリースは、2月2日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP AG(NYSE:SAP、以下SAP)は、協力型意思決定プロジェクト、12sprintsのパブリックベータ版の公開と、The 2.0 Adoption Councilとの戦略的研究パートナーシップの締結を発表しました。The 2.0 Adoption Councilは、現代組織の新たなあり方を模索するITおよびビジネス分野のリーダーやオピニオンリーダーが参加する業界フォーラムです。このように、SAPは、企業が彼らの業務プロセスに、Web 2.0の技術と信頼性の高い情報がもたらす価値を活用することを支援します。12sprintsは、新たな協力型意思決定アプリケーションのコードネームであり、人、情報、手法を結集して、情報に基づいた迅速な意思決定を促進する、初にして唯一のSaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)です。12sprintsのパブリックベータ版の段階では、誰もが自由にこのソリューションを試すことができ、ユーザーの方々から、今後の改善に向けた評価とフィードバックを求めています。

12sprintsは、人々がチームで働くために不可欠な機能を、斬新な手法で独自に組み合わせており、以下のような特徴があります。


  • 使いやすい、クラウド型のインターフェースによって、チームはメンバーを組織の内外から招きやすくなり、情報をチーム全体に対してわかりやすく提示できます。また、グループ内でのフィードバックの収集、ブレインストームや分析にもインタラクティブな手法が採用されています。さらに、12sprintsはSAP® BusinessObjects™ Explorerテクノロジーのコンポーネントを統合しているため、ユーザーはデータを分析し、その結果を12sprintsの意思決定フレームワークに適用できます。

  • 結果に基づいて動作するワークスペースでは、メンバー全員が同じページを利用でき、迅速な行動とユーザーの目標達成が促進されます。プロコン(賛否)分析、SWOT分析、投票、アジェンダ計画のためのツールを用いて、計画、戦略策定、意思決定などの活動を行うチームの意思決定プロセスをガイドします。

  • ITエクゼクティブがエンタープライズソリューションに期待する、セキュリティ、ホスティング、サポート機能が搭載されており、ビジネスユーザーにとって直観的かつ「簡単に、試して、買って、使える」環境が提供されます。

SAPエグゼクティブ・バイスプレジデントのマージ・ブレヤ(Marge Breya)は、次のように述べています。「人々は、不自然で断片化された仕事のやり方に縛られたくはありません。これが、SAPが12sprintsを開発した理由です。12springsは、混乱した状況に明確な手法をもたらします。ビジネス・インテリジェンスとコラボレーション技術を組み合わせるだけでなく、チームがインテリジェンスを共有し、価値の高い結果へと導くより良い意思決定を行うことを、フレームワークを用いた手法によって支援するのです。SAPは、企業のビジネスの向上に大きく貢献してきました。これからはさらに、人々の働き方の向上に取り組みます。」

12sprintsのパブリックベータ版はホステッド・テクノロジーであり、ダウンロードが不要で、オンラインから無料で利用できます(www.12sprints.com)。一般提供の開始の際には、無料版と有償版が提供される予定です。Twitterでも12sprintsをフォローでき(@12sprints)、ハッシュタグをつけると会話に参加できます(#12sprints)。また、12sprints Facebookのページのファンになることもできます。

SAPがThe 2.0 Adoption Councilの研究パートナーに

The 2.0 Adoption Councilは、大手企業数社からWeb 2.0のソート・リーダーが参加し、Web 2.0およびエンタープライズ2.0テクノロジーについて、経験の共有と、ビジネスに及ぼす将来的影響の検討、これらのデータからの新たな価値の創出に取り組んでいます。SAPは、同カウンシルと戦略的研究パートナーシップを結び、この新テクノロジーを活用した大手企業のイノベーションを支援しています。さらに、The 2.0 Adoption Councilのメンバーに対して、12sprintsをグループプロジェクト用の協力型意思決定ツールとして、また製品フィードバックのための試験用として提供する予定です。

The 2.0 Adoption CouncilとSAPのパートナーシップについての詳細は、ここをクリックしてビデオポッドキャストをダウンロードし、同カウンシルの創設者Susan ScrupskiMarge Breya(SAP)の会話をご視聴ください。Scrupskiはブログ(ITSinsider)を公開しており、Twitter(@ITSinsider)でフォローできます。Breyaも@MargeBreyaでフォローできます。

The 2.0 Adoption Councilについての詳細は、http://www.20adoptioncouncil.com/を参照ください。カウンシルはTwitterでフォローできるほか(@20Adoption)、Facebookのページでファンになることができます。また、LinkedIn groupにも参加できます。

SAP BusinessObjectsを、Twitterでフォローしてください(@businessobjects)。また、Needle In A Haystackのブログもぜひご覧ください。

以上

Tags: