SAPジャパンと日本テラデータがBI分野での協業を強化~情報の一元化と利用の高度化を共同で推進~

2010年3月3 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下SAPジャパン)と日本テラデータ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉川 幸彦、以下日本テラデータ)は、益々複雑化、多様化する情報分析のニーズに迅速に対処していくために、BI分野における協業を強化し、顧客企業の競争力の強化にむけた各種提案活動を共同で行っていくことで合意し、本日より活動を開始します。両社はまずSAPのBIツールとTeradataデータベースを組み合わせ、製造業界向けに共同販売戦略を展開していきます。今後は、順次対象業界を通信、流通、そして金融に拡張していくと共に、さらに両社製品を接続する製品の共同開発を進め、協力関係を強化していきます。

製品ソリューション面ではまず、大量のデータの中から関連のある回答を直感的に検出できるBIソフトウェア、SAP® BusinessObjects™ Explorer と高速検索処理を実現するインメモリデータベースであるSAP NetWeaver® Business Warehouse Accelerator(エスエイピー・ネットウィーバー・ビジネス・ウェアハウス・アクセレレーター)を組み合わせて、テラデータ社のハードウェア上で提供していきます。情報系の基盤データウェアハウスであるTeradata上で保有する詳細データを自由自在に活用する環境を提供することで、お客様のトップマネジメントから現場まで広いユーザー層がより詳細で鮮度の高い情報に基づく意思決定を行っていくことを支援します。既存資産を生かしながら、より深く詳細な分析環境を実現できるため、お客様にはBI関連のTCO削減などの効率化や効果面からも様々なメリットを提供します。

また、Teradataデータベース上でSAP NetWeaver® Business Warehouse(エスエイピー・ネットウィーバー・ビジネス・ウェアハウス、以下SAP NetWeaver BW)を提供するための接続ツール製品である、Teradata Foundation for SAP NetWeaver BW の共同開発を行っています。これにより、SAP NetWeaver BWのお客様はより幅広いデータベースプラットフォームの選択が可能になり、お客様のIT標準化やTCO削減への取り組みをさらに後押しするものとなります。

販売協力面では、今回の協業強化に向け日本テラデータでは、組織内にCOE(Center of Expertise)および専門プリセールスチームを配置し、ソリューションの設計や技術コンサルティング活動などを行ないます。また、両社の統合ソリューションのデモンストレーション環境を国内のデモセンターに設置し、広くお客様に紹介していきます。またSAPジャパンでは、今年から新設したビジネスユーザー営業専門チームが本ソリューションの提供を行います。両社はまず約20社に対して共同提案を開始、製品や分野別にシナリオを共同開発し、お客様への効率的なソリューションの導入を図ります。

尚、SAPジャパンは日本テラデータが主催する国内最大級のデータウェアハウス・コンファレンスである「Teradata Universe Tokyo 2010」(3月5日、ANAインターコンチネンタルホテル東京(港区赤坂)にて開催)(参加無料)に特別協賛パートナーとして参画し、本ソリューションの紹介を行います。
(詳細はこちらをご参照ください。「Teradata Universe Tokyo 2010」 Webサイト

以上


テラデータについて


■Teradata Corporation について
テラデータ・コーポレーション(NYSE:TDC)は、データウェアハウジング、データウェアハウス・アプライアンス、コンサルティング・サービス、および高度な企業向け情報分析技術を提供する世界最大規模の企業です。テラデータは世界60カ国以上でビジネスを展開しています。テラデータについての詳細は、テラデータWebサイトをご覧ください。
http://www.teradata.com/


■日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社はテラデータ・コーポレーションの日本法人です。データウェアハウス用のデータベース、ハードウェア・プラットフォームや各種関連ソリューションを中心に、データウェアハウスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。

Tags: , , ,