SAP、新たな共同CEO体制をサポートするため、エグゼクティブボードおよび経営陣を交代

2010年2月17 日 by SAP News 0

(本リリースは、2月11日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP AG(NYSE: SAP、以下 SAP)は、先に任命されたジム・ハガマン・スナーベ(Jim Hagemann Snabe)とビル・マクダーモット(Bill McDermott)の共同CEOをサポートするため、エグゼクティブボードおよび経営陣の体制について交代を発表しました。SAPスーパーバイザリーボード(監査委員会)は下記のとおり人事を決定しました。


  • ゲラルド・オズワルド(Gerhard Oswald)
    SAPグローバルサービス&サポートの責任者であるエグゼクティブボード・メンバーのゲラルド・オズワルドは、健康上の理由により退任したアーウィン・ガンスト(Erwin Gunst)の後任として、チーフ・オペレーティング・オフィサーを兼務します。オズワルドは、SAPでサポート、コンサルティング、エデュケーション、カスタム・ディベロップメント、品質管理の分野において30年近くのキャリアを有し、1996年よりエグゼクティブボード・メンバーを務めています。契約期限は2011年12月31日に延長されました。

  • ピーター・ローレンツ(Peter Lorenz)
    中堅・中小企業(SME)向けのエグゼクティブ・バイス・プレジデント、ピーター・ローレンツが、コーポレート・オフィサーに指名されました。ピーター・ローレンツは、引き続き共同CEOのジム・ハガマン・スナーベの直属として、SMEソリューション、SAP Business ByDesign、SAP Business One、SAP Business All-in-OneのSAPポートフォリオの開発を監督します。

  • ジョン・シュワルツ(John Schwarz)
    SAPスーパーバイザリーボードは、SAP BusinessObjectsおよびエコシステム&コーポレート・ディベロップメントの責任者であり、エグゼクティブボード・メンバーであるジョン・シュワルツの辞任を即時受理しました。

SAPスーパーバイザリーボード会長のハッソ・プラットナー(Hasso Plattner)は、次のように述べています。
「SAPエグゼクティブボードおよび経営陣の交代による新体制は、今週初めに発表された共同CEOのリーダーシップ体制をサポートしていきます。我々は、ジョン・シュワルツが退社を決意したことを遺憾に思っております。シュワルツはBusiness Objects社の迅速なSAPへの統合や、ビジネス・インテリジェンス市場におけるSAPのリーダーシップの確立に大いに貢献しました。ジョンのSAPへの献身と貢献に感謝するとともに今後の活躍を祈ります」

ジョン・シュワルツは、次のように述べています。
「Business Objects社として我々が達成したすべてのこと、また買収以降、我々のポートフォリオが引き続き好調であることにとても誇りを感じています。SAPの将来は、新しいリーダーシップチームの手に委ねられます。辞任の決意により、私が38年間携わってきた業界へ引き続きどのように貢献できるかをじっくりと考える機会を得られるでしょう。我々が成し遂げてきたことを誇りに思い、当社の今後の方針に自信を持っています。また、SAP BusinessObjectsがSAPの将来の成功に極めて重要な役割を果たすことを強く確信しています」

以上

Tags: